農業でも使われるブロックチェーン!!メキシコの企業がハバネロを裏付けにしたAgrocoin(アグロコイン)を発行!

NEWS

ハバネロに裏付けられたAgrocoin(アグロコイン)が誕生

Con un modelo de negocios de franquicias, Amar Hidroponia y su criptomoneda Agrocoin es un caso de emprendimiento blockchain exitoso y sobre el cual hablaremos aquí.

Amar Hidroponia se define como una empresa dedicada a fomentar la práctica de la agricultura en procesos de hidroponía, a través de su modelo de negocio apoyándose en la tecnología y desarrollando proyectos integrales que generen empleo. Define así mismo su misión en proveer al mercado de alimentos agrícolas de la más alta calidad con apoyo en las mejores tecnologías para proteger la salud de los consumidores y el medio ambiente en general.

Ubicada en México, esta empresa ya viene desarrollando con éxito sus actividades, y no es  hasta finales de 2017 cuando lanza su proyecto blockchain para conseguir financiación y permitir a más personas formar parte del mismo: el Agrocoin.

引用元:CRYPTO ECONOMY Blockchain en la agricultura: Agrocoin y el chile habanero (2018年2月22日)

メキシコの Amar Hidroponia社によって、仮想通貨Agrocoin(アグロコイン)が発行されました 

2017年に始まったこのプロジェクトは、少額の資金調達の手段として仮想通貨に目をつけ、今まで以上に多くの投資家をプロジェクトに参加させることに成功しました。

このAgrocoinには、メキシコのキンタナロー州のレオナ ヴィカリオで生産されるハバネロが裏付けされ、価値が保証される仕組みになっています。

今までに石油や金を裏付けに作られた仮想通貨はありましたが、農作物を裏付けに作られるのはほとんど見られませんでした。

Agrocoinの特徴

El Agrocoin cuesta 500 pesos mexicanos, y equivale a un metro cuadrado de tierra y producción. A su vez por cada hectárea de terreno hay 10 mil Agrocoins de medida. Agrocoin es una serie de Contratos Intelegentes (Smart Contracts) que estan respaldados en activos productivos y tangibles que garantizan un valor base en su precio, y funcionan como vehículo de inversión para la producción en este caso en particular, del chile habanero.

Cada metro cuadrado de tierra en este proyecto permite producir hasta 6 kilos de chile habanero, con un precio de entre 50 y 70 pesos mexicanos. Las utilidades de la producción se distribuyen proporcionalmente según los forks de Agrocoins de manera cuatrimestral.

引用元:CRYPTO ECONOMY Blockchain en la agricultura: Agrocoin y el chile habanero (2018年2月22日)

 Agrocoinの特徴はなんと言っても、その価値がハバネロに裏付けられている点 です。

水耕栽培農場1平方メートルあたりを50~70メキシコペソで販売し、そこで生産されたハバネロの年間収益の一部を四半期ごとに分配します。

このAgrocoinを所持しているだけで収益が分配されるので、多くの投資家が注目していました

既存の資金調達との違い

Amar Hidroponia社は仮想通貨での資金調達以外にも、集団投資スキームを行っていました。

しかし、ロドリゴ・ドメンザインCEOが「投資したいと手を挙げる投資家は大量にいた。しかし彼らは投資をするのに充分な資金を持っていなかった」と話しているように、投資額のハードルが高く、一般の参入が難しい状況でした。

そこで、 少額でも投資ができ、尚且つ安全な契約方法でもある仮想通貨を用いることで、多くの投資を募ることに成功 しました。

仮想通貨での資金調達(ICO)はなくなるのか

今後は仮想通貨での資金調達(ICO)は世界的に規制される見通しなため、このような投資案件は減少するかもしれません。

ICO(資金調達)がついに差し止めか!?今後の資金調達のゆくえはいかに

しかし、これでICOがなくなるというわけではなく、ルールが確立し、 今後の仮想通貨の分岐点になる ように思われます。

今後のICOがどうなるのか、引き続き注目していきましょう。

 

ICOの規制について知りたい方はこちら

 

他のブロックチェーン技術を利用したプロジェクトについて知りたい方はこちら