Binance(バイナンス)が取り扱い法定通貨に日本円(JPY)を追加か

海外ニュース

暗号資産取引所のBinanceは、取り扱い法定通貨に日本円(JPY)を追加すると発表しました。

公式Twitterにて日本円(JPY)追加の公表がありました。現在はそのツイートは削除されてますが、すでにBinance上の暗号資産の購入ページには法定通貨の選択項目に「日本円(JPY)」が追加されています。

日本居住者のユーザーに対するサービス提供を段階的に終了していくことを発表したのちに、Zホールディングスの子会社であるZコーポレーションと暗号資産取引所TaoTao(タオタオ)と戦略的な提携に関する交渉を開始すると公表しました。

Binanceはイスラエルに本拠を置く決済企業のSimplex(シンプレックス)と提携しており、Simplexが12月に日本円(JPY)をサポートしたことで、Binanceのユーザーは日本円を対応しているクレジットカードで暗号資産を購入することができるようになりそうです。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

バイナンスが日本居住者向けサービスを停止した後に日本円(JPY)の導入というのは少し違和感を感じます。

日本円(JPY)を導入するという事は対象ユーザーとして考えられるのは日本人や日本居住者となります。

バイナンスは現在日本でのサービス展開を日本の取引所Taotaoと組んで予定しております。

バイナンスは各国の法律を順守したローカライズサービスを提供しているのと同時に、管理者がいない分散型取引所のBinanceDEXも提供しております。

あとは、法律の兼ね合いとなりますが、もしかすると継続して日本居住者が利用できるサービスが誕生するかもしれません。

 

あわせて読みたい

決済企業のSimplex(シンプレックス)が日本円(JPY)とカナダドル(CAD)のサポートを開始

Binance(バイナンス)がZコーポレーションと暗号資産取引所TaoTao(タオタオ)と提携交渉を開始