ビットコインの価格推移はLibraが大きく影響している

海外ニュース

先月にビットコインの価格が150万円まで高騰し、一旦下落し落ち着きを取り戻したところ、ちょうど1週間前140万円まで上昇しましたが、再度下落を繰り返し、現在は105万円台を推移しています。

ビットコインが高騰した要因には、Facebookのプロジェクトに対する大きな期待があります。

Libraの開発によって暗号資産の認知度が高まり、全世界で使われるようになり、ビットコインにも恩恵が及ぶことになります。

しかし、今回の下落の要因にも、FacebookのLibraが関係しています。

7月10日にワシントンで行われた米国下院金融委員会の「金融政策と経済状況」に関する会議において、パウエルFRB議長が「深刻な懸念が解消されるまでLibraが進展することはないだろう。」とLibraに対して批判的な見解を示しています。

実際にこの日を境にビットコインは下げトレンドに入りました。

さらに、トランプ大統領による暗号資産へのネガティブな発言が関係していると言われており、トランプ大統領は、暗号資産に対して「私はビットコインやそのほかの暗号資産のファンではありません。」とツイッター上で発言し、さらにFacebookのLibraについても「信用を持っていない」と追及していて、Libraは各国の政府や金融機関などから大きな反発と否定的な意見が多く挙がっています。

あわせて読みたい

Facebookの発表から一夜明けて急展開、アメリカ政府がLibraプロジェクトに開発停止命令⇒⇒詳しく知りたい方はこちら

Facebookが世界の金融システムに革命を起こす独自暗号資産「Libra」を発表⇒⇒詳しく知りたい方はこちら