ブロックチェーン事業、世界ランキングトップ10に「日本」がランクイン

国内レポート
伊藤健次
伊藤健次(@it0ken)です!

今回は、ブロックチェーン友好国について世界各国の立場を比較しながらレポートしていきます。

世界中を巻き込んだデジタル革命、その渦中にある「日本」の優位性とは

ブロックチェーンは、過去数年間でデジタル市場革命の最中にいます。
それはデジタル通貨革命の重要な位置を占めてきました。
技術の成長は、 スマートフォン、自動車、海運、そして銀行業界の小部門 など、さまざまな分野に影響を与えています。

この技術を意識していない国は世界にはありませんが、この革命については国によって意見が大きく異なります。
国の法域規制、政治的見解、税制など、ブロックチェーンのスタートアップがホスト国として決定する前に調べなければならないさまざまな要素があります。

これらの要素はスタートアップの成長に影響を与えるからです。

一部の国ではブロックチェーンのスタートアップが合法的に設立することを許可していますが、一部の国ではそのような始まりに気分が悪くなったり、確信を持てない国もあります。
そのような中でも世界を牽引するトップ10の国とはどこなのか以下で見ていきましょう。

【ランキングトップ10】

1:マルタ共和国
2:スイス
3:日本
4:シンガポール
5:ベラルーシ
6:エストニア
7:南アフリカ
8:デンマーク
9:アメリカ
10:UAE

マルタ共和国:、南ヨーロッパの共和制国家、EU加盟国でもあり、地中海中心部の小さな島国(人口は約40万人)ですが世界を牽引するほどのデジタル国家として成長の一途を辿っています。ブロックチェーンのスタートアップ企業にとって規制緩和を強化してきました。国はこの技術に非常に献身的であるので、国の首相を筆頭にその国が世界中でこの種のスタートアップにとって最良の場所になるであろうと断言しています。規制は主に投資家が国内でこの種のプロジェクトを開始しやすいような環境づくりに焦点が当てられています。

日本はBitcoinのような暗号通貨を法定通貨として承認した国の一つである。それはブロックチェーン事業者にとっての本拠地であり、国内のいくつかの店舗でさえユーザーからの支払いをビットコインを通貨として受け入れる機能を有している。

引用元:Top 10 Friendly Countries for Blockchain Startups

ブロックチェーンのスタートアップにはさまざまな規制がありますが、それらは親しみやすく受け入れやすいものであり、その国のスタートアップを見詰めるのは難しくありません。

日本政府協働による環境作りが今後の業界成長に寄与する

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

日本がランクインしています。
友好国と聞くと、「ほんとかな?」と疑問を思ってしまいますが、実際に暗号資産が合法であることが、世界各国で見渡すと友好国扱いの様です。

これは 日本政府がビジネスの自由を認めていることの証明 でもあります。
通常、政府不介入を推奨するような暗号資産のビジネスを国が許容しない方が理にかなっています。
今世の中の流れは「自由」「平等」に向けて動いており、政府が介入しすぎる問題もあり、管理する政府の立場からすると頭を抱える悩みの一つです。

あまりにも自由にしすぎる問題はすでに市場は体感していて後から湧いて出る「詐欺まがい」のビジネスを規制することができなくなってきているというのが現状です。
バランスは当然大事ですが、今の日本政府は暗号資産に寛容的になりすぎているかもしれないです。

しかし、実際には日本政府による規制が強く緩和を求めている節もあります。
民主主義と中央集権のバランスの限界が垣間見えます。

スタートアップ友好国である日本は、ダイレクトに国民からはそのように感じることは難しいですが、世界各国から日本へ進出するプロジェクトの多さからも体感できます。
これは投資家からすると、とても恵まれている環境にあると感じます。

日本国民にはこのチャンスを最大限に活かしてもらいたいです!!
(韓国の暗号資産ユーザーの盛り上がりは日本以上と言われています。韓国の税制方針についてはこちらをご覧ください!!)