Pundi Xはブロックチェーン技術を日本に導入するためにブロックチェーン推進協会(BCCC)と提携

ニュース

Pundi Xは各国の規則や規制を遵守しながら、ブロックチェーン技術の採用と暗号資産を有効的に活用しています。日本のブロックチェーン開発者とチームを組むことを意図して、彼らはすでにブロックチェーン技術を推進する分野にある ブロックチェーン推進協会(BCCC)に参加しました。 

さらに、Pundi Xは世界初のPOSソリューション(ブロックチェーン搭載機器の大手開発者)の主要開発者であり、ベンダーと顧客が実店舗でブロックチェーンの取引を可能にします。

Pundi Xは3つの技術、Pundi Xプラットフォーム、ウォレット、そしてカード決済を使用するソリューションを提供し、Pundi Xは他のプロジェクトのサービスよりもサイズが小さく低コストなのでBitcoin ATMよりも優れていると述べています。

ツイッターの公式アカウントでこのように発表してます。


ブロックチェーン推進協会(BCCC)は、会長が平野洋一郎氏で、2016年4月25日に34の創立会員組織と共に開始され、現在の会員数は109の団体が参加しています。

ブロックチェーン技術の幅広い普及推進を行う団体です。ブロックチェーンの最新情報や基礎知識の取得技術者や企画者の育成、ネットワークの形成意欲的な実証実験や実装の実施ブロックチェーン関連のビジネスを広く市場に告知しブロックチェーンの様々なビジネスへの普及を推進しています。

目標は、ブロックチェーン技術の実装が急速に増加している金融関連組織の間でブロックチェーン技術の意識を高めることです。

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

日本のブロックチェーンを促進する協会はいくつかありますが、その中でも老舗のブロックチェーン推進協会(BCCC)に参加するという事でプロジェクトが浸透するとても良い取り組みであると感じます。

また、海外のプロジェクトを受け入れた協会側にとってもこの事例はとても大きな一歩であり、今後、日本と世界を繋ぐ橋渡しの役割を担う事でしょう。

日本は海外企業とのビジネスを行うことに苦手意識があり、なかなか実現をしない過去がありました。

ブロックチェーン事業の多くは海外で活躍をしており、日本はこれから海外の流れを取り込む必要があります。

 言語の壁や文化の違いは簡単には越えられるものではありませんが、ブロックチェーンという共通のテクノロジーにより従来のビジネスでは越えられなかった壁を壊すことができる可能性が高い です。

現に、世界のブロックチェーン企業は日本の市場を評価しており、好条件で日本企業と業務提携をする機会が増えます。

協会の役割も今まで以上に重要になってきます。今後の両社の取り組みに期待しております。

 

 

 

あわせて読みたい

⇒⇒【情報量日本一位】PundiX(プンディ エックス)を徹底調査

⇒⇒韓国の銀行がブロックチェーン融資プラットフォームを立ち上げ