【情報量日本一位】IOTA(アイオタ)を徹底調査!IoT時代への救世主となるのか??

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回はIOTA(アイオタ)の実態を徹底調査し、レポートいたします!今回は、ICO上場直後に価格が500倍になった「IOTA」についてご紹介します。 開発者のドミニク・シーナーは17歳の頃スイスで仮想通貨取引所の会社を設立したが失敗しました。 その後、ドイツで2015年に「IOTA」の開発に携わりました。
IOTA、専用のウォレットTrinityをリリース<2019年7月14日更新>

IOTAはモバイルとパソコンをプラットフォームとしたIOTAトークンのためのウォレットTrinityをリリースしたことを発表しました。

Trinityは初めはUniversity College Londonのコンピューターサイエンスのサマープロジェクトとして細々と始まってプロジェクトでしたが、最終的には160,000を超えるダウンロードが行われ大成功を納めました。

詳しくはこちらへ。

/su_spoiler]

IOTA、primorityとのパートナーシップを発表<2019年6月30日更新>

IOTAはデジタル食品安全管理会社であるprimorityとのパートナーシップを発表しました。

primorityは食品サプライチェーン上での食品安全の監視をし、食品工場を助ける事業を展開しています。

今回のパートナーシップにより、食品購入の際にどのようなアレルギー要素が入っているかなどを簡単に確認することのできるアプリの共同開発が行われます。

詳しくはこちらへ。

2019年3月21日、ペイメントアプリ「Zeux」にIOTAが加えらることを発表しました。

ZeuxはIOTA財団とチームを組み、Apple Payやサムスンペイに対応するようしていくとしています。

IOTA(アイオタ)の基本情報

案件名:IOTA(アイオタ、アイオータ)

シンボル:MIOTA

発行上限:27.8億枚

販売時期:2017年6月

ブロックチェーンのタイプ:PoW(Proof of Work)
しかし、一般的なPoWとは違いIOTAネットワーク参加者自身が承認を行うシステムになっています。

総発行枚数:27.8億(発行上限に達しているプロジェクト)

IOTA(アイオタ)の上場先一覧

IOTA(アイオタ)の公式サイト、SNS一覧

公式サイト

ホワイトペーパー

公式Discoad

公式Twitter

公式Telegram

公式Reddit

公式Medium

SNSコミュニティ規模:

Twitter:117,198
Discord:23,897
Reddit:111,522
Telegram:8,366

IOTA(アイオタ)の特徴

IOTA(アイオタ)の目的

IOTA(アイオタ)は、IoT(Internet of Things)間の決済通貨になることを目的にしています。

月々の光熱費や、乗り物の燃料代などの支払いを自動的に行ってくれます。

さらには、IOTA(アイオタ)はIoT利用者のデータを自動的に受け取ることができます。

補足説明

IoTとは、「Internet of Things」の略称で日本語で「モノのインターネット」と言います。 家電や自動車、電気・ガスなどの身の回りのもの同士がインターネットを通じて繋がることを指します。 そうすることで、遠隔操作ができたり、モノの状態を知ることができたり、情報を収集して解析することで新たな付加価値を生み出すことができます。

外からスマホで電気やエアコンをつけたりすることができる。

スマホで家の鍵を開け閉めすることができる。

駐車場の空き情報を知ることができる。

ハンドルもペダルもない自動運転車 など...

IOTA(アイオタ)が解決しようとしている課題

IoTが普及していく中でメリットがある反面、デメリットも出てきます。

現在、ネックとなっているのが「セキュリティ」と「コスト」です。

・セキュリティ

インターネットは誰でも簡単に繋がることができるので、悪意のある人もインターネットに繋がることができます。
もし、悪意のある人物がハッキングを行えば、自宅の鍵を開けることや意図的に自動運転車を事故を引き起こすことも可能になってしまいます。

・コスト

IoTに暗号通貨を導入しようと考える際に、送金手数料というコストがかかってしまうことがデメリットとしてあげられます。
銀行よりははるかに安い手数料ですが、取引量が増えていくと手数料の高騰化になってしまう可能性があります。

この「セキュリティ」と「コスト」の2つの課題が解消されることで、IoTの普及が加速することでしょう。

IOTA(アイオタ)のソリューション

そこで、IOTA(アイオタ)がIoTが抱える課題のソリューション(解決策)となるべく、2つの特徴があります。

Point💡

1. Tangle(DAG)

2. 強固なセキュリティー

 

1. Tangle(DAG)

Tangleとは、 ブロックチェーンではなく、DAGという類似技術 を採用しています。

ブロックチェーンは、一つのブロックに対して一つのブロックが連なっていく仕組みになっています。
取引承認は1ブロックごとしか行われないため、承認が終わるまでは次のブロックには進みません。
これにより、承認待ちのブロックがいくつもできてしまい、取引の優先順位を上げるために手数料が高くなってしまうことがあります。

DAGという技術は、 一つのブロックに対して複数のブロックが同時に連結する ことができます。

そのため、一つのブロックで承認に時間がかかったとしても他方のブロックで承認されれば取引成立となるので、取引が早くなります。
これにより、無制限の取引の処理が可能となり即座に送金ができます。

また、この技術が送金手数料無料を実現しています。
その理由は、ビットコインなどの仮想通貨で行われる マイナー(採掘者)に支払われるコストが不要 だからです。
IOTAは、すでに発行上限に達しているため新しいコインは発行されません。
そのため、取引を行う人が他の取引の承認を行うため、承認を行うだけのマイナーが存在しないので、彼らに支払うコストがなくなります。

 

2. 強固なセキュリティー

IoTの一番懸念点がセキュリティ面です。
IoTのデバイス間でのデータ送受信はハッキングリスクがありますが、Tangleを用いることでその懸念を払拭することができます。
IOTAが採用しているPoWは、ブロックチェーンの不正や改ざんから防ぐことを目的に作られています。
そのため、懸念されているセキュリティ面でも安心して使用することができます。

これらの「Tangle」、「送金手数料無料」、「強固なセキュリティ」という3つの特徴を生かすことで、IoT普及の手助けとなり、IOTA(アイオタ)の普及にもつながるでしょう。

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
IOTA(アイオタ)への質問お待ちしております!
 

デメリット

しかし、IOTAも100%良い暗号通貨!とは言えません。

ここでは、2つのデメリットを提示します。

・脆弱性

IOTAの独自技術であるTangleの歴史は浅く、まだ良い面しか映し出されていません。
開発途上であるため、脆弱性も指摘されています。
2017年7月に、MIT(マサチューセッツ工科大学)のNeha Narula氏などのチームが、IOTA独自のハッシュ関数「Curl」が差分解読法と呼ばれるテクニックに対して脆弱性があることを指摘しています。
このチームは、この手法を使い二重支払いの生成に成功しました。
IOTAチームは同年8月にプログラムの修正を行い、それ以降の問題は今の所発見されていません。

・コーディネーター

コーディネーターとは、利用者が承認した取引の検証を行い、有効と判断されれば取引が成立します。
しかし、コーディネーターの数が少ないために攻撃を受けてコーディネーターの検証作業がストップしてしまった場合、IOTAのサービス自体も停止してしまう事態になってしまいます。

IOTA(アイオタ)の類似プロジェクト

・IOT Chain

IOT Chainは中国のIOTAと言われています。
IOT Chainもまた、セキュリティとコスト面の課題を解決しようとしています。
このコインは、IoT製品のプラットフォームとなることを目指しています。

IOTA(アイオタ)の目指す世界

IOTAが目指している世界は大きく分けて5つあります。

Point💡

1. モビリティと自動車

2. グローバル貿易とサプライチェーン

3. 産業用IoT

4. eヘルス

5. スマートエネルギー

1. モビリティと自動車

IOTAは、アクセスしやすく、手頃な価格で持続可能な交通手段の将来における取引およびデータ共有の標準となるでしょう。

・自律走行車と電気モビリティ

新しい経済のための新しいツールの必要性は、自律走行車の将来とともに明らかです。自動車は、駐車料金、バッテリーの充電料金、通行料金、そして想像できる他のサービスに対して自律的に支払うことができます。これらのサービスの代金を支払うために、彼らは他方で例えばアイテムを配達することによってお金を稼ぐ必要があるでしょう。電気自動車と再生可能エネルギーが新しい標準になりつつあることで、P2Pエネルギー取引に参加することで自動車も稼ぐことができ、それによって再生可能エネルギーのシェアが急速に増加すると見ているエネルギーグリッドの安定化に役立ちます。

IOTAは、この方向への需要な一歩を踏み出しています。IOTA上で完全に動作する充電ステーションの概念実証は、充電ポイントとバックエンドソフトウェア間の通信用の主要プロトコルを開発した「ElaadNLファウンデーション」とすでに協力して開発されています。

・無線アップデート

IOTAは、デジタルコンテンツとデータを中心とした経済の創出に役立ちます。例えば、 どのバージョンのソフトウェアが車内で動作していたかを証明する無線アップデートを無線で行う など、自動車をより安全で信頼性の高いものにするテクノロジーの一部にもなります。 フォルクスワーゲンPoC IOTA v03(1)-1

2. グローバル貿易とサプライチェーン

DLT(Distributed Ledger Technology)は、消費者、生産者、運送業者、小売業者、公共機関の利益のために世界貿易の統合を加速することができます。

世界のサプライチェーンは非常に複雑で、世界中の複数の関係者が関わっています。しかし、管理、透明性、および監視の欠如が、世界貿易において最も重大な問題を引き起こす可能性があります。信頼できるデータは、サプライチェーンの完全な可視化と効果的な調整の可能性を実現するために必要になってきます。それは世界貿易を変え、今日の貿易障壁の多くを取り除きます。

・DLTがサプライチェーンに新たな信頼を提供

DLTは、 データに対する新しい共有信頼を確立し、単一バージョンの真実を提供する ように設計されています。DLTは、暗号化セキュリティを提供し、さまざまなユーザグループにアクセス権限を定義し、すべてのアクターが情報を信頼した上で、信頼できるアクターと共同作業するために必要な監査証跡を確立します。

・一緒に構築する

企業とIOTAは、将来のエコシステムを一緒に構築する必要があります。DLTを適用することの本質的な価値は、 すべての当事者にとって「共有財」を生み出す ことです。そのため、IOTAでは、テクノロジの適用をテストおよび確認するために、企業や公的機関と協力して取り組んでいます。重要なことは、生産用の技術を開発するのと並行して、すべてのセクターのアクターとの提携を構築し、これに従事することです。

3. 産業用IoT

IOTAは、自動車、石油&ガス、風力発電、鉱業などの業界にわたるデータ駆動型のインフラストラクチャと新しいビジネスモデルを可能にします。

産業用IoTは、製造工程で発生する大量のデータを利用して効率と収益性を高めます。この新しい機械経済は、消費者、製造業者、そして企業にとって、双方にとって好都合なものになるでしょう。IOTA分散元帳は、スケーラブルで軽量、そして無料の安全通信およびトランザクションプロトコルで構成されています。これにより、今日および将来のスマートファクトリーで必要とされるM2M(Machine to Machine)通信、支払い、および不変のデータストレージに理想的なソリューションとなります。

・データの完全性

IOTA対応のスマートファクトリでは、 テストチャンバーはすべてのコマンドを記録し、定期的なデータ記録でそれらを安全に保存する ように構成されています。その後、データをハッシュしてデータベースに記録することができます。ハッシュのみがTangleに格納され、安全で改ざん防止された監査証跡を作成します。

インダストリー4.0のユースケース:

  • M2Mマイクロペイメント
  • 予測保守によるコスト削減
  • MaaS / R(obots)aaSによる効率性とビジネスチャンスの向上
  • スマートサプライチェーン
  • Tangleに保存されているデータのBI分析による在庫削減
  • 不変で透明な記録管理によるb2b信頼の向上
  • データ監査に費やす時間と費用の削減

4. eヘルス

デジタルヘルスケアの進化を支えます。

・信頼とセキュリティの確保

データはヘルスケアの基本的な構成要素です。医療記録のデジタル化は、情報の共有、ケアの調整、および研究の面で大きな成果をもたらしました。医療機関のデータ量は大幅に増加しており、医療機関内外でますます多くの情報源がデータを作成しています。これらの記録を保護することは大きな問題です。

IOTA財団は、デジタル医療記録の次の進化は、悪意を持って変更することができない不変の記録と共に、データの整合性を取り戻すべきであると考えています。このデータは臨床医による経営判断を伝え、信頼できる意思決定支援システムの基礎を形成します。

・市民ファースト

医療データは、伝統的に異なる機関や単一の機関内にまとめられていました。これらは、データの共有と再利用を妨げ、提供できる医療の質を制限します。治療を受けるためには、個人が単一の事件について複数の提供者と相談する必要があるかもしれません。個人がプライマリケアクリニックから病院、専門家、そしてまたその逆に移行すると、記録はシームレスに共有されず、ケアの継続性が低下します。

IOTAは、新しい安全なオープンソースメッセージングプロトコルと一般的なヘルスケアの相互運用性標準を使用して、データを解放するためのイニシアチブをサポートしています。IOTAの研究者は、患者によって管理され、彼らの旅を通してそれらをフォローする、分散型で安全なデータストアという長期的なビジョンに向かって取り組んでいます。個人のデータアクセスが機関によって管理されるのではなく、 個人が管理し医療記録を共有する ことでより多くの利益を得られます。

・プロジェクト例

1.遠隔患者モニタリング

IOTAのMAMプロトコルは、最新のヘルスケア相互運用標準を使用して、Tangle上で健康センサーからのデータストリームを保護するのに役立ちます。

2.健康データ交換

IOTAのMAMプロトコルは、病院間での患者データの転送に活用されます。MAMは暗号化されたデータのストリームを可能にし、それは患者に関する詳細なデータまたは彼らの健康記録全体を送ることができます。

3.研究データの完全性

臨床研究はデータ収集の完全性に依存しています。IOTA元帳は、研究データの整合性の証明として機能します。IOTAのスケーラビリティと無駄のない構造により、非常にきめ細かい連続的な実世界データを作成時に記録できます。IOTAは、このアプローチが試験​​における実世界の証拠の収集への新しいアプローチをもたらすと期待しています。

5. スマートエネルギー

IOTAはエネルギー部門全体でスマートな変革を可能にします。

エネルギー業界からのユースケースの例を示します。

1.スマート充電と分散型エネルギーシステム

2017年以来、IOTAとオランダの大手グリッド会社のコンソーシアムであるElaadNLは、IOTAスマート充電ソリューションとプロトタイプ の開発に協力してきました。

スマート充電スタンド

IOTA充電器はすでに充電用に一般に公開されています。必要なハードウェアやソフトウェアが装備されていない車の場合でも、通常のIOTA財布アプリを使用して自分の携帯電話からIOTAトークンを直接充電器に送信することで、車を充電することができます。

2.スマートエネルギーコミュニティ

IOTAは、スマートエネルギーエコシステムのさまざまな部分に関与しています。スマート充電、スマートモビリティ、スマートビル、これらが一体となってスマートシティの重要な要素を形作っています。

上記のスマート充電器のプロトタイプは現在ElaadNLによってさらに開発されており、2018年にスマートエネルギーコミュニティの一部として実証される予定です。

完全にデジタル化することで、スマートエネルギーコミュニティは自給自足になります。これらの接続された経済的クラスターは、集中型インフラに依存することなく、そして展開されるのを待つことなく、内から成長することができます。

IOTA(アイオタ)の商品、サービス

・Trinity Wallet

Trinity Walletは、セキュリティがしっかりしており送金も早くIOTAを管理することができるほか、チャートを確認することもできます。
現在は、携帯からでもパソコンからでも使用することが可能になっています。

https://trinity.iota.org

・Qubicプロジェクト

Qubicとは、IOTAが最大限生かされるよう開発されたプラットフォームと言えるでしょう。

https://qubic.iota.org

IOTA(アイオタ)のロードマップ

リサーチ

・コーディサイド
Coo-less IOTAを実現するまでに起こりうる問題をリストアップし解決します。

・スパム防止と検出
IOTAチームは、FPGAsと非対称型PoWを扱う創造的な方法を探します。
目標は、スパムを隔離し残りのインターネットを守ることです。

・自動的に互いを検出
コミュニティからの意見や様々なエコシステムプロジェクトを考慮して、オートピアリングのセキュリティへの影響を詳しく調べています。

・経済的機会
現実的なゲーム理論モデルを利用して、IOTAインセンティブモデルを分析しています

・コンセンサスアルゴリズムのスペック
Tangleを使う目的は、アルゴリズムのパブリックピアレビューを可能にすることです。

・暗号化スペック
暗号化の文書の目的は、公開査読と監査の基礎を提供することです。

・攻撃分析
このプロジェクトはコーディサイドの取り組みに関連して、さまざまな種類の攻撃の数値的な分析を含みます。

エンジニアリング

・Hub
Hubは、IOTAの交換統合を単純化し、IOTAを数ヶ月ではなく数週間で一覧表示できるようにします。

・IRI
IRI(IOTA Reference Implementation)は、IOTAノードを実行するためのデファクトモデルです。
これは、コミュニティと財団のエンジニアがTangleを改善するために協力する場であり、IOTAのネットワークの目標です。

・Coo-free IRI
現状では、IRIはホワイトペーパーに記載されているようにTangleをサポートしていません。
代替のコンセンサスメカニズムをサポートするためには、のちに分散されたメカニズムに置き換えられるように、コンセンサスへのアプローチを抽象化する必要があります。
このプロジェクトは、コーディサイドとは別のものですが密接に関連しており、IOTAチームが問題の異なる部分に並行して取り組むことを可能にします。

・Qubic
Tangleでスマート契約、オラクル、およびアウトソーシングされた計算を有効にします。

・Trinity
以前に、オリジナルのIOTAウォレットが存在しましたが、ユーザー体験の観点から必ずしも最高ではありませんでした。
Trinityにより、IOTAはセキュリティ監査とともに最高品質のユーザー体験をもたらし、より多くの人々がIOTAを簡単かつ安全に使用できるようにします。

・Local Snapshots & Permanodes
Tangleが拡大するにつれて、小さいノードが追いつくことは不可能になるでしょう。
Local Snapshots & Permanodesを機能させることは、特定のユースケースで必要とされるように、永続的かつ選択的なストレージを許可するために必要です。

・C Client
IOTAはIoT向けに設計されているため、最終的には小型で低消費電力の組み込みデバイスをサポートする必要があります。
C言語は、これらの潜在的なアプリケーションの多くに使われるプログラミング言語です。

・MAM+
MAMは既に存在しますが、いくつかの重要な機能と文書が欠けています。
公開鍵暗号化を利用したMAMの正式な仕様と改良版は、ベラルーシ州立大学の応用情報問題研究所の専門家によって書かれています。

・Tanglescope
Tanglescopeのようなパフォーマンスと監視ツールは、研究者とエンジニア、そして興味がある第三者がTangleのネットワーク能力へのより深い洞察を得ることを可能にします。

・PoWBox
IOTA用に開発する際の困難の1つは、全てのトランザクションについて作業証明の結果を待つことです。
加えて、小型または低電力装置は、現実的な時間枠内で電力を供給することが出来ない可能性があります。
PoWBoxは、PoWをより強力なマシンにアウトソーシングする方法の例を提供し、IOTAプロトコルの柔軟性を実証します。

・iota.lib.jis
JavaScriptクライアントライブラリはIOTA開発に広く使用されており、他の言語のクライアントライブラリの参照ポイントとして機能します。

・Curl+
Cyber​​Cryptの専門家は、Curl-Pから学んだことを取り入れて、IOTAの特定の要件を理解し、特にIoT専用の、より安全で安全な軽量ハッシュ関数を設計します。

IOTA(アイオタ)の運営メンバー

 

David Sønstebø(デビッド・サンステバ)

CO-CHAIRMAN OF THE BOARD OF DIRECTORS & FOUNDER
「David Sønstebø」の画像検索結果
Dominik Schiener(ドミニク・シェイナー)
CO-CHAIRMAN OF THE BOARD OF DIRECTORS & FOUNDER

「Dominik Schiener」の画像検索結果


Sergey Ivancheglo(セルゲイ・イワンチェグロ)

MEMBER BOARD OF DIRECTORS & FOUNDER

「Sergey Ivancheglo」の画像検索結果

 

Serguei Popov(セルゲイ・ポポブ)

MEMBER BOARD OF DIRECTORS & FOUNDER
「Serguei Popov」の画像検索結果

 

Ralf Rottmann

MEMBER BOARD OF DIRECTORS
「Ralf Rottmann」の画像検索結果

 

IOTA Foundation(IOTA財団)

 

IOTA(アイオタ)の提携企業

マイクロソフト

「マイクロソフト」の画像検索結果

※マイクロソフトは正式なパートナーシップではないと反論しているものの、アイオタは過去にマイクロソフトと「非中央集権型アイデンティティ基金」の立ち上げや、MicrosoftのAzureスタックの開発を行ったりしているので、連携は昔からあります

サムスン

「サムスン」の画像検索結果

フォルクスワーゲン

「フォルクスワーゲン」の画像検索結果

富士通

「富士通」の画像検索結果

IOTA(アイオタ)のまとめ

今回は、IOTA(アイオタ)を紹介しました。

これから来るであろうIoT時代に先駆けて、ブロックチェーンを取り入れたプロジェクトです。

実用化もどんどん進んでいるため、期待できる暗号通貨と言えるでしょう。

コインオタク伊藤
IOTAはテクノロジーのプラットフォームであることから、なかなか目立ったプロモーションが難しく低評価のまま進んで期待経緯があります。最近では露出も増やしてきており、BtoBでビジネス利用を促進する動きが見れるので期待はされるでしょう。消費者がIOTAを使ってできることは限られる為、トークンホルダーはIOTAの値上がりを期待しますが、プロジェクトはテクノロジーの浸透を優先に考えるため、この認識の違いがストレスになる可能性はあります。トークン保有者はプロジェクトの成功をまずは応援しましょう!
ビットコイン高橋
分かりやすく言えば、IOTAは「Ok Google!」の裏で活躍する働きアリ。のある種、ブロックチェーンというプロトコルレイヤーの使い方を最も身近なものとリンクさせ、いち早く実用に繋げた最も最先端のプロジェクトだと言っても過言ではないと思う。現にいろんな企業が目を付けて提携とか進めて実用化の実証実験進めてるからね。 トークンの値段はさておき、IOTAはいち早く社会に溶け込んで無くてはならないものになるだろうね。

 

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
IOTA(アイオタ)への質問お待ちしております!