ビットコイン(Bitcoin)はウォレット(wallet)選びで勝敗が決まる

ニュース

ビットコイン(Bitcoin)ウォレットとは?

ビットコイン(Bitcoin)ウォレットとは、その名の通り「ビットコイン(Bitcoin)の財布」です。
正確には保管したり送金したりする為の道具であり、様々な形式があります。

デスクトップウォレット(PC上の財布)
ウェブウォレット(Web上の財布)
モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)
ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)
ハードウェアウォレット(専用財布端末)

ではそれぞれの特徴について見ていきましょう。

 

デスクトップウォレット(PC上の財布)

クライアント、ソフトウェアウォレット、デスクトップウォレットなどとも呼ばれています。
ビットコイン(Bitcoin)の公式ウォレットであるBitcoin Coreも、パソコン上のウォレットです。

利用方法は自分のパソコンにウォレットをインストールして利用します。

オンライン、オフライン共に利用可能で、ほぼ全てのウォレットで、Windows、Mac、Linuxといった主要OSに対応しています。
特にオフライン環境であれば、セキュリティ面でも比較的高い効果が期待できます。

 

 

ウェブウォレット(Web上の財布)

オンラインウォレット、ウェブウォレットなどと呼ばれています。
インターネットバンクに最も近いウォレットでBlockchain.info、Coinbaseなどが代表的なウォレットとして有名です。
自分のパソコンだけでなく、外出先のパソコンなどからもアクセスできるので、自分のパソコンが壊れても安心です。
ただし、web上に預けますので、自身のPCやウォレット提供者がハッキングされてしまえば簡単に盗まれてしまいます。最低限、パスワードを難しくしたりしっかりとしたセキュリティソフトを導入するなどの対策が不可欠です。
セキュリティに信頼のおけるウォレットの提供者を選ぶこと、そしてビットコインの管理は最小限にしておくようにした方が良いでしょう。

 

 

モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)

インターネット上のウォレットはパソコンで利用しますが、これをどこででも使えるようにモバイル端末上で使えるようにしたのがモバイルウォレットです。
有名なところでCoincheck、Mycelium Bitcoin Wallet、Copay Bitcoin Walletなどがあります。
iPhoneやAndroidなどのストアからウォレットのアプリをダウンロードして利用します。
メリットは何といっても、持ち運びができる点でしょう。
ビットコインが利用できるお店などでお会計するためには、モバイルウォレットが最も便利です。
しかし、ウェブウォレットと同様に、それ以上にセキュリティには気を配らなければなりません。
スマートフォンにセキュリティソフトを入れていない人も多いため、ハッキングされる可能性が高いのです。
こちらも、大量のビットコイン(Bitcoin)を保管するのはお勧めしません。

 

 

ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)

ペーパーウォレットは、アドレスと秘密の鍵を印刷して、紙という形で保管するものです。
bitaddress.orgが代表的な提供元です。
一番原始的なウォレットですが他と比較するとはるかにセキュリティが高いと言えます。
大量のビットコイン(Bitcoin)を長期間保管するのに向いているでしょう。
ペーパーウォレットは、一度引き出してしまうとそのアドレスを2度と使用することはできませんので使い方に注意が必要です。

 

 

ハードウェアウォレット(専用財布端末)

ハードウェアウォレットは、パソコンやモバイル端末などの汎用の端末ではなく専用端末を使って保管するウォレットです。
Trezor、Ledger Walletなどが代表的です。
ペーパーウォレットに次いで高いセキュリティを誇り、パソコンにつないで利用できる利便性も兼ね備えています。
今のところ日本では販売されていませんので、導入するのにコストや時間がかかるデメリットはあります。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)を安全に保管する

上で紹介したように様々な保管方法がありますが、どのウォレットにも共通して、ビットコイン(Bitcoin)のアドレスと、ビットコイン(Bitcoin)所有者(ウォレットの持主)の秘密鍵(プライベートキー)の2つを保管しなければいけません。
これらの2つの情報を、どう安全に保管するかが一番の問題です。
いづれも英数字の羅列によってできた20桁以上の文字になりますが、インターネットにつながる機器に保管していた場合、ウイルスに感染したりハッキングされて盗まれる可能性があります。
自身の頭の中で記憶したり紙に書いて記録することも可能ですが、使い勝手が悪いことは容易に想像できるでしょう。

この点だけを切り取って考えれば、今のところウォレットサービスが優秀です。
ウォレットサービスは、主に取引所のサービスとして利用することできます。
所有者情報と秘密鍵を預けておき、2段階承認を行わないと引き出せない仕組みになっています。

もちろんサービス提供会社(管理会社)が信用できることが必要であり、現状サービス提供会社でデータが完全に失われることは考えにくいのですが、ハッキングされる可能性は否めません。
もしあなたが優秀なハッカーだとした場合、個人のウォレットにハッキングをかけるか、取引所にハッキングをかけるか・・・
当然、大量のコインが保管されているであろう取引所にハッキングをかけますよね?
いくら厳重に管理されているとはいえ、このリスクについては許容しないといけません。

 

ビットコイン(Bitcoin)を使えるようにする

保管だけを考えれば、紙やオフライン端末での保管が適していますが、実際にビットコイン(Bitcoin)を使うとなると、その使い勝手が問題になります。

家の中でモノやサービスを購入するだけであれば、PCのウォレットアプリでよいでしょう。
家の外でモノやサービスを購入するだけであれば、スマホのウォレットアプリがよいことになります。
ちなみに、ウォレットサービスであればどちらにも対応しています。
あなたにベストなビットコインウォレットは、「あなたのビットコイン(Bitcoin)の使い方によって異なる」ということになります。

 

 

まとめ

ビットコイン(Bitcoin)ウォレットは大きく分けて5つ
いづれも保管方法には十分注意し、自身の秘密鍵が他人に漏れないように注意しなくてはいけない
普段使用する小額を保管するのは、デスクトップウォレット、モバイルウォレットがお勧め
長期的な大金の保管にはオフライン環境下のデスクトップウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットがお勧め

 

written by yuta takahashi

1 件のコメント

  • 1 ビットコイン(Bitcoin)を正しく管理
    1-1 ビットコインを正しく管理する方法
    1-2 カウンターパーティーを回避

    2 ビットコイン(Bitcoin)のウォレット(wallet)
    2-1 ウォレットとは
    2-2 ウォレットの種類
    2-2-1 法定通貨のウォレット
    2-2-2 ビットコインのウォレット

    3 オンラインウォレット
    3-1 オンラインウォレットとは
    3-2 オンラインウォレットの種類
    3-3 オンラインウォレットのメリットデメリット

    4 ウェブウォレット
    4-1 ウェブウォレットとは
    4-2 ウェブウォレットの種類
    4-3 ウェブウォレットのメリットデメリット

    5 デスクトップウォレット
    5-1 デスクトップウォレットとは
    5-2 デスクトップウォレットの種類
    5-3 デスクトップウォレットのメリットデメリット

    6 ペーパーウォレット
    6-1 ペーパーウォレットとは
    6-2 ペーパーウォレットの種類
    6-3 ペーパーウォレットのメリットデメリット

    7 ハードウォレット
    7-1 ハードウォレットとは
    7-2 ハードウォレットの種類
    7-3 ハードウォレットのメリットデメリット

    8 coin-otakuの見解
    8-1 おススメの保管方法
    8-2 おススメのウォレット

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。