bitFlyer(ビットフライヤー)の評判と使い方

初心者向け

bitFlyer(ビットフライヤー)って本当にいいの?

今回は金融庁の認可が下りている国内大手暗号資産取引所、bitFlyer(ビットフライヤー)について解説をします。

広告をよく見かける為「大きい会社なのかな?」と先入観を持ってしまいます。

しかし実態はどうなのでしょうか。
その評判と使い方について、見ていきたいと思います。

 

意外と低いユーザビリティ

 

出典:Bitcoin日本語情報サイト  https://jpbitcoin.com/market/volume

こちらのサイトが毎月集計を出しております。
この公開情報を基にすると、bitFlyer(ビットフライヤー)は名実ともに国内NO.1のビットコイン(Bitcoin)取引所と言えます。
では、初心者の方も使いやすい取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)なのかというと実はそうではありません。

bitFlyer(ビットフライヤー)はちょくちょく以下のような口コミがでます。

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン(Bitcoin)取引所・販売所だけでなく、ライトニングというトレーディング専用のサービスやウォレットや決済サービスなど、ビットコイン(Bitcoin)でできるありとあらゆるサービスを提供しております。
その結果、「分かりにくい」「複雑」という口コミが増えてしまいました。

bitFlyer(ビットフライヤー)をうまく使いこなす場合はそれぞれのサービスを以下のように考えてみましょう。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のサービス一覧

bitFlyer(ビットフライヤー)のサービスについて、ひとつひとつ解説していきます。

 

bitFlyer 販売所

ビットコイン(Bitcoin)以外の通貨も売買することが可能です。

 

bitFlyer 取引所

ビットコイン(Bitcoin)の売買をするときに使用するユーザーが多いです。
通常の販売所の感覚で使用しても流動性が高いためストレス・違和感は感じません。

 

bitFlyer Lightning(ライトニング)

システムトレードや自動売買ツールを動かすときに使用。
初心者のユーザーでは積極的に利用しようとしなくても通常の売買には影響はありません。

bitFlyer Pay

bitFlyerアプリ内の決済機能。ビットコイン(Bitcoin)決済加盟店で、ビットコイン(Bitcoin)で支払いをする際に使用。
日本では経験のため利用する人が多い印象。まだまだ利用価値が高いわけではありません。

 

bitWire(ベータ版)

まだテスト段階のサービス。
ビットコイン(Bitcoin)を相手のメールアドレスが分かれば送金できるサービス。現状は使用したユーザーの利便性はあまりなく、投げ銭やアフィリエイト目的に使用できるようになるかもしれません。

 

ビットコインを使う

amazonギフト券が購入できるサービス。
本家のamazonはビットコイン(Bitcoin)決済がまだできないので、amazonギフト件を購入するときに役に立ちます。
もともとは節税のために導入したのかも。。

 

今後のユーザビリティ向上に期待

いかがでしたでしょうか。普段bitFlyer(ビットフライヤー)を使っている方もすべての機能を使用したことないかもしれませんね。

bitFlyer(ビットフライヤー)は業界の先駆者として、これからもどんどんビットコイン(Bitcoin)の利便性をあげてくれることを期待しております。

 
 

 

Written by 伊藤健次

1 件のコメント

  • コメントを残す