ニュース

【伊藤が解説】バイデンVSトランプ、米大統領選が仮想通貨市場に与える影響

仮想通貨コミュニティへ、バイデン支持呼びかけの意図は?

スカイブリッジの創業者、アンソニー・スカラムーチ氏が、仮想通貨コミュニティに向けて、今年の米大統領選でジョー・バイデン大統領の支持を呼びかけました。

トランプ前大統領の再選に対して長期的なリスクを指摘し、バイデン大統領を支持する方が仮想通貨業界にとって無難であると主張しています。
また、スカラムーチ氏は、法廷での仮想通貨業界の勝利を挙げ、現政権下でも仮想通貨に対する公正な規制プロセスが実現するとの見解を示しています。

米SkyBridge創業者、仮想通貨コミュニティに米大統領選のバイデン支持を呼びかける

COINPOST

バイデンVSトランプ、米大統領選が仮想通貨市場に与える影響

[sc name=kaisetsushimasu ]

2024年11月に開催される米大統領選挙は、仮想通貨市場にとって注目のイベントの一つです。

まだ半年以上先の話ではありますが、徐々に話題に上がってきています。
今回、過去にドナルド・トランプ前大統領と対立した米大手ヘッジファンド、スカイブリッジの創業者アンソニー・スカラムーチ氏が、仮想通貨コミュニティに向けてバイデン政権を支持するよう呼びかけたことがニュースになりました。

仮想通貨市場の多くの人々は、場当たり的な仮想通貨規制を続けるバイデン政権を支持したくないと考えています。
スカラムーチ氏がバイデン政権を支持する理由は、トランプ前大統領よりもマシだというものです。

仮想通貨市場の拡大を考える際に、どちらがより良いのかについて、私の個人的な意見を解説します。

バイデン政権は仮想通貨を敵と見ているわけではなく、全米経済が回復を必要とする時期に、FTXのショックによる騒動の対応をする必要があったというのが実情です。
どの政権であっても同様の状況が発生していた可能性があります。

現政権が仮想通貨に対してネガティブであることは事実です。

トランプ前大統領は仮想通貨に積極的であり、NFTを販売したり、仮想通貨に言及しています。
一方で、デジタルドルの創設には反対しています。
誰が権力を握っているかにかかわらず、米国政府が仮想通貨を歓迎する雰囲気はないようです。

大統領が誰になるかという結果よりも、全世界で注目されている大統領選挙の議論のトピックとして仮想通貨が挙げられることの影響が大きいでしょう。
これがPR活動になり、ユーザー数を急速に拡大する機会を提供します。

2024年の仮想通貨市場は、大統領選挙期間中に最も活発になると考えられます。

その他のおすすめ記事

【伊藤が解説します】Google Cloud参加でFlare Networkが大躍進!WEB2とWEB3の融合!

【伊藤が解説します】仮想通貨プロジェクト資金調達後の課題、ロック解除が半減期の年に集中する影響

【伊藤が解説します】米国マイニング業界への規制強化の兆し

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP