アリゾナ州にてビットコインでの納税システム導入を検討

国内ニュース

アリゾナの議員は税金をビットコインで支払えるように

アリゾナの議会に提出された新しい法案は、もし承認されれば、ビットコインまたは他の暗号資産で州税を支払うことを可能にします。

公文書によると、ウォーレン・ピーターセン上院議員が後援し、他の3人の議員が共同で提案している法案が1月9日に検討するため提出されたことが明らかとなった。その後、アリゾナ上院規則委員会に審議された。

公文書によれば、このような措置は州政府に課せられた「税金と利息と罰金」の支払いをするために
「ピア・ツー・ピアシステム 使用しているビットコインや他の暗号資産のように支払いゲートウェイ」の使用を可能にするとしています。

法案は次のように述べています。
「税務局は、受け取り後24時間以内に一般的な相場で暗号資産の支払いを米国ドルに変換し、納税者の口座に変換された金額を入れるものとします。」

この法案がアリゾナ州議会で牽引力を得るかどうかはわかりません。2016年にニューハンプシャー州でも同様の試みがあったが、一部の国会議員たちの懸念(主にビットコインの不安定な価格)により、最終的に法案は断念された。

一方で、アリゾナ州の議員は、過去にテクノロジー関連の法案を承認している。昨年春、州議会は、ブロックチェーンの署名とスマートコントラクトが州法のもとで有効であると認めた法案を最終決定した。
昨年3月にダグ・デュシー州知事はこの法案に署名したと当時のコインデスクが報告している。

引用:coindeskhttps://www.coindesk.com/arizona-lawmakers-want-let-people-pay-taxes-bitcoin/

翻訳:nakano