コインチェックが定期積立サービスを開始します

国内ニュース

国内暗号資産取引所コインチェックは、11月6日より暗号資産の定期積立サービス「Coincheckつみたて」のサービスを開始しました。

「Coincheckつみたて」は銀行など金融機関が行なっている積立と同じサービスで法定通貨の代わりに暗号資産の積立を行います。

コインチェックに口座を持っているユーザーが対象となり、積立金額は1ヶ月あたり1万円〜10万円の範囲で、1,000円単位から始めることができ、指定の銀行口座から毎月引き落としされます。現在対応している通貨はビットコイン(BTC)のみですが、今後順次追加予定とのことです。

投資初心者を中心に有力な資産運用の方法として知られるドルコスト平均法を用いており、価格変動が激しいとされる仮想通貨においても相場の急変動に左右されない長期的な資産形成に役立てていただけます。

「Coincheckつみたて」のサービス開始を通じて、今まで暗号資産に触れたことがない人達にも長期的な資産形成に暗号資産を取り入れてもらう機会の提供を目指すと意向を示しています。

コインチェックはつい先日、XLM(ステラルーメンズ)の取り扱いを発表しました。国内において活発的な活動を展開しており、今後もコインチェックの動きに目が離せません。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

ビットコインの積み立てサービスをコインチェックが始めました。

ビットコインの積み立てサービス自体は日本の他の取引所も展開しており、特に新しい話題ではありません。

コインチェックが積み立てサービスをいま始めたことが非常に気になります。

もともとビットコインの積立サービスを利用している人はそこまで多くなく、利用している方も少額で出来ることをメリットに始めており、全取引量から比較すれば微々たるものです。

伊藤の個人的な想定になりますが、いくつかコインチェックの今後の展開を予測してみます。

 

1.コインチェックは海外展開をする

直近でステラ(XLM)を上場させるなど明らかに日本の他の取引所とは違う動きを見せております。このまま海外展開にシフトする可能性もゼロではありません。すると日本のユーザーが獲得しにくくなると見込んでの積立サービスかもしれません。

 

2.ビットコインが上がるファンダを知っていてユーザーに還元したいと考えている。

市場をけん引するのは、含み益を持った投資家たちです。もし皆さんが人には言えない情報を持っていたらどのように参加してもらいますか?

どうすればビットコインを買ってもらえるかと考えた場合、ハードルを下げるサービスを展開してもおかしくないでしょう。

 

といろいろと深読みしてみましたが、やはり気になるのは今更なぜ積立サービスを始めるに至ったかという事です。皆さんも是非深読みしてみてください!

これだ!という気付きがあったらこっそりとコインオタクへ教えて頂けると嬉しいです!

 

あわせて読みたい

Coincheck(コインチェック)がステラ(XLM)の取扱を予定

金融庁は暗号資産を投資対象とする投資信託を禁止する方針を固めました