【情報量日本一位】Wo Token(ウォートークン)をコインオタクが徹底調査!

あのICOは今!?
<<スクープ!!>>
Wo tokenの公式ホームページにて公開されている情報を元に記事の執筆を行いました。この度、公開情報であるSBIHDの出資に関して嫌疑がかかりましたので、真実をコインオタクにて徹底調査しました。
コインオタクが本件について、SBI HDに問い合わせをした所SBIHDはWo tokenへの投資を否定しました。
現在のところSBIHDがプロジェクトに対して出資している事実は一切ないです。
Wo tokenの公式サイトにSBI HDのロゴが掲載されている事に関しては記載されている理由を調査したところ、出資者ではなく、一部仕事をともにしていたり関連のある企業との回答でした。
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回紹介するWo Token(ウォートークン)は、他のクリプトウォレットと同じような特徴を持っていますが、異なる点はそのテクノロジー

資産管理、個人資産管理、電子商取引および多通貨マイクロペイメントを可能にします! 正式に2018年12月12日にポーランドで開発されましたが、2019年2月の初めに韓国に上陸し、 2月中旬には、この2カ国以外のソーシャルメディアで初めて公になっています。

残念ながら、Wo Token(ウォートークン)の情報の開示はほとんどされていませんが、プロジェクトの詳細に迫っていきます!

Wo Tokenの特徴と将来性について、一緒に追って行きましょう!

Wo Token(ウォトークン)の特徴

・暗号資産マルチウォレット

資産管理、個人資産管理、電子商取引および多通貨マイクロペイメントを可能にする。

・マルチエコシステムは、ブロックチェーンベースのソリューションを提供することに特化している

・インターネットでの情報公開が少ないなか、コインオタクが独自に情報をゲット

正式に2018年12月12日にポーランドで開発されましたが、2019年2月の初めに韓国に上陸し、 2月中旬には、この2カ国以外のソーシャルメディアで初めて公になっています。

 

Wo token(ウォートークン)ヘッドラインニュース
Wo Token(ウォートークン)2019年3月現在の最新情報 <3月20日更新>

コインオタクの徹底調査を行なったところ、公式サイトや関連記事での更新も少なく、プロジェクトの進捗状況が追いにくくなっています。

背景としては、Wo Token(ウォートークン)を始め、日利配当系は情報の流通が極めて少いのです。

注意しなければ、利益が出る出ない以前にプロジェクト自体の信憑性を見極めることはできませんので、

今後更に徹底調査を継続し、情報を更新させていただきます!

Wo token(ウォートークン)の基本情報

案件名:Wotoken(ウォートークン)

シンボル:The WO TOKEN Digital Asset Intelligent Contracted E-wallet

通貨記号:WOR

参加可能通貨:BTC, WBD, ETH, EOS, USDT, LTC, BCH, SKB

最小投資額:$1,000

上場先:Neraex

プラットフォーム:DApp(分散型プラットフォーム)

タイプ:Ethereum

Wo Token(ウォートークン)の公式サイト、SNS一覧

公式サイト

ホワイトペーパー

公式Youtube

微博検索

公式Twitter

コミュニティ規模:実際に動いているのか不思議なくらい情報がありません。

公式サイトも動きがなく、SNSのフォロワーも一向に増えず投稿もされていません。

Wo Token(ウォートークン)の特徴

Wo Teken(ウォートークン)はThe WO TOKEN Digital Asset Intelligent Contracted E-walletの略で、暗号資産マルチウォレットです。

Wo Tokenマルチエコシステムは、ブロックチェーンベースのソリューションを提供することに特化している1WorldBlockchain開発者によって設計されました。
(1WorldBlockchain公式サイトはこちら→https://www.1worldblockchain.com/

シンガポールとバージン諸島の2つの異なる管轄に登録されています。 Wo Token(ウォートークン)は、アジアのいくつかの主要なブロックチェーン会議に参加しました。

そのうちの1つが香港で開催されたUnblock Community Conferenceです。

Wo Token(ウォートークン)の目的

Wo Token(ウォートークン)は、デジタル資産を支出可能にすることを主な目的とした大きなビジョンを持っています。

そのために、彼らはMasterCard Issuing Company Global Cashと提携し、 DApp(分散型アプリ) を使用するとで、ユーザーはクレジットカードを使用して暗号化資産を購入できるようになります。

DApp

Wo Token DAppは、Wo Token自体を含むいくつかの暗号資産を保存するのに役立ちます。

しかし、DAppに統合されているApolloソフトウェアにユーザーの暗号通貨を提出すれば報酬を得ることができます。 最小投資額は$1.000 で、2つのプランから選ぶことができます:

Wo Token(ウォートークン)が目指す世界

Image result for Wo Token

デジタルアセットを現実の世界に接続することで、誰もがいつでもどこでも便利にデジタル資産を使用できるようになり、ブロックチェーンテクノロジーとデジタル資産およびビジネスの進歩と社会開発のためのサービスを促進すること。

Wo Token(ウォートークン)が可能にすること

デジタル資産へのサポート

複数のインテリジェント契約ブロックチェーン技術とその高性能ブロックチェーンノードにより、WO TOKENはデジタル資産に対する強力なインテリジェントサポートを提供し、デジタル資産の実用化と開発を促進します。 さまざまなタイプのブロックチェーンアセットをサポートすることによって、安全で便利なインテリジェントソリューションを提供します。

ブロックチェーンデジタル資産プラットフォーム

ユーザーは、統合ストレージの主流デジタル資産としてWo Token(ウォートークン)を使用できます。 ユーザーは完全に自分のブロックチェーンのデジタル資産を制御できるだけでなく、効果的にデジタル資産の実用化を向上させることができます。トークンへのアクセスが容易なブロックチェーン製品で、チューリングの契約をサポートし、デジタル資産のための安全な財務管理サービスを提供します。ブロックチェーン技術に基づいて、Wo Token(ウォートークン)プラットフォームはデジタル資産のための分散コンピューティング機能と分散APIインターフェースを提供し、デジタル資産の実用性を大いに高めます。

デジタル資産と銀行カード

デジタル資産と実際の世界との間をシームレスに接続するために、デジタル資産と銀行カードを繋ぎます。このトークンは、支払い機関やカード発行機関と連携して、さまざまな国の法律や方針に準拠した製品やサービスをユーザーに提供します。

BTC,ETHなどのトークン管理

WO TOKENインテリジェントプラットフォームで提供される製品とサービスにより、BTC、ETH、またはあらゆる種類のトークンとデジタル資産取引を管理しながら、ブロックチェーンソリューションの迅速な展開を支援します。

他のICOにはない3つの特徴

リスクのないデジタル資産高周波自動定量取引 〜高周波自動定量取引の開発〜

・ドロップディテクション(しずく検出) この方法は、指定された割合で値下げに関するシグナルを出しています。 この戦略を使用すると、コインの毎日の取引量に応じて、さまざまなボットの動作を設定できます。 ホワイトリストに記載されている特定のコイン、および購入価格、販売価格、およびストップのそれらのさまざまなレベルを調整します。

・ウォールディてクション(壁検出) この方法では、長期間(サポート)にわたって大量の受注があるコインが明らかになります。

・ポンプディクテーション(ポンプ検出) 実行された受注の迅速な検出(市場履歴)

デジタル資産と銀行カード

デジタル資産と現実世界を結び付けるために、Wo Token(ウォートークン)はカード発行者と協力して銀行カードサービスを提供し、ユーザーが実体カードを申請して実社会での流通と消費のためにデジタル資産でカードをリチャージできるようにします。 現在、WO TOKENチームはカード発行会社と協力関係を築き、デジタル資産に利用可能な銀行カードを発行しています。

Neraxによって運営されている

2018年10月30日にNERAEXはWoTokenを認知し、WoToken(ウォートークン)に対する買収を完成しました。正式にWoTokenのグローバル的な運営を開始すると発表すると同時に、NERAEXがブロックチェーンのシーン応用、デジタル金融、ブロックチェーンのベンチャーキャピタルなどを推進し、ブロックチェーンの多元的な生態システムを作り上るとしています。

Wo Token(ウォートークン)のサービス紹介

複数のセキュリティ保証

Wo Token(ウォートークン)は、異なる規模のデジタル資産管理のために、複数の署名技術保証と2段階の承認検証を提供します。 ユーザーはトランザクションを転送するときに携帯電話の確認コード、指紋、バイオメトリック、その他の確認方法を選択して、デジタル通貨資産のセキュリティを万全の方法で保証できます。

言語サポート

アメリカ、イギリス、中国、香港、日本などを主流の暗号資産市場とし、言語の壁を取り除きます。

デジタル資産取引

WO TOKENは、ユニークなクロスボーダー支払いと小規模支払いネットワーク、そして交換APIとのドッキングを通じて、シンプルで便利で安全な支払いおよび取引サービスをユーザーに提供します。

デジタル資産銀行カード

デジタル資産と物理的世界を結び付けるために、WO TOKENはカード発行者と協力して銀行カードサービスを提供し、ユーザーが実体カードを申請し、物理的世界での流通と消費のためにデジタル資産でカードを再充電できるようにします。 現在、WO TOKENチームはカード発行会社と協力関係を築き、デジタル資産に利用可能な銀行カードを発行しています。

デジタル資産銀行カード

デジタル資産と物理的世界を結び付けるために、WO TOKENはカード発行者と協力して銀行カードサービスを提供し、ユーザーが実体カードを申請し、物理的世界での流通と消費のためにデジタル資産でカードを再充電できるようにします。 現在、WO TOKENチームはカード発行会社と協力関係を築き、デジタル資産に利用可能な銀行カードを発行しています。

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Wo Token(ウォートークン)への質問お待ちしております!
 

Wo Token(ウォートークン)のロードマップ

WoTokenロードマップ ~2019Q1~

Neraex Exchange PlatformとWalletの統合

MasterCard接続

保険サービス:米国最大のアジアの生命保険代理店に接続しているWallet。

SKBコイン(日本)協力

医療用ビッグデータ端末装置MR Glassを発売

WoTokenロードマップ ~2019Q2~

KYC&AMLの標準操作

WOR基金によるポーランドの金融ライセンスの申請

国際観光プロジェクトの立ち上げ

WOEX交換ローンチ

国際ゲーム事業を立ち上げ

WoTokenロードマップ ~2019Q3~

オランダの銀行免許を申請

BVI社で国際財務基準監査を開始

WOエンジェルストックの計画を開始

国際ショッピングモールヨーロピアンラインの運営

WOR金融クレジットセクターを開始

金融ローン取引の開始

WoTokenロードマップ ~2019Q4~

機関投資ラウンドを開始

オーストラリア、シンガポール、ポーランドでのIPOの申請

グローバルレーシングツアー

年間VIPシェアード配当計画

WOTOKENの為替レートの変動によるユーロ安定化暗号通貨の発行

Wo Token(ウォートークン)の運営メンバー

Edward Ng

the Founder and CEO of 1WorldBlockchain

edward.ng@1worldblockchain.com

Waiki Hui

the Chief Technology Officer with 1WorldBlockchain

waiki.hui@1worldblockchain.com

David Jacobs

Director, Business Strategy

david.jacobs@1worldblockchain.com

Jude Huang

Director, User Interface

jude.huang@1worldblockchain.com

Wo Token(ウォートークン)の将来性・まとめ

2019年3月13日よりWo tokenウォレットの運用を開始したWo token。

市場に出回っている情報では運営トームも特段有名なチームでは無く、発起人の活動の情報開示もほぼされていません。 加えて、実際のところ大手との提携などの話題も乏しいように見えます。

以上から、プロダクトリリースに向かったとしてもワークする可能性は、極めて低いと予測されましたが、今後は様子見といったところでしょう。

コインオタク伊藤
暗号資産市場の流行を全部混ぜたようなプロジェクトですが、一番着目するのは「日利配当」と「ホントに儲かるのか?」でしょう。

はっきり言って儲かる人は出ます。

最近のこの手のスキームは全員から搾取をするという事はしません。一部の人は儲かり、一部の方は損をするという形になります。その一部は本当に利益が出るので詐欺をしている認識がないのが厄介なところです。結果的には損をする人の方が多いのでお勧めしません。

なぜか自分だけは一部の儲かる層に入ると勘違いをしてしまいがちなのでご注意を。

本当にちゃんとしたビジネスで利益が出ることが確認できましたらまた情報更新をさせて頂きます!

ビットコイン高橋
高配当モデル、いわゆるHYIP案件だよね。こういうモデルは裏側がポンジスキームであることが多いけど、そうだとしてもそうでないとしても、必ず得をする人と損をする人が分かれるってこと。

大体運営(胴元)が高利益を得られることができるように作られているもの。もし運営側に限りなく近いポジションを取れない場合、単純に先行者メリット取ってどこまで続くかのチキンレースに参加しないとならない。

って言っても、金融リテラシーの低い日本人はこういう案件にすぐ飛びついて最後までしがみついて、結局損してくんだよね。

商材にもよるけど、もし手を出すんなら少額で。更には入れた分の利益が出たら元本だけ抜いてgainでチキンレースを楽しむこと。これ鉄則ね!

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Wo Token(ウォートークン)への質問お待ちしております!