Binance(バイナンス)ユーザーと思われるKYC情報がテレグラムで拡散か

ニュース

Binanceのユーザーと思われるKYC情報がテレグラムのチャットルームで出回っていると話題になっています。

そのテレグラムのチャットルームでは「FIND YOUR BINANCE KYC」という名前で、このチャットルームに名前やパスポート、IDなどのKYCに必要な個人情報がアップされており、すでに1万人以上が参加しています。

しかし、BinanceのグローバルPRマネージャーであるLeah Li氏によると、出回っているKYC情報はBinanceに登録しているユーザーの情報とは不一致しており、写真にはBinance特有のマークが付いておらず、これらの情報がBinanceから漏れたものでないですが、セキュリティチームを配置して、これらの画像のソースを特定するために、可能性のあるすべてのリードを追跡する作業に懸命に取り組んでいきます。

Binanceに偽ったフィッシングサイトやメールを通じて集められたKYC情報である可能性が高く、BinanceのCEOのCZ氏はツイッター上で「KYCリークというFUDに陥らないように。現在捜査中で、わかり次第また最新の情報を更新します。」と述べました。

また、Binance宛に身元不明の個人から連絡があり、KYCデータに似た1万の写真を引っ込める代わりに300BTCを要求されたそうで、Binanceは法的処置を取る上、この犯人の情報を提供した人に対して最大で25BTCの懸賞金を出すと発表しました。

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

暗号資産相場が回復してくると、詐欺や不正が横行しやすくなります。

今回も手法は古典的ですが、騙されやすく市場に対して大きく影響を与えてしまう事象です。

フィッシングサイトで不正に得た個人情報を詐称の大元となったサイトに対し、脅しとして使うという非常に悪質なやり方です。

  バイナンスは毅然とした態度で拒否を示し、市場に対して騙されないようにという注意喚起をしますが、日本を始めとした言語が違う国では情報配信も浸透しないため不安に思う方も多くいるかもしれません。 

バイナンスが情報漏洩したという事実はありませんので皆さんも慌てないようにして下さい。

あわせて読みたい

北朝鮮がサイバー攻撃で20億ドルもの資金を違法に得ている

Binanceがハードウェアセキュリティキーの使用を許可するようになりました