フェラーリなどの高級車を裏付けするトークンが発行されます

海外ニュース

フェラーリなどの高級車を裏付けするトークンが発行されます。

投資プラットフォームのCurioInvest(クリオインベスト)とデジタル資産プラットフォームのMERJが提携し暗号資産を使って高級車に投資できるサービスを展開しました。

高級車をトークン化することで少額から投資が可能になり投資に対するハードルが下がるため、様々な地域の人々が参加しやすくなります。

トークンには最低1ドルから投資ができ、500の高級車に紐づけられた合計2億ドル(約216億円)のトークンを取り扱い、高級車の中には110万ドル(約1億2000万円)相当のフェラーリ「F12tdf」が含まれています。

高級クラシックカーの取引価格が10年間で300%超も上昇したそうで、これは投資対象であり現物資産として人気を集めるアート、ワイン、宝飾品・時計の上昇率を上回り、クラシックカーやスーパーカーの好調な市場を支えるのは、現物資産に分散投資したい投資家や、ハイリターンを狙う投資家たちです。

世界中で高級車のオークションが盛んに開催されており、高級車の市場規模は1000億円にも達しているともいわれています。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

自動車は一部投資対象として成り立っておりますが、投資対象としての自動車の市場規模は交通手段としての市場規模よりも小さい物でした。

しかし、今後の社会では移動手段としての自動車の役割は終えつつあり、金融商品として台頭する可能性が大きいです。

このようにモノがあふれる時代、シェアの文化が一般化する時代では、手段としての価値だけでなく「娯楽」「ステータス」「資産」など複数の価値が評価されることになるでしょう。

今回の自動車における新しいトークンエコノミーの設計は未来の姿です。

テクノロジーの進化により、既存の市場も新しく生まれ変わることが期待されます。

既存産業×テクノロジーにより生み出される新しい市場を日常生活の中でどんどん見つけ出してみてください。

 

あわせて読みたい

暗号資産でゴールドなどの貴金属の購入が可能に!

Bitfinex(ビットフィネックス)とテザー社はゴールドにペッグするステーブルコインと新たな暗号資産オプションのローンチを発表