誰も教えてくれないビットコイン(Bitcoin)で儲かる方法と仕組み

ニュース

ビットコイン(Bitcoin)で儲けるスキルを学ぶ

「ビットコイン(Bitcoin)で投資を始めたがなかなか利益が出ない」

「周りの人たちはどんどん利益を上げているのに自分だけうまくいかない」

「同じ情報、同じレベル、知識のはずなのになぜだろう?」

と疑問に思った方へ向けた内容です。

そもそも、ビットコイン(Bitcoin)で儲かるためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。
その仕組みと方法について、解説していきたいと思います。

 

ビットコイン(Bitcoin)で儲かるスキルとは?

株や外国為替証拠金取引(FX)で儲かるスキルとは異なる

ビットコイン(Bitcoin)の価値は日々変動します。

チャートを見ると、その値動きが株や外国為替証拠金取引(FX)と似ていることから、
「株や外国為替証拠金取引(FX)の知識があれば儲けられる」
と勘違いする方が非常に多く存在します。

しかし、 ビットコイン(Bitcoin)で儲かるスキルと一般的な投資、株式や外国為替証拠金取引(FX)で儲かるスキルは全く別物 なのです。

株や外国為替証拠金取引(FX)に慣れた人だと
「この値動きをした後は必ず上がる(下がる)だろう」
という予測を判断材料として売買を行います。

これは過去何年何10年と過去の蓄積されたデータがあり、統計が取れているこそ言えることです。
しかしビットコイン(Bitcoin)の市場はまだ成長段階であり、成熟していない市場であると言えます。
未だ、何が理由で変動しているか分からないことも多々あり、更には有権者の一言で大きく相場が揺れ動くことも少なくありません。
これにより、 株や外国為替証拠金取引(FX)での知識は使えないことが多い のです。

以上から分かるように、
ビットコイン(Bitcoin)市場は正しい価値が正しく評価されていない市場であり、予測が立てづらい市場であることが分かります。

ビットコイン(Bitcoin)をよく知ること

ではビットコイン(Bitcoin)で儲かる為には、どんなスキルが必要なのでしょうか。

それは、 ビットコイン(Bitcoin)のシステム、仕組みをよく理解すること です。

ビットコイン(Bitcoin)で損をしている人の多くは、ビットコイン(Bitcoin)についてよく知らず、それがどんな物なのかをよく理解していないままに売買を行っています。
逆に儲けている人の多くは、最低限の知識を持った上で、情報を取りながら利益を上げています

まず最初に必要なスキルは
ビットコイン(Bitcoin)についてよく知ること
その次に
ビットコイン(Bitcoin)の投資技術を学ぶこと
そして
ビットコイン(Bitcoin)やその市場に関する動向を追うこと
です。

この3点は、ビットコイン(Bitcoin)投資において非常に重要な知識であると言えます。

ビットコイン(Bitcoin)を1分で学ぶ

ビットコイン(Bitcoin)を語る上で必ず覚えなくてはいけないこと。
それは以下の4つについての知識です。

1、ビットコイン(Bitcoin)は暗号資産であること
仮想空間に存在し、ブロックチェーンという技術によりその存在や取引記録などが永久保存されています。

2、非中央集権で管理されていること
バージョンアップなどを行う為の有志団体は存在しますが、国のような存在は無く、いわば利用者全員で管理しているシステムであると言えます。

3、発行総量が決まっていること
総発行枚数が2100万BTC(枚)と決まっています。
そのため、正しい価値が正しく評価されていない市場とも言えます。
それによって価値が一定に保たれます。

4、マイナー(採掘者)の存在
マイナー(採掘者)と呼ばれる存在によって、取引記録が永久保存されます。
永久保存をした(成功させた)マイナー(採掘者)にはシステムから報酬が出る仕組みになっています。

ここでは長くなってしまう為割愛しますが、更に詳しくは下記の記事にて説明しております。
話題のビットコイン(Bitcoin)について世界一詳しく解説

ビットコイン(Bitcoin)の投資技術を学ぶ

知らないと損をするボラティリティの大きさ

株や外国為替証拠金取引(FX)などでトレードを行う際によく使う言葉で、「ボラティリティ(変動率、変動性)」という言葉があります。

それはその価格相場が1分単、5分単位、1時間単位などでどれだけ変動したかを見る時によく使われます。
例えば株の取引であれば値幅制限(ストップ高、ストップ安)が設けられており、1日の値動きは最大20~30%程度です。

 しかしビットコイン(Bitcoin)の相場には値幅制限ありません 
1日の中で50%も60%も動くことも多々あり、極端な話では10分以内で200%以上上昇(下落)することもあり得ます。
この「ボラティリティ」をよく理解することが、ビットコイン(Bitcoin)投資を行う上で最も重要な知識であると言えるでしょう。

ビットコイン(Bitcoin)の価値下

過去であった実際の話を例に挙げて見て行きましょう。

ビットコイン(Bitcoin)は2017年6月にハードフォークが話題となり、一時価格が20%~30%程度下落しました。
ハードフォークは技術的な話で当時は憶測も飛び交いましたが、理解している人も一定数存在し、暴落に備えてました。
しかし知らない人は急激に下がったことで狼狽売りに出てしまい、損をしています。

 

リーマンショック時の株価下落との比

ビットコイン(Bitcoin)のチャートに慣れると20%程度の暴落に慣れが生じますが、
2008年に起きたリーマンショックでは1日で日経平均価格は11.40%の下げを見せました。
この下落率は過去歴代2位の下落率で、ブラックマンデー(1987年)に続く大暴落となったそうです。

これは周知の事実ではありますが、先ほどのボラティリティと比較すると、全然大したことがない様に感じてしまいます。

以上から、このボラティリティを理解しない人が儲けることは絶対にできません。

 

キャピタルゲインとインカムゲイン

ビットコイン(Bitcoin)は、半年~1年くらいの長期スパンで見ると徐々にその価値を上げています。
しかし1分~5分単位で見ると、大きなボラティリティによりとてもふり幅が広く感じます。

 自分が「どのくらいの周期で投資をし、どれだけ儲けたいか」を明確に定め、投資を行う ようにしましょう。
今のところ、これが定まっている人の多くは大損をしていません。

この事実は、短いスパンで取引するための知識と長いスパンで取引するための知識が違うということも、同時に理解できます。

市場の動向を知ることでリスクヘッジを行う

投資術でも紹介したように、 大きな価格の変動には必ず「理由」が存在します 
それを知るためには様々な方法があります。

例えば有料コミュニティに参加する。
例えばTwitterで有識者のツイートをチェックする。
例えば日々webサイトをチェックする・・・など

それぞれの最良の方法にて、情報は集めて行くことをお勧めします。

 

知識を付ける以外の近道はない

ビットコイン(Bitcoin)やブロックチェーン技術は情報がオープンになっており、自身で調べることも勉強会に参加することもできます。
「システムは苦手」だと決めつけずに、まずは理解を深めましょう。

勉強無くしては儲けなし
です。

coin-otakuでは、各方面から入手した情報を精査し、より正しい情報を分かりやすく発信するように心掛けています。

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

伊藤 健次
伊藤 健次
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
伊藤 健次
伊藤 健次
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

 

Witten by 伊藤健次