ICOが公開されるまでのロードマップ

ICO関連

ICOが取引所に上場されるまで

 

 

【目次】
① 資金調達するための事業の決定
② ブロックチェーン技術の開発
③ ICO公募のための準備
④ プレセール、トークンセール
⑤ 取引所上場

 

ICOの流れは図のようになっており、取引所で他の暗号資産と交換できるようになって初めてICOと呼べるのです。

 

 

① 資金調達するための事業の決定

 

ICOの最大の目的は「資金調達」です。もしICOするのに拡大したい事業や、プロジェクトチームの将来のビジョンが明記されていないICO案件は要注意です。

そのICO案件の事業内容に将来性があるか、マーケットは成長段階にあるか、他社にないユニークなサービスやテクノロジーがあるか、それらは業界にゲームチェンジを挑める特異性だとイメージができるか。これらの要素はICOを実施する企業の価値評価をするうえで非常に重要な鍵となります。

 

② ブロックチェーン技術の開発

 

ICOは株式とは違い、法定通貨による投資は行いません。あくまでもビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)などの暗号資産とICOを実施した通貨とを交換して行うものです。

ICOを行う企業の信頼性を保証するものではありませんので人も団体もありません、ICOの信頼性とは、新規トークンを購入した全員で担保されている、いわば民主主義により信頼性が保たれているのです。

その信頼性を作り出すテクノロジーこそ「ブロックチェーン」技術です。法定通貨のように中央集権で勝手に流通量をコントロールしたり出来ない仕組みになっています。

現在流通している暗号資産はブロックチェーン技術によって、参加者全員によって管理されています。ICOで発行される新規トークンも同じようにブロックチェーン技術によって、トークンを購入した全員が管理することになります。

ブロックチェーンは「人民の人民による人民のための通貨」を実現するテクノロジーなのです。

 

 

③ ICO公募のための準備

 

ICOを実施するためには、企業が実施しようとしていることがどんなに素晴らしくても、世の中の大勢の人がそのICOを認知していなければ大きな資金を調達するのは不可能です。世界中の人たちの認知を得るために、具体的に下記の準備が必要となります。

  1. ホワイトペーパー公開
  2. WEBサイトローンチ
  3. SNS(Twitter, Facebook等)の情報発信
  4. 各種広告出稿
  5. 事業計画の策定
  6. ICO説明会
  7. プレスリリース、ニュースサイトにて告知

 

ICOはIPOに比べれば準備するものも、期間も非常に少なくてすみますが、成功させるためには、しっかりとしたプロジェクトのテクノロジーや将来性だけでなく、WEB上で認知を獲得していくためのスキームもできていなければ成功させることが難しいのです。

 

 

④ プレセール、トークンセール

 

プレセールとはいわゆる「先行販売」のことです。先行販売でトークンを買って頂いた方には、大きなボーナスが付与されることが多いです。もちろん、その分新規ICO銘柄を情報の少ない中購入するのですから、ボーナスが多くて当然でしょう。しかし、プレセールのハードル大きく、最近終了したCOMS(コムサ)プレセールでは、1,000万円以上から購入が出来るなど、大口投資家のみが参加できるようになっていることがあります。COMS(コムサ)プレセールのリワードは、購入分の20%を追加で付与と非常に大きなものです。非常に大きなリワードの為、ICO後に売りに出せない期間が設けられていることもあります。

 

トークンセールとは、プレセール完了後の誰でも参加できるものでクラウドセールなどと呼ばれたりもします。基本的にはビットコイン(BTC)、ネムコイン(XEM)、イーサリアム(ETH)の3種類で新規トークンを購入可能です。ここでもある程度のボーナスが付与されることがあります。ICOのトークンは法定通貨で購入するこはできません、それは先に述べたブロックチェーン技術に紐づいています。もし、法定通貨で購入できるトークンがあったらそれはICOではなく、ただのクラウドファンディングとなります。

 

⑤ 取引所上場(ICO)

 

新規ICO案件が無事に「取引所上場すること」をICOと呼んでいます。Coincheck、Zaif、bitflyerなどの取引所に上場することによって、他の暗号資産と交換できるようになります。各トークンによってテクノロジーや使い勝手が違いますので、より使い勝手の良いものが生き残り、他は淘汰される時期がいずれやってくるかもしれません。

 

このように、ICOが完了するまでに様々なプロセスを経て、取引所への上場が完了します。2017年10月現在では、規制の整備などで、ICO予定であった暗号資産が規制によって上場できていなかったり、上場する時期が何年もずれ込んでしまったりすることもありますが、過去の案件では、株式市場では考えられない程の利益を投資家に還元している案件も多くあります。ICO投資は自己責任で行いましょう。

 

 

Written by 酒井 和

コメントを残す