住友商事とビットフライヤーブロックチェーンが提携し不動産プラットフォームを開発へ

国内ニュース

ビットフライヤーホールディングスの子会社であるビットフライヤーブロックチェーンが住友商事と業務提携しすることが決まりました。

ビットフライヤーブロックチェーンが開発したスマートコントラクト機能を備えたブロックチェーン「miyabi」を活用して、住宅の賃貸契約を電子化した上で、物件の内見予約から契約までを行えるプラットフォームを共同で開発します。

このプラットフォームを利用することで、住宅の賃貸契約にかかっていた時間と事務作業の効率化向上により大幅に短縮することができ、賃貸に必要な契約書等をデータ化することで、借主を含む契約当事者が、物件申込から契約締結までのプロセスをタイムリーに確認でき、契約書の製本・郵送・調印などの時間とコストを圧縮します。

さらに、高い改ざん耐性や高い可用性といったブロックチェーンの特徴を生かし、契約書の安全な保管や管理に関わる事務の効率化が可能となります。

2019年後半にプロトタイプの開発・検証を完了させ、一般利用者へのサービス提供へ移行する予定です。

将来的には、ブロックチェーン以外の技術も取り入れ、借主がスマートフォンのみで物件検索から内見予約、契約、入居、各種費用の支払い、契約更新や退去手続までワンストップで完結でき、不動産業界の各事業者が業務効率化を実現する仕組みの構築を目標としています。

また現状の構想は住宅の賃貸契約ですが、将来的には売買契約や住宅以外の契約について知見を横展開し、さらには保証会社、保険会社といった不動産契約と関わりが深い他業種のサービスの利便性向上も目指しています。

あわせて読みたい

bitFlyer(ビットフライヤー)がブロックチェーン会社を設立⇒⇒詳しく知りたい方はこちら

エイベックスの子会社がデジタルコンテンツにブロックチェーンを導入⇒⇒詳しく知りたい方はこちら