有名人の偽物アカウントに注意!SNSのプレゼント企画に騙されないように!

そもそも仮想通貨どうなるのNEWS
伊藤健次
伊藤健次(@it0ken)です!
今回は、有名人になりすました詐欺案件についてまとめました!

世界的有名人に詐欺師が目をつける、資産を騙しとる詐欺案件が横行

世界最高峰とも謳われる実業家Elon Musk(イーロン・マスク)を偽装するためにいくつもの 偽Twitterアカウント が報告されており、各偽アカウントは約170,000ドルもの資金をユーザーから騙しとっているとのことです。

Elon Musk(イーロン・マスク):南アフリカ共和国・プレトリア出身のアメリカの実業家、投資家兼エンジニアです。
テスラモーターズの共同設立者およびCEOでもあります。
PayPal社の前身であるX.com社を1999年に設立した人物でも有名です。

詐欺師はアカウント運営で念入りな計画を企てた後、プロフィール名と画像を変更してテスラのCEO(イーロン・マスク)としてなりすましをしています。

アカウントが正当なものであるという印象を与えるために、あたかもElon Muskによって発せられたコメントかのようにスレッドに投稿します。

いくつかの詐欺のつぶやきの中には、Elon Muskが「ビットコインを使う人のために世界中で “最大の暗号資産”プレゼントを行います、プレゼント応募に “参加”するためのリンクを提供している」と呼び掛けるものが多くありました。

他にも世界的有名人も同様に詐欺アカウントのターゲットにされています。
イーサリアム創設者ブテリンやTelegram Pavel Durovの創設者兼CEO等も同様の被害に遭っています。

Ethereumの共同創設者のVitalik Buterinは、ツイッターでvitalik@buterin.meというアドレスから送信されるメールアドレスが最近悪用され、Vitalikを名乗るメールが送信されていると注意喚起した。

引用元:https://btcnews.jp/42geapxp20774/

このことを受けて、「各ユーザーに暗号資産を提供する」と主張した詐欺師に注意をするよう自身の公式SNS、HPで警告しています。

騙されてはいけない!世界で横行する暗号関連の詐欺ボットのネットワークをTwitterで公開 (COIN OTAKU)

2018.08.21

コインオタク、プレゼント企画で行わない3つのコトとは!?

市場が落ち着いたときに必ず出てくるなりすまし詐欺案件です。

有名人のアカウント、過去に実際に行われていたプレゼントイベントのコピー、非常に巧妙です。
最近では、投稿やメッセージ(当たりました!ありがとうございます!の類)も全部ねつ造されていたりします。

プレゼント企画を行う我々コインオタクもこれ以上詐欺がのさばらないように注意喚起をします。

プレゼント企画を行う主催側からして行わないキャンペーン方法を以下に記載します。

・先着順
→プレゼントの趣旨はイベントが盛り上がったり、特定のテーマの議論が深まるきっかけにすぎません。
プレゼントが目的になると別の意図がある可能性高いです。

・24時間以内の時間制限
→同様です。24時間ではちゃんと全員に情報届かないですね。
数日の募集日があることが一般的です。

・当選前に送金や個人情報を求める
→取引所の企画だとなぜか多いです。

先に暗号資産を送金させるものは、やはり怪しいです。
正しい企画だとしても、取引所側もあまりデポジットを求めるイベントはしない方が良いでしょう。

Twitterでの「暗号資産詐欺」に注意!!手軽に送金ができる利便性がアダに! (COIN OTAKU)

2018.02.14

要注意!!世界最大規模のチャットアプリTelegramがICO詐欺に利用されている!! (COIN OTAKU)

2018.01.29

コインオタクグッズを身に付けてイベントに参加しよう!

コインオタクの企画では、暗号資産を配布する(エアドロップ)こともありますが、どちらかというとグッズ配布に力を入れております!
例えばコインオタク特製の「COINOTAKU Tシャツ」や「COINOTAKUステッカー」などです。

これらはお金には変わらないかもしれませんが、プロジェクトやイベントとのつながりが表れている品です。
暗号資産の市場だからこそ実体のあるものも感じて頂きたいと考えております!

ちなみに、伊藤は「COINOTAKU Tシャツ」ができるまでずっとBINANCEパーカーを着ておりました!

【12/31まで初月無料】伊藤健次によるオンラインサロン再開《2019年はもう損しないでください》