マネックスがLibra協会への参加を申請を発表!日本企業初となるか

国内ニュース

国内暗号資産取引所コインチェックを運営するマネックスグループはFacebookの独自暗号資産「Libra」を運営するLibra協会に参加するための申請を出したと発表がありました。

これは26日に行われたマネックスグループの2019年4~6月期決算説明会の記者会見で代表である松本氏が明らかにしました。

Libra協会に参加するための条件として、以下の条件のうち2つ以上を満たす必要があります。

  • 市場規模10億ドル(約1100億円)以上、または顧客によるキャッシュフローが5億ドル(約550億円)以上
  • 年間利用者2000万人以上
  • FortuneやS&Pなどの第三者機関から、業界トップ100以内の企業と認定されている

さらに、最低1000万ドル(約11億円)相当のLibra Investment Token(リブラ・インベストメント・トークン)を購入しなくてはならず、決定権の投票は1000万ドルごとに1票与えられるなど、このような厳しい条件が設けられており、Libra協会に参加できるかどうかは、来月末までにある一次審査を経て、9月には合否が判明する見通しで、松本氏は「協会への参加を前向きに検討しているが、参加するかどうかについて最終決定を下す。」と述べています。

Libra協会にはすでにVisa、MastercardやPayPal、Uberなどの大企業が名を連ねており、今後はもしマネックスグループが参加するとなったら日本企業初となります。

あわせて読みたい

Libraについて6割が前向きな評価を持っています⇒⇒詳しく知りたい方はこちら

【急騰】テクニカルスナイパーコラム「日本各地の気温が上昇、チャート最高値突破目前」⇒⇒詳しく知りたい方はこちら