DeCurret(ディーカレット)が新サービスを発表!暗号資産を電子カードにチャージし決済が可能

国内ニュース

国内暗号資産取引所であるDeCurretが暗号資産で電子マネーにチャージするサービスを8月21日より開始しました。

暗号資産を中心とした暗号資産取引以外のサービス展開の第一弾として、投機目的とは異なる暗号資産の「電子マネーチャージ」サービスで対象となる電子マネーカードは楽天Edy、セブンイレブンのnanacoやKDDIが提供するau WALLETとなります。

これまで、暗号資産は取引所で法定通貨に交換後、銀行口座へ送金して現金を使う必要がありましたが、DeCurretの新しいサービスは、暗号資産をモバイル上で電子マネーに交換し、実店舗での決済に利用することができました。

ユーザーはDeCurretのアプリから対象ブランドを選び、チャージ額を入力するだけで、保有する暗号資産を電子マネーにチャージすることができ、複数の暗号資産を組み合わせてチャージできるなど、保有する資産に合わせて利用することができます。

対象の通貨は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルに加え、今回新しく取り扱いを開始したイーサリアムの全部で5種類の通貨になり、現金チャージと同じように24時間365日いつでも利用可能で、1000円単位からチャージができ、電子マネーのブランドごとに最大チャージ金額が設定され、毎月の上限金額は10万円です。

現在、楽天Edyは約1億1000万枚、nanacoが約6000万枚、au WALLETが約2000万枚が発行されています。先日のbitFlyerがTポイント・ジャパンと提携と同じように、電子マネーカードを持つユーザーへの新規顧客の取得と口座開設数の拡大を目指していくでしょう。

また、同じタイミングでDeCurretはレバレッジ取引サービスを開始することも発表し、証拠金金額の最大4倍までの取引が可能になりました。

今後の予定として年内にはレバレッジ取引のアプリを追加し、冬には電子マネーの他にポイント交換機能の追加、来年の春には新投資商品やAPIの提供を予定しています。

電子カードにチャージされる方はこちらから登録してください。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

暗号資産を使うサービスが充実してきました。

実際には暗号資産を直接使うのではなく、チャージをして間接的に電子マネーとして使用ができるという内容ですが、それでも今まで換金に銀行口座を経由していたことを考えると大きく利便性は向上されたと言えます。

サービス面の充実が図られる一方で、税制問題はまだこれからと言えます。

チャージなどの少額換金や暗号資産決済などの少額決済の税制の煩わしさはすでに市場でも課題視されており、常に話題に上ります。

これらが解決してからはじめて暗号資産が本当に社会へ受け入れられることになるでしょう。

 

あわせて読みたい

bitFlyerTポイント・ジャパンが提携!Tポイントでビットコインが購入可能に

デジタル通貨のメインバンクが誕生!DeCurret(ディーカレット)のサービス内容から開設方法まで徹底解説!