要注意!!世界最大規模のチャットアプリTelegramがICO詐欺に利用されている!!

ニュース

既にご存知の方もいらっしゃるもしれませんが、世界2億人のユーザー数を保持するテレグラムがICO(暗号資産新規発行による資金調達)を行うとの噂がでています。しかし本当は詐欺サイトから広まった噂のようです。その実態を調査してみました。

このような詐欺に騙されないためにも今回の事例を参考にして頂けたらと思います。

TelegramのICO情報

世界最大規模のチャットアプリのテレグラム

テレグラムとはインスタントメッセージアプリで、なじみのあるLINEやメッセンジャーの様なものです。完全無料で広告もなくメーセージを暗号化してくれるのでセキュリティ面においても優れています。

Android、iPhone、iPad、Windows、Mac、Linux等で利用でき、最大5000人のグループチャット、メッセージや画像配信可能チャンネルを作ることもできる 世界最大規模のチャットアプリ です。

2億人以上のユーザーがいるとされ今後さらに人気急上昇するアプリともいえます。

TelegramのICO情報

テレグラムのICOについて様々な情報が流れていますがあくまで噂をもとにした情報です。公式発表されたものではありませんので念頭において読んでいただきたいと思います。

次世代ブロックチェーン

テレグラムは、独自で開発したTON (Telegram open network)を利用し、ブロックチェーン上でアプリ内送金や、分散型アプリを実装することを目指すプラットフォーム型のICOを展開。 次世代ブロックチェーン と言われています。

名称はGRAM(グラム)
Telegramのgramからとらえた名前だと考えられます。

今後の展望

テレグラムはまず大口の投資家から事前販売の大型プレセールを行い、 目標5億ドル(約560億円)を集める 予定。
その時の最低参加価格は少なくとも26億円との噂さも。
これが実現すれば過去最大規模のICOだと考えられます。

その後、2018年の3月に一般向けICOを実施
2019年の第2四半期トーンのサービスを始めようとしています。

テレグラムのICO参入は嘘!?

Facebookで偽のプレセール広告

以前Facebookにてこんな広告が確認されています。

一人のフォロワーがテレグラムの創設者パーヴェル・ドゥーロフ氏にICOの真意を訪ねたところ、次のように回答されました。

「これは詐欺だ。注意せよ」

こちらのICO広告は詐欺のようです。
今はすでにアクセスできませんが、ツイートをみていくと実際にお金を送金してしまっている方もいるようです。

Facebookで堂々と詐欺の広告が出てしまうなんて怖いですよね。

テレグラムのICO詐欺に注意喚起

2018年1月21日テレグラムの創設者パーヴェル・ドゥーロフ氏は自身のTwitterでフォロワーに対し

『「グラム購入」に関する情報を見たりされた場合。は知らせて欲しい』

とテレグラムの専用チャンネルへの情報提供を求めました。

ドゥーロフ氏がこのような行動に出たという事は、今回のテレグラムのICO参入というのは ウソの可能性が非常に高い と言えます。

 

テレグラムのICO参入はうわさ

テレグラムの創設者パーヴェル・ドゥーロフ氏本人が自身のICOの情報収集しているのは非常におかしな話です。

今回のICO参入はうわさであって真実の可能性は低いのではないでしょうか。

そしてテレグラムというビックネームを悪用し、 詐欺を働く人がいるという実態 が公になりました。

ICOにまつわる情報には多くの嘘、偽りが含まれています。

紹介させてもらったFacebookの広告にアクセスするとしっかりとチームメンバーとしてドゥーロフ氏が紹介されており、あたかも公式サイトかのように作られていました。

本当にICOに乗り出すのなら、メンバーは自ずから情報を発信して行くのではないでしょうか。サイトだけでなくSNSからも情報を集めるべきでしょう。

いつか本当にテレグラムがICOに参入するとしたら、過去最大級のICOになる可能性は十分に考えられます。
今後に期待しましょう。

 

国内発のICOについて詳しく知りたい方はこちら

 

ICOの詐欺対策について知りたい方はこちらな方はこちら