エイベックスの子会社がデジタルコンテンツにブロックチェーンを導入

国内ニュース

エイベックスの子会社、エイベックス・テクノロジーズはブロックチェーン技術を活用して特定のコンテンツに証明書を発行する技術「A trust(エートラスト)」の開発を行うと発表しました。

A trustはデジタルコンテンツに証明書を発行することで、購入者が証明書付きのデジタルコンテンツを所有することができるようになり、さらに、決済とブロックチェーン上のデータを明確に分離し、決済は法定通貨でブロックチェーン上に証明書を発行できる仕組みを構築します。これにより、既存のデジタルコンテンツの販売プラットフォームにも適用できるようになります。

デジタルコンテンツは特性上無断でコピーされやすく、著作権の保護が難しい状況にあるが、ブロックチェーンを導入することで、コンテンツと著作権が本物だと証明する役割も果たします。

テクノロジーの進化に合わせ、権利者を守りながら、デジタルコンテンツをより多くの方に届ける仕組みを構築し、自社のみならず国内外のIP(知的財産)が安心して流通できる社会を目指します。

あわせて読みたい

SWIFTが独自の決済システムGPIをブロックチェーン企業に導入⇒⇒詳しく知りたい方はこちら

メットライフの子会社が生命保険の請求を自動化するためにブロックチェーンを導入⇒⇒詳しく知りたい方はこちら