JPモルガンが、支払いビジネスを変革!最初の銀行主導の暗号資産を展開

海外レポート

JPモルガンが、独自の「JPMコイン」を発行

米国の大手銀行であるJPモルガンが「JPMコイン」を発行しました。これは卸売決済事業の顧客間の取引を即時に決済するために使用されます。

暗号資産を使用して最初に送金されるのはごく一部の支払いに限られますが、このテスト送金は 米国の大手銀行による最初のデジタル通貨の使用を意味すること になります。
JPモルガンのジェイミー・ダイモンはビットコインを詐欺だとして批判しておりました。しかし、銀行頭取とその管理者は、一貫してブロックチェーンとそれに守られた暗号資産は通貨としての機能性を満たしていると述べています。

また、JPモルガンのブロックチェーン・プロジェクトの責任者であるUmar Farooq氏は、次のように述べています。

「ブロックチェーンのアプリケーションは率直に言って、無限の可能性を秘めていると考えています。あなたが、会社や機関を含む分散型台帳を持っているのなら、この技術は何でも応用することが可能です。」

このことからも、彼らがブロックチェーン技術について、高く評価していることがわかります。

投資家はビジネスチャンスになるのか?今後の参入国が増えることに期待

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

遂にJPモルガンが米国大手銀行初となる米ドルと価格がペッグしたステーブルコインを発行しました。これは暗号資産市場においてとても大きな進展です。
個人投資家がJPMコインを購入することはできませんが、 今まで暗号資産を保有してこなかった機関投資家が市場に参入するきっかけ となります。

日本でも、三菱UFJ銀行のMUFGコインやみずほフィナンシャルグループのJコインのように銀行のステーブルコインの発行は進んでおります。

法律でガチガチに固められた銀行業が暗号資産の市場に参入するという事は、その国での暗号資産の立ち位置が明確に定められたことを意味します。
そして、アメリカが参入したことは市場にとって良いお手本になるため同様の規制で今後多くの国が参入してくるでしょう。

投資家としては市場拡大のチャンスですが、暗号資産市場でビジネスをしている企業は暗号資産が既存金融市場へ取り込まれる可能性が高く、方向転換を求められるプロジェクトも出てくるかもしれません。

あなたの生活に欠かせない銀行ですが、あなたはその仕組を理解していますか?詳しくはこちら

 

参照

JP Morgan is rolling out the first US bank-backed cryptocurrency to transform payments business