証券取引所ナスダックがビットコイン先物のローンチを検討している

海外ニュース

アメリカの証券取引所ナスダックがビットコイン先物のローンチを検討していることがわかりました。

2018年に、ナスダックが2019年前半にビットコイン先物をローンチ計画を立てていると報道がありましたが、その後進展がない状態が続きました。しかし今回の報道ではナスダックCEOがブルームバーグのインタビューの中で述べたため、真偽については確かなものと思われます。

ビットコイン先物の立ち上げには提携企業もすでに決まっておりますが、名前はまだ明かされませんでした。

同社CEOのフリードマン氏は立ち上げ前の課題として、既存のビットコイン先物であるCMEやBakktらとの差別化を図ることと、リスクマネジメントだと主張しています。

また、暗号資産やデジタル通貨は今後の世界経済の中で重要な役割を果たすだろうと推測し、そのためには現在の貨幣と同じように実際に使用されるようになる必要があるとコメントしました。

ナスダックは昨年からマイニング企業を上場させたり、AIを活用した暗号資産インデックスを開始するなど暗号資産への取り組みを強化してきています。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

ビットコイン先物はすでに多くの参入がありますが、ナスダックがラインナップに加わることで市場拡大が期待できます。

投資家にとっては信頼のおける指標が一つ追加される為、歓迎するべき事象です。

先物があると価格の方向性が定まるため、これまでのビットコインのように大きなボラティリティは生じにくくなることが予想されます。

さらに、世界的にもビットコイン証拠金取引のレバレッジは抑えられる方向で進んでおり、今までの投機的市場から中長期に時間軸を移動した金融市場へと変わっていくでしょう。

ギャンブル的相場を望むトレーダーが多い傾向にありますが、そのようなスタンスでのトレードは市場から撤退することになります。

自動売買ツールやEAなどを運用しているトレーダーも手法を変えるタイミングになるかもしれません。

 

あわせて読みたい

証券取引所ナスダックは、AIを活用した暗号資産インデックスを開始

マイニング企業第2位のカナンがナスダックに上場することが決定しました