株式会社VALUがVAトークンの売買サービスを終了すると発表

国内ニュース

株式会社VALUが運営するフィンテックサービス「VALU」は今年3月2日付でVAトークンの売買サービスを終了すると発表しました。

VALU社はユーザーのビットコインを預かっていることから、2019年5月31日に可決された暗号資産に関する改正資金決済法に含まれる「暗号資産カストディ業務に対する規制」に対応するべく動いていましたが、力及ばずVALUにおける暗号資産カストディに関わる業務を断念することになりました。

VALUは、ブロックチェーンテクノロジーを用いて個人の価値をシェア・トレード可能にし、なりたいものや、やりたいことがある個人が継続的な支援を募ることができる、2017年5月にβ版をリリースしたSNSで、サービス内の取引はビットコインを用いて行われていました。

2020年3月31日13時を期限に、ユーザーから預かっている暗号資産の返却手続きを進めます。

暗号資産カストディ業務はVALUサービスの根幹をなす部分であり、当該業務の断念により抜本的な事業転換が必要となるため、2020年4月1日以降、新しいVALUにアップデートしていく予定とのことです。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

市場の始まり時期にブロックチェーン技術を取り入れた企業の中には、日本の暗号資産法律対応により撤退を余儀なくされているところもあります。

VALUは個人の価値をブロックチェーンを用いて可視化するサービスとしては先駆け的存在です。

ブロックチェーンで何ができるのかを示した良い事例でもあり、個人の価値のトークン化は一部のコミュニティでは成功しておりました。

この成功モデルを大きくできなかったのは残念です。

国内の法律は金融商品に特化する方向であり、今後、金融商品以外のブロックチェーンの市場が立ち上がるのは少し時間がかかりそうです。

国内だけで考えると、暗号資産やブロックチェーンの本当の振る舞いに気付くことが遅れてしまうので、常に海外での取り組みに意識を向けると良いでしょう。

 

あわせて読みたい

金融庁が資金決済法等改正に係る政令・内閣府令案等を公表しました

税制改正になるか!?2つの仮想通貨協会が金融庁に要望書を提出