EMURGO(エマーゴ)がドコモ5Gオープンパートナープログラムに参加することが決定

国内ニュース

Cardano(カルダノ)プロジェクトの広報やコンサルティング、投資を行なっているEMURGO(エマーゴ)は、ドコモ5Gオープンパートナープログラムに参加することが決まりました。

本プログラムは、株式会社NTTドコモがパートナーとなる企業・団体に対し、2020年の商用サービスの開始をめざしている5G(第5世代移動通信方式)の技術や仕様に関する情報の提供や、パートナー間の意見交換を行う5Gパートナーワークショップの場を提供するものです。

EMURGOは、本プログラムの参加を通じて、2020年に開始する5G商用サービスに先立ち、5Gを用いたサービス構築や検証を行い、高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続といった5Gの特徴を活かし、サービスの品質向上や新たなサービスの創出に活用していきます。

インドでのブロックチェーン教育ビジネス、東京理科大学でのオープンカレッジ、Metapsと提携し韓国の3万店舗以上でADAが決済可能、Y2XというSTO(セキュリティトークンオファリング)企業と提携。SOSVとのアクセラレータプログラム開始、暗号資産ウォレット「ヨロイ」の開発。政府に対するブロックチェーン導入のアドバイスなど、多くの業界でビジネスをグローバルに展開しています。

これらの他にはサプライチェーンにも注力しており、インドネシア産のコーヒーの保証と中間搾取を防止するため、Cardanoブロックチェーンを用いた実証実験を開始しており、さらに世界的に有名なスニーカーブランド「New Balance」と提携し、スニーカーの真贋の認証にブロックチェーンが使われるようになります。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

ブロックチェーン業界×5Gビジネスの走りとなる話題です。

まず、多くのブロックチェーン企業が技術力に特化している傾向があり、技術のビジネス化を構築することが不得意な企業が多いのが現状です。

ADAトークンは知っているがカルダノが実際にどんなことをしているプロジェクトか知らないという方も多いでしょう。

主にMURGO(エマーゴ)という組織が中心となり、カルダノを活用したビジネスを世界で展開しております。

今回はその中でも5Gの取り組みという点で興味を惹かれます。

5Gはただの通信規格ではなく、今までの4Gとは比べならないほど大量のデータを送ることが可能となります。従来出来なかったことができるようになる点で市場が一新されます。

ブロックチェーン企業は新しすぎるテクノロジーを市場に展開することに苦戦をしていた経験があり、まさにその経験が生かせる分野と言えるでしょう。

5Gの実現をめぐってはまだクリアしないといけない課題が山済みです。ブロックチェーン市場をけん引した当時の勢いで5Gの実現に一役買う事を期待しております。

 

あわせて読みたい

EMURGO(エマーゴ)】特別対談!知っている様で知らない、この企業はブロックチェーン産業へ何をもたらすのだろうか?

LINELVCおよび野村ホールディングスが業務提携へ