Others

【徹底解説】マスターノードってなに?ノードを立てて報酬を受け取ろう!

仮想通貨は現在の金融領域に大きな革命をもたらした1つのプロダクトです。

特にビットコインの出現によって送金のスピードが早くなりかつ手数料が格段に安くなりました。

ビットコインのように金融領域に革命をもたらした仮想通貨は裏側では多くの複雑な仕組みによって成り立っているのは言うまでもありません。

特に代表的で有名なのがブロックチェーンです。仮想通貨を知っている人ならば同時にブロックチェーンも知っている人がほとんどではないでしょうか。

 

しかしもちろんのこと仮想通貨はブロックチェーンだけで支えられているわけではありません。

先ほども申し上げたようにブロックチェーン以外にも多くの仕組みが存在します。

 

今回はその仕組みの1つである「ノード」について取り上げたいと思います。

ノードは果たしてどのようなものであり、ノードにはどのような役割があるのか。

 マスターノード 」と呼ばれるものを中心に紹介しながら解説していきたいと思います。

そもそもノードってなに?

仮想通貨に少し詳しい方なら時々「ノード」という言葉を目にしたことはあるのではないでしょうか?

それくらいノードは大事な役割を果たしており、仮想通貨にとってはなくてはならない存在なのです。

 

では「ノード」とは何なのでしょうか?

 

元々の意味では、線と線の結び目を表す言葉なのです。その意味から派生してネットワーク上での分岐点や中継点といった意味で使われるようになりました。

 

つまり、 ノードとは仮想通貨のネットワークを構成するパソコンやルーターのこと なのです。仮想通貨のネットワークに接続しているものは全てノードとして扱われます。なのでもちろんですがスマートフォンもノードなのです。

 

ノードは仮想通貨を支えている存在と言っても過言でありません。ノードなしでは送金などは行うことができないのです。

私たちはネットワークを構築しているノードのおかげで仮想通貨のメリットを享受しているのです。

タイトルにあるマスターノードってなに?

ノードについてある程度理解してもらったところで、次はより専門的な話に移っていきたいと思います。

そもそもノードには様々な種類があり、それぞれによって役割が違います。また通貨によってもノードの種類が違うのです。

 

その中でも今回は「マスターノード」について取り上げたいと思います。

というのもノードの中でもマスターノードは他のノードに比べて、比較的に楽に報酬をもらうことができるのです。

なのでマスターノードについて知ってもらい、より多くの方に報酬を得てもらいたいと思い今回取り上げさせていただきます。

 

ではマスターノードとは一体どのようなノードなのかと言うと、 一定数以上の特定のコインを保有している人のみがノードを設定して運営できるノードのこと を指します。

基本的にはマスターノードによって取引の承認や送金の検証が行われる形になります。運営すると言っても一定数以上の通貨を保有しておりかつノードを設置してしまえば、あとはPCなどの端末が自動で稼働するので特にすることはありません。

これによりマスターノードを設置した人は報酬を受け取ることができるのです。

 

仮想通貨による報酬といえばマイニングを浮かべる方がほとんどかもしれませんが、実はこのように特定のノードになることによって報酬を受けることもできるのです。

 

仮想通貨の中でも代表的な仮想通貨であるビットコインはマスターノードを採択していませんので、不特定多数のマイナーによって取引の承認が行われますが、マスターノードを採択している代表的な仮想通貨であるDashではマスターノードであるものによってのみ取引の承認が行われます。

 

そのため、マスターノードを採択している仮想通貨では、権力がマスターノードに集中しているため仮想通貨の民主的な要素はあまり見られないようになっています。

 

マスターノードを立てることができる仮想通貨を厳選して教えます!

マスターノードを理解して、報酬がもらえることがわかってもどの仮想通貨がマスターノードを立てることができるのか知ってなければ報酬を得ようにも得ることができません。

なので今回は代表的なもののみ厳選してご紹介いたします。

 

Dash

マスターノードを立てることができるもっとも代表的な仮想通貨はDashです。匿名コインとしても有名ですが、Dashでは1,000DASHを保有していればマスターノードを設定することができます。日本円でいうと約3,000万円分のDASHを保有していれば可能なのです。

とはいえ個人で3,000万円分のDASHを保有することは容易ではありません。

そのため一口馬主のように複数名によってマスターノードをシェアして報酬を山分けするようなサービスもあるようです。

サービスを上手に活用してぜひ報酬を獲得したいものですね。

 

ちなみにビットコインではブロックの採掘報酬をマイニングに成功したものにのみ付与されますが、マスターノードを採択している通貨ではマイナーに45%を付与し、10%をDashの開発者に、そして残りの45%をマスターノードに付与されるようになっています。

Triggers

Triggersは最近その仕組みに注目が集まっている仮想通貨です。仕組みに注目が集まっていることから保有している方も多いかもしれませんが、実はTriggersもマスターノードを立てることができます。

しかもDashは莫大な金額が必要でしたが、Triggersでは1,500TRIGを保有していればマスターノードを立てることができます。

この1,500TRIGとは日本円では約11万円ほどになります。マスターノードを立てられる物の中では実は1番コスパがいいかもしれません

立てるなら今のうちでしょう。

 

ChainCoin

最後に紹介するのはChainCoinと呼ばれる仮想通貨です。ChainCoinは中央集権型の銀行システムに取って代わることを目標にしている仮想通貨です。特徴的なのは、クロスブロックチェーン取引と呼ばれる仕組みを導入していることと供給量が23,000,000CHCと他の仮想通貨に比べて少ないのです。そのため今後保持しているだけで希少性があるので急騰する可能性が高いのです。

そんなChainCoinは1,000CHC以上保有しているとマスターノードを立てることができます。

日本円でいうと13,000円程度でマスターノードを立てることができる日のです。マスターノードを立てることができる仮想通貨の中では最安値で立てることができるので非常に面白いのではないでしょうか。

NEMのハーベストは別ものなの?

感のいい方ならマスターノードの仕組みってNEMのハーベスティングと一緒じゃないの?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

NEMはコンセンサスアルゴリズムにPloof of Stake(PoI)と呼ばれる仕組みを採択しています。

PoIではNEMを保有量と取引量に応じて参加者の重要度を測り、権限を付与するものなっております。

そのためNEMではNEMを保有しているだけでハーベスティングと呼ばれるビットコインでいうマイニングに相当することをすることができます。

なので本質的にはマスターノードとハーベスティングの仕組みは近しいものがあるということができます。

しかし 唯一違うのはマスターノードになるためには一定数以上のコインの保有が必要ですが、ハーベスティングにはコインの保有量の条件がないということ です。

 

実はNEMにはマスターノードと同様な仕組みも用意されており、NEMの中ではスーパーノードと呼ばれる存在がいるのです。

スーパーノードになるには300万NEM以上を保有することが必要で、日本円換算で約6,300万円相当を保有すればマスターノードを立てられるようにスーパーノードを立てることができます。

スーパーノードになるとハーベスティングの時とは段違いの報酬を受け取ることが可能になるのです。

マスターノードを立てて報酬を受け取ろう!

いかがでしたでしょうか。

ノードやマスターノードについて少しは理解していただけたのではないでしょうか。

保有するだけで報酬を受け取れるマスターノードはとても魅力的ですよね。

仮想通貨の中にもマスターノードが条件上立てやすい仮想通貨と立てにくい仮想通貨が存在します。

 

自分の中でマスターノードを立てられそうな仮想通貨を選んで立ててみて、報酬を得てみましょう!

今よりさらに仮想通貨に投資できる資金が増えるかもしれませんよ?

 

NEMについてさらに知りたい方はこちら

イマ注目されている取引所はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

このエントリーをはてなブックマークに追加