暗号資産取引所「DeCurret(ディーカレット)」は合計12社から総額34億円の出資を受ける

国内ニュース

国内の暗号資産取引所DeCurret(ディーカレット)は総額34億円の出資を受けたことを公式サイトにて発表しました。

筆頭株主である株式会社インターネットイニシアティブをはじめ、KDDI、コナミホールディングス、住友生命保険、大同生命保険、明治安田生命保険、中部電力、阪急阪神ホールディングス、松井証券、エネルギア・コミュニケーションズ、綜合警備保障(ALSOK)、凸版印刷の計12社です。

今回の資金調達の背景として、暗号資産の新しい決済プラットフォームの開発促進と

株式会社ディーカレットは、仮想通貨らからデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたって、より多くの企業とパートナーシップが必要になることを挙げました。

今回の調達を通して「開発体制を強化し、デジタル通貨の新たな決済プラットフォーム開発を加速いたします。トレーサビリティに優れ、リアルタイムでダイレクトな価値交換は、社会コ ストを低減し経済の活性化が期待できます。出資企業様との協業も含め、デジタル通貨を活 用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目指します。」とコメントしています。

あわせて読みたい

デジタル通貨のメインバンクが誕生!DeCurret(ディーカレット)のサービス内容から開設方法まで徹底解説!⇒⇒詳しく知りたい方はこちら

テクニカルスナイパーコラム「93万円まではショート目線、現物トレードはできない」⇒⇒詳しく知りたい方はこちら