【PayCent(ペイセント)】暗号資産のチャージやキャッシングも可能な海外デビットカード「PayCent」とのパートナーシップについて

プレスリリース
この度、コインオタクは暗号資産をチャージできるデビットカード「PayCent(ペイセント)」を発行するTexcent社とのメディアパートナーシップを締結することとなりました。 COINOTAKUは今後、同社との提携を通じ、PayCentのプロモーション等をサポートしていきます。
COINOTAKU CEO 伊藤健次

PayCent(ペイセント)とは

暗号資産を持ったは良いけど実際の生活のなかでの使用において不便だと思うことはありませんか?
現在国内で発行されている暗号資産をチャージできるデビットカードは、キャッシング不可、1回のチャージ限度額は10万円まで、暗証番号が必要な店舗での使用は不可、などの制限が多く不便です。

今回COINOTAKUが提携することとなったPayCentは、マスターカードやユニオンペイ(銀聯カード)のライセンスを取得した、暗号資産をチャージすることができる海外デビットカードです。これらのカードが使えるお店ならカード決済も可能、さらにゆうちょやセブン銀行でキャッシングもできるといった高い利便性を持ちます。

そのほかにもVISAや中国で人気のアリペイとウィチャットペイでのお支払いが可能になります。

PayCent(ペイセント)の優位性

PayCentはシンガポール金融庁から送金免許を取得している政府公認の優良企業であるTexcent社が提供していいる、シンガポールに拠点を置く金融プラットフォームです。

このプロジェクトは、ユーザーが保有する複数の暗号資産を円滑に交換することを目的としたモバイルウォレットとなります。

PayCentをお勧めする点を幾つか挙げてみます。

●暗号資産をいつでもどこでも自由に他のPayCentユーザーや、暗号資産取引所、モバイルウォレットに外部送信が可能。
●暗号資産からUSドルに変換した後でも暗号資産に戻すことの出来る変換機能内蔵。(従来のデビットカードでは出来なかったことです)

●政府が承認している企業が提供しているプラットフォームなので安心。
●Telegramでの質問に対する回答も速く、サポートセンター24時間営業しているため安心。

など、細かいことを言い出すときりがありませんが、取引所のように変換機能も内蔵されていて、サポート体制も整っていて、会社の信用性も高いという、使い勝手も良く、安心感のあるプラットフォームです。

PayCentCardをお得に発行!

今回はPayCentと提携することにより割引コードをいただきました。

カード注文時にこちらのコードを入力すると、カード発行手数料が49→47に割引されますので是非ご利用ください。コード→「5bENf」

暗号資産とUSドルを自由に変換できる最強のデビットカードPayCent、
皆さんも是非手にしてみてください!