ビットコイン(Bitcoin)口座開設から取引までの流れ

ニュース

ビットコイン高橋2章8話:ビットコイン(Bitcoin)口座開設から取引までの流れ

伊藤 健次
伊藤 健次
いよいよ大詰め。ここでビットコインを買う前に、1度振り返っておさらいをするぞ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
いや、もう大丈夫っす!さっき入金してきたんで
伊藤 健次
伊藤 健次
ばかもん!そんなことじゃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
立派なオタクになれない・・・ですよねw
伊藤 健次
伊藤 健次
(なんか、反抗的になってきた気がするのう・・・)
猫さん
猫さん
ちゃんと理解してるって人は、こんな茶番読まずに早く取引所に入金してきた方がいいわよ。
1円でも損をしたくない人はちゃんと読むことね

口座開設をしたら入金

ビットコイン(Bitcoin)の取引を行う際、どのような場所で売買を行えばいいのでしょうか。
また自分の利用目的に合った口座はどのように選ぶべきかについても、用途別で解説していきます。

取引所と販売所の違いを理解する

まずは取引所と販売所の違いを理解しましょう。
国内でビットコイン(Bitcoin)を含む暗号資産を売買する為には、「販売所」又は「取引所」と呼ばれている場所で行います。

いづれも基本的には 金融庁の許認可が必要ですが、法律が定まって間もない2017年では申請中の状態でも問題は無い とされています。
現に国内シェアTOP3に入るcoincheck(コインチェック)は、その銘柄の多さから許可が下りるまでに時間がかかっており、現在申請中止まりです。
とは言え、取引や安全性については全く問題ありません。

また、現在「取引所」又は「販売所」と名の付く口座は、基本的には両方の顔を持っていることから、総称して「取引所」と呼ぶことが主流です。

ある取引所のケースでは、1つのアプリの中でチャートを見る時は販売所の価格が表示され、売買を行うページは取引所としての値段が表示されます。
また別の取引所であれば双方の顔を持ちながら、取引所としてチャートや売買の機能を表に出しているところもあります。

このように、自動的に販売所なのか取引所なのかを決められるケースがほとんどですので、複数の口座にて管理することをおススメしているのです。

猫さん
猫さん
取引所と販売所は違うけど、今はセットになっていることがほとんど総称して「取引所」と呼んでいるわ

取引所と販売所の違い

取引所と販売所の違いは、ひと言で言えば以下のように説明することが出来ます。

「取引所」とはその流通している暗号資産の価値をユーザー同士で決める
「販売所」とはその販売している暗号資産の価値を販売所が決める

売買の仕方や売買する際の状況によって、使い分けることをおススメします。

猫さん
猫さん
取引所はヤフオク、メルカリみたいな場所。販売所は楽天ショッピングやAmazonみたいな場所だったわよね

取引所のメリットデメリット

先ほども説明したように、 取引所とは暗号資産の販売価格をユーザー同士で決めることができる のが特徴です。

そのため、売れる売れないは別として好きな金額で注文を出すことができるメリットがあり、買い手が決まらないと売れない為、取引が完了になるまでに時間がかかるのがデメリットとして挙げられるでしょう。

猫さん
猫さん
自由に値段が決められるけど、買う人の希望金額と合わないと売れないのよね

販売所のメリットデメリット

取引所はユーザー同士で金額を決められるのに対し、 販売所とは販売価格を販売所が決めるのが特徴 です。

そのため、買いたい時にすぐに手に入るのがメリットとして挙げられ、手数料などがプラスされていることが多いことから、通常の相場より割高であることがデメリットとして挙げられます。

猫さん
猫さん
一瞬で売買できるけど、手数料があるからちょっと割高なのよね

自分の取引きの仕方によって使う口座を選ぶ

自身の取引きの仕方によって使う口座を選ぶことをおススメします。
理由は先ほどの説明の通り、各取引所によって仕様がまちまちであるから。自身の取引きに合った口座で売買を行うようにしましょう。

猫さん
猫さん
利用目的に合った取引所を使うことね。それぞれの目的に合った取引所を教えるわ

投資目的がメイン

投資目的がメインの場合、 投資系のサービスを多く持つbitFlyer(ビットフライヤー)zaif(ザイフ)などがおススメ です。

特にbitFlyer(ビットフライヤー)はありとあらゆるサービスを持っており、これ1つだけでも全てのやりたいことは出来てしまうのが特徴的です。
とは言え、手数料やサービスの偏りなどの観点から1本に絞ることはおススメしません
同様のサービスを行っているzaif(ザイフ)やGMOコインbitpoint(ビットポイント)などの取引所と併用するといいでしょう。

ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
これですね!僕は投資がしたいのでここに書かれた取引所は全て開設しました
猫さん
猫さん
バカね、これ以外でも投資は出来るのよ。ちゃんとランキングTOP10入りしている取引所は開設しなさい

長期保有、又は貯金などの目的がメイン

単純に 長期保有で考える場合は、どの取引所でも差異は無いと言える でしょう。

しいて言うならば、過去に起きたマウントゴックス事件のようにならない取引所に保管するということは挙げられます。
しかし現状では金融庁の許認可無くしては運営できない仕組みとなっているため、その観点からも「どこでもいい」と言うことができます。

Mt.Gox(マウントゴックス)騒動は何がいけなかったのか?

 貯金という観点から見た場合はzaif(ザイフ)をおススメ することができます。

zaif(ザイフ)だけが行っている「暗号資産積み立て」というサービスがあり、それが非常に話題を集めております。
月々5000円から積み立てが可能で、生命保険や積立預金替わりに利用することが可能です。

猫さん
猫さん
ザイフの積立は自動引き落としなので、値動きにいちいちドキドキしなくていいわ

店舗などの決済目的がメイン

ビットコイン(Bitcoin)を使って実際の店舗などで商品を購入、又はサービスを購入することをメインに考えている方は bitFlyer(ビットフライヤー)がおススメ です。

ビットコイン(Bitcoin)決済を導入している企業(店舗)の多くがbitFlyer(ビットフライヤー)を通じて決済導入をしています。
送り手側と受け手側が同じ会社であれば万が一送金トラブル等が発生した場合に対処しやすいというメリットがあるからです。

coincheck(コインチェック)zaif(ザイフ)などの取引所も比較的企業側のユーザーが多い取引所であると言えるでしょう。

また、bitpoint(ビットポイント)は今のところイーサリアム(Ethereum)決済を唯一導入している取引所です。
もし行きつけのお店で使えるのであれば、利用してみてもいいかもしれませんね。

猫さん
猫さん
いづれどこを使ってても大差なくなるけど、今のところは若干の差がありそうね

知人、又は特定の個人とのみ送金をする目的がメイン

例えば海外などの遠く離れた場所にいる家族に送金をすることをメインで考えている場合、 coincheck(コインチェック)がおススメ です。

coincheck(コインチェック)は、coincheck(コインチェック)同士の送金であれば送金手数料が無料になるサービスを行っております。
通常であれば、送金手数料は0.0005BTC前後かかります。
これは日本円に換算すると、1BTCが50万円だった場合でも250円の手数料となり、銀行の手数料より割高になってしまいます。

少しでもコストを抑えるためにも、手数料のかからない取引所で保有することがいいでしょう。

猫さん
猫さん
手数料の相場は0.0005BTCだけど取引所によってまちまち。たまにキャンペーンで無料にしているところも見かけるわ

ビットコイン(Bitcoin)を買う為にはまず日本円で入金

ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
さっき銀行振込したら反映されるまで2~3日かかるって言われました
伊藤 健次
伊藤 健次
それはコインチェックの話じゃな?その辺の入金までのタイムラグは取引所によって全然違うんじゃよ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
えっ?もっと早く反映されるところもあったんですか?!失敗したー

取引所でビットコイン(Bitcoin)を含む暗号資産を購入する場合、 取引所に法定通貨を入金 しなくてはいけません。
国内取引所であれば、ほぼ全ての取引所が「銀行振込(コンビニ入金含む)」と「クレジット入金」と選ぶことが可能です。

一般的には、
・クレジット入金の場合、瞬時に反映されるが取引所によって手数料を取られる場合がある
・銀行振込(コンビニ入金)の場合、手数料がかからない取引所がほとんどだが入金が反映されるまでに時間がかかる

といったような特徴があります。

各取引所によって手数料や入金までのタイムラグは異なりますので、主要で使う予定の取引所の状況は頭に入れておくようにしましょう。

買うタイミングは慎重に

ついに購入ですが、現在ビットコイン(Bitcoin)を含む暗号資産の値動きは激しく、買った瞬間に値下がりして1分後には5%も含み損をしている状態になってしまうこともあります。

もちろんその逆のパターンも大いにあり得るのですが、せっかく買うのであれば「最低でも損をしない」という考えは誰もが持っているはず。

チャートをよく読み、損をしない為の知識を身に着けた上で、手を出すようにしてください。

ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
師匠、やっぱりおさらいして良かったです^^
用途によっておススメの取引先が違うなんて教えてくれなかったじゃないっすかw
伊藤 健次
伊藤 健次
だから人の話はちゃんと聞けと言ったじゃろう・・・
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
そうですね!ちゃんと聞くんで、早く稼ぎ方を教えて下さい
伊藤 健次
伊藤 健次
しょうがない。次はいよいよ稼ぎ方じゃ!しっかりとついてくるんじゃぞ
伊藤 健次
伊藤 健次
ビットコイン高橋よ、ワシに続くのじゃーーーっ!

こうしてビットコイン高橋は、暗号資産で億り人となるべく暗号資産業界にのめり込んで行くのであった。

ビットコイン高橋の2章はこちら
2章1話:【完全版】初心者のためのおすすめ暗号資産取引所を完全比較

2章1話:【簡易版】コインオタク伊藤が解説!暗号資産取引所比較

2章2話:bitFlyer(ビットフライヤー)の簡単な口座開設のやり方

2章3話:Coincheck(コインチェック)の簡単な口座開設のやり方

2章4話:Zaif(ザイフ)の簡単な口座開設のやり方

2章5話:bitbank(ビットバンク)の簡単な口座開設のやり方

2章6話:GMOコイン(ジーエムオーコイン)の簡単な口座開設のやり方

2章7話:BITPoint(ビットポイント)の簡単な口座開設のやり方

ビットコイン高橋の1章はこちら
1章1話:話題のビットコイン(Bitcoin)について世界一詳しく解説

≪ 3章更新中 ≫

1 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。