金融社会が仮想通貨の受け入れ態勢を準備!まずはステーブルコインから

通貨NEWS解説
伊藤健次
伊藤健次(@it0ken)です!
今回は、ステーブルコインの今後の新たなる道筋についてレポートしていきます!

金融庁(FSA)ステーブルコインを仮想通貨に該当しない見解を示す

2017年4月に施行された改正資金決済法は日本国内に仮想通貨、いわゆるビットコインが貨幣として法律で認められたことは、みなさんご存知かと思います。

ステーブルコイン:価格変動しないように設計された仮想通貨の総称で、ペッグ通貨とも呼ばれています。
常に価値が一定のため、取引所においては基軸通貨として利用されています。
主に、「ドルペッグ」や「円ペッグ」など、米ドルや日本円といった法定通貨の価格と連動させているのが特徴です。

文字通り仮想通貨を支払い手段としてモノやサービスを購入することができます。
そして、各取引所は仮想通貨交換事業者として金融庁(FSA)に登録された上で運営されています。

そしてつい最近、規制当局が新たなる見解を示しました。
 法定通貨で固定された通貨(ステーブルコイン)は、決済サービス法に基づいている 、その一方で「仮想通貨」そのものはボラティリティがあるため、そのカテゴリーに分類されないといった内容です。

「原則、法定通貨に連動するステーブルコインは、改正資金決済法が定めるところの『仮想通貨』には該当しない」

引用元:https://jp.cointelegraph.com/news/japanese-regulator-stablecoins-are-not-cryptocurrencies-under-current-law

これに対応した日本のインターネット大手のGMOは、「デジタル通貨の価格安定した通貨、いわゆるステーブルコインを発行することを公式発表しました。
GMOインターネットの子会社であるGMOコインは、当局に事業認可がすでに認められている運営団体です。

これにより、規制当局の見解による諸条件を満たす結果となり、着々とデジタル通貨決済のレールが敷かれていることになります。

GMOが発表した日本円ペッグ通貨GJYの思惑とリスク (COIN OTAKU)

2018.10.16

金融庁からICOに対するリスク及び注意喚起の発表 (COIN OTAKU)

2017.10.29

様々な意見が飛び交う中、ステーブルコインが注目されている

様々な独自見解で、仮想通貨を持ち上げたり、突き放したりを繰り返してきた金融社会のプレイヤーがここにきて、発言を変えてきています。

「仮想通貨は資産!ステーブルコインは仮想通貨では無い!」

これらの意味することは、当然自らの市場参入を見越していることが予想できます。

彼らが参入することは、仮想通貨市場の拡大につながるので歓迎される一方、仮想通貨という取扱いにくい商品を取扱いやすい形に変えてくる可能性は十分あります。

その一つが、ステーブルコインです。
ステーブルコインは、「仮想通貨では無い」という発言や「仮想通貨は機関投資家向け資産」という発言が多くあります。

今までの仮想通貨市場にいる投資家からすると、そんなことはない!と否定したくなりますが、資本主義社会では彼らの方が発言力はあり、世の中の動きは彼らの思惑通り進んでいくので、ステーブルコインの動向を見守っていましょう!

GMOのクラウドマイニングサービスが始動開始!!1口なんと5.5億円から!! (COIN OTAKU)

2018.02.14

資本主義のルールのもとに仮想通貨が適応する方向に!?

「仮想通貨」に関しては正面切って正しいことをどんなに理論的に説明しても懐疑的な目で見られている今は、それらの意味はほとんどありません。

金融機関が決めたことが資本主義社会では正となります。

では、どうすればよいのでしょうか?

仮想通貨は分裂(ハードフォーク)を繰り返します。
今まで通りのテクノロジー、コンテンツに重きを置いたユーティリティトークンは無くならないです。
しかし、この分野のトークンは金融商品ではなくなります。

そして、資本主義の中で活躍する仮想通貨市場が誕生していく見方が強いです。
これらは投資商品として既存のルールの中でチャートを形成していきます。

気をつけたいのは、資本主義市場の仮想通貨は今までとは異なる動きを見せる可能性が高いということです。

イベントで何かを発表することもなければ、勝手に関連ビジネスが誕生することもなくなります。
既存の法律が適応され、固いルールのもとに運営されることこそが世間に受け入れられやすいルートなのかもしれません。

しかしこれは悲観する必要は無く、このように未来予想をし、来たるべく変化に備えることが大事なのです。

テザー社のドルペッグ通貨USDTを再度おさらい!本当に大丈夫? (COIN OTAKU)

2018.11.05