失敗に終わるプロジェクト散見の中でも、キラリと光るICO成功事例

国内レポート
伊藤健次
伊藤健次(@it0ken)です!

今回は、「失敗や詐欺の多いICOの中でもロードマップ通りに進行している案件」をご紹介します!

ブロックチェーンビジネスの成功案件の紹介

ICOは、2017年に人気のクラウドファンディングとして有名になりました。
ほとんどのICOプロジェクトは失敗に終わるところもありますが、中には有望なプラットフォームを開発しているブロックチェーンチームも存在しています。

それらICOプロジェクトは、さまざまな業界で実際に使用されている既存ビジネスとの融合を目指しており、日常的なビジネスプロセスを合理化するのに役立つため、積極的な開発試験を促進しています。

①Bancor
バンカートークン間の「自動」変換機能が特徴です。

2017年6月、Bancor ICOは、Ethereumブロックチェーンネットワーク上で行われたトークンセールを通じてわずか3時間で1億5000万ドル以上を調達しました。

当時、他のICOでもこれほどの資金を調達しているプロジェクトは存在していませんでした。
Bancorは分散型取引所(DEX)を開始しました。

DEX(Decentralized Exchange):分散型取引所のことを指します。ここでは「取引を管理する運営主体」が存在せず、取引は、P2P(個人間)で行われます。bitFlyer(ビットフライヤー)やBinance(バイナンス)、Poloniex(ポロニエックス)などの取引所は管理者や運営者に暗号資産を預けて取引を行うため、「中央集権型取引所」といいます。DEXはその対義語の「非中央集権型取引所」ということになります。中央管理者の存在しない次世代型の暗号資産取引所として注目を集めています。

BancorのDEXは、プラットフォーム上のアルゴリズムが自動的に取引価格を計算するので、ユーザーは任意の2つのトークン(プラットフォーム上でサポートされています)を取引・交換することができます。

Bancorネットワークは、買い手と売り手間の直接取引を促進するのではなく(従来の取引所が行う)、スマートコントラクトによって流動性を生み出すことで両当事者がスムーズな取引を実行するのに役立ちます。

Bancorネットワークは24時間ごとに200万ドル相当のトランザクション処理に成功しています。

②NEO
NEOは、トレード可能なトークンとしてデジタル資産向けプラットフォームを開発することを目指しています。

NEO:NEO(ネオ)は元々Antshares(アントシェアーズ)という名前でしたが2017年6月にリブランドで生まれ変わり、スマートコントラクトを搭載した「中国版イーサリアム」と言われている暗号資産で、独自のプラットフォームを有している点が最大の特徴です。時価総額も18位というかなり認知度の高い銘柄として注目されています。

NEOネットワークは、分散アプリケーション(DApps)の開発にも使用できるため、Ethereumプラットフォームとよく比較されます。
(プラットフォーム比較について知りたい方はこちらをご覧ください!!)

そのためNEOブロックチェーンによって、ユーザーはスマートコントラクトを通じてトークンを自動的に管理することができ、利便性が非常に高いものとして活用されています。

③SingularityNET:人工知能のための分散型マーケットプレイス

SingularityNETは誰でもAIサービスを作成、共有、収益化できるようにすることを目指しているプロジェクトです。
内容としては、AI同士を連携させて動かすという試みを行うためのものです。

現在、AI開発は様々な研究機関、企業で各々が独自に開発を進めています。

世界の人工知能(AI)市場は、2017年の2,334億ドルから2025年には3兆1,000億ドルに拡大するだろう。

引用元: Successful ICOs: Blockchain-based Projects That Currently Have Working Products

それをブロックチェーンの技術と組み合わせることにより、お互いにコミュニケーションを取れるプラットフォームを作ることを目指しています。

これによってAIが、外部のデータや機能を利用して互いに学ぶことができるようになります。
企業側にとっても大きなビジネスチャンスに繋がる可能性を秘めているとして各社注力しています。

ウイスキー企業がブロックチェーンを使用!生産・流通経路の明確化で生産者の商品に対する「想い」を消費者へ (COIN OTAKU)

2018.11.16

ブロックチェーン開発段階におけるプロジェクト進捗状況に意識

今回紹介するプロジェクト以外にもたくさんの事例が存在しますが、その中でも今回挙げている3つはそれぞれの分野で非常に分かりやすい分野です。

「金融・暗号資産・AI」それぞれの市場においてブロックチェーンを掛け合わせたプロジェクトです。
「金融×ブロックチェーン」、「暗号資産×ブロックチェーン」、「AI×ブロックチェーン」それぞれとかけ合わせる元にはブロックチェーンとの相性を十分考える必要があります。

あまりにもかけ離れた市場とブロックチェーンをかみ合わせると、そもそも不必要であったり、高コストにわざわざしてしまっていたりとするパターンが存在します。

成功したというのは、大成功を指しているのではなく一部の開発が進んでいるというレベルです。
まだ市場は未成熟であるため、このまま世の中で浸透され、熟知されるようなサービスレベルには至っておりません。

今回紹介したプロジェクトがこのまま成功するかどうか、あるいはどこかで止まってしまうかについては引き続き、投資家・トークン保有者がしっかりと評価をする必要があります。

ブロックチェーンは「人権問題」を解決する未来を実現できる? (COIN OTAKU)

2018.11.28

俯瞰的視点でプロジェクトを見守ることと自分なりに精査することが大切

成功事例という形で記事にされたり、著名人が評価したりするプロジェクトが今後も登場すると思いますが、それをすべて鵜呑みにするのは危険です。

発信された情報はあくまで一つの要素であり、その情報を元に判断をする必要があります。
特に暗号資産市場での成功というのは少々過剰な表現であり、ロードマップ通り進行しているというのが「成功」と捉えられることが多いです。

紆余曲折は未成熟分野ではしばしば起こり得ることです。
温かく市場を見守る気持ちも必要なのかもしれません。

【Ludos】SoftBank向けブロックチェーン技術の共同開発を目的とした技術提携を実現!話題のLudosを紹介 (COIN OTAKU)

2018.11.16