暗号通貨・CryptoCurrency(クリプトカレンシー)の意味

初心者向け

CryptoCurrency(クリプトカレンシー)の意味

 

CryptoCurrency(クリプトカレンシー)という聞きなれない言葉について解説をします。

 

CryptoCurrency(クリプトカレンシー)という言葉自体は、インターネットで見かけたというよりも暗号資産のセミナーや勉強会や説明会など実際に足を運んで聞いたということが多いと思います。

 

CryptoCurrency(クリプトカレンシー)とは暗号資産・暗号通貨のことを指します。暗号資産と暗号通貨は同じ意味です。

 

Crypto(クリプト)は暗号の意味です。Currency(カレンシー)は通貨の意味です。それに対して、ドルや円など国が発行している通貨のことを法定通貨(legal currencyリーガルカレンシー/Fiat currency フィアットカレンシー)と呼びます。

暗号資産・暗号通貨に関する情報サイトでは、法定通貨のことを単にフィアット(Fiat)と書くこともあります。

CryptoCurrency(クリプトカレンシー)という言葉を使いこなす

 

海外サイトで英語の情報を取得したい際は、CryptoCurrencyで検索をすると有益な情報にヒットします。

その他の類似の言葉として、デジタルマネー(digital money)、電子マネー(electronic money)、デジタル通貨(Digital currency)などが挙げられます。

 

今は暗号資産・暗号通貨のことを電子マネーと呼ぶことはなく、区別をしていますが、市場認知が広がり決済として当たり前となれば、日本ではおそらく広義の意味で電子マネーに統一されるのではないかと個人的には考えております。

 

単純な事ではありますが、一つずつの言葉を丁寧に理解することが暗号資産市場で成功を収めるカギとなります。

 

 

Written by 伊藤健次

コメントがありません。