【情報量日本一位】Ravencoin(レイヴンコイン)を徹底調査!

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

2017年10月31日にアナウンスされ、2018年1月3日にマイニングが開始されました。

ここでポイントなのが、ICO、プレセール、エアドロップ、 プレマイニング、分配の段階を踏まずに上場した「異例の暗号資産」 です。

さらにビットコインのフォークベースのコインでもあります。 2019年4月26日、世界で最も急成長している暗号通貨取引所の1つである CoinAll(www.coinall.com)が上場を発表し、15日間無料のRVN取引 を提供しました。

先月、RVNはその価格の気象上昇のおかげで注目を集めましたが最新の情報では、急激な下降を見せています。

本文はヘッドラインニュースの後ですので、本文から入りたい人はスクロールしてくださいね。

Ravenvoin(レイヴンコイン)ヘッドラインニュース
【速報】Ravencoin(レイヴンコイン)の価格急降下

Ravencoin(CURRENCY:RVN)は、午後1時00分に終わる1日間に、米ドルに対して4.9%下落しました。 5月7日過去7日間で、Ravencoinは米ドルに対して6.7%下落しました。

1つのRavencoinコインは、TradeOgre、Bittrex、IDCMおよびCryptohubを含む取引所で、現在0.0463ドルまたは0.00000780 BTCで購入可能です。 Ravencoinの総時価総額は1億6,151万ドルで、過去24時間の取引で約1,025万ドル相当Ravencoin(レイヴンコイン)が取引されていました。

Ravencoin(レイヴンコイン)の特徴

BitcoinプロトコルのUTXOモデルの広範な開発とテストに基づいて、Ravencoin(レイヴンコイン)はBitcoinコードのフォーク上に構築されています。

 

Ravencoin(レイヴンコイン)の基本情報

案件名:Ravencoin(レイヴンコイン)

シンボル:Ravencoin(レイヴンコイン)

通貨記号:RVN

総発行枚数:210億円

Ravencoin(レイヴンコイン)の上場先一覧

2019年5月3日現在、Ravencoinを取り扱っている国内の取引所は 確認できません。

海外の取引所では購入可能です。 主に取引されている取引所は以下の通りです。

取引量ランキング

Binance(RVN/BTC)

Upbit(RVN/BTC)

DIgFinex(RVN/BTC)

Bittrex(RVN/BTC)

Bittrexのコインオタク記事はこちら

Coinall(RVN/BTC)

Binance(RVN/BMB)

Ravencoin(レイヴンコイン)の公式サイト、SNS一覧

公式サイト

(ホワイトペーパーの主な内容は、 「X16R ASIC耐性デザイン」というマイニング・アルゴリズム についての詳細です。)

ホワイトペーパー

公式Discoad

公式Twitter

公式GitHub

公式Telegram

公式Discord[Ravencoin Community]

公式Medium

公式Medium Tronblack

Revencoin WikiRevencoin Wiki

SNSコミュニティ規模:

公式Twitterフォロワー数:23,900 公式テレグラムメンバー数:11521

Ravencoin(レイヴンコイン)の特徴

Ravencoinは、(レイヴンコイン)は、トークンなどの資産を所有者から別のユーザーに転送するために最適化されたブロックチェーンおよびプラットフォームです。

Ravencoinは1つの特定の機能を効率的に処理するように設計されています。つまり、あるパーティから別のパーティへの資産の転送です。

Ravencoin(レイヴンコイン)の目的

Ravenプロトコルの目的の1つは、Bitcoinやその他のプロジェクトでの利用できるオープンソースコードに貢献できるよう、オープンソースコードブロックチェーンとコード作成において開発効果のあるユースケースの作成することで特定のユースケースに利便性を生み出すことです。

Bitcoinや他のプロジェクトで使用できるオープンソースコードに貢献しながら、コードを作成できるユースケース重視のブロックチェーンと開発効果を特定のユースケースに利点を提供することです。

現状の問題

世界経済が様々なブロックチェーンを使用している要素によって影響を受けていることで2つの可能性が予測できます。

問題

  1. 今後の資本市場の働き方も変わる可能性
  2. より多くの資産が取引可能になり、国境を越えた取引がますます摩擦のない状態になるにつれて、国境や管轄権の関連性が低下する可能性

 

人々がBitcoinを使って瞬時に大量の資産を動かすことができる時代には、世界の消費者はおそらく保有している有価証券や同様の資産に対して同じ効率性を求めるようになると言えます。

Ravencoin(レイヴンコイン)のソリューション

Ravencoinのソリューションは、資産に完全に対応したビットコインのようなシステムを作成することです。 資産を認識するシステムには、2つの大きな利点があります。

利点

  1. クライアントとRPCのコマンドが誤って資産を破壊されないように保護できること。
  2. 単一のネイティブクライアントが資産を発行、追跡、および転送できるようになります。 原資産にセキュリティを提供するために、ビットコインのようなシステムは、市場価値、強力な鉱業コミュニティ、および広範な流通でのみ機能します。

 

【資産】

ここで言う「資産」は、マイニングする必要なしにRavenプロトコルのユーザーが発行できるトークンのことを意味します。 Ravenプロトコルのユーザーはこれらのアセットを作成し、プロトコルとは無関係に目的と規則を決定します。

これらのアセットまたはトークンはRavencoinブロックチェーンに存在し、各アセット、コイン、またはトークンの作成者によって選択された名前、宗派、または目的に関係なく使用できます。

トークンは譲渡可能で、bitcoinや他の同様に機能する暗号通貨と同じように簡単に移動できます。 Ravencoinでは、アセットはごく限られた数量の一意のシンボルであり、Ravencoinの任意のアドレスに譲渡できます。 資産は、Open Assets、Mastercoin、Counterpartyなどの他のプラットフォームで、またEthereumのERC20トークンまたはERC223トークンとして利用可能です。

Ravenプロトコルで作成された資産には、いくつかの利点があります。それらは、使いやすく、ネイティブコインと緊密に統合され、公正なPOWマイニングと一元化された組織では実行されないオープンソースコードで保護されます。

RavencoinとBitcoinの違い

 BitcoinプロトコルのUTXOモデルの広範な開発とテストに基づいて、RavencoinはBitcoinコードのフォーク上に構築されています。 

X16Rアルゴリズムは、高価で非常に効率的な特定用途向け集積回路(ASIC)ハードウェアの導入によって引き起こされるBitcoinブロックチェーンで見られるマイニングの集中化を解決することを目的としています。

16種類のハッシングアルゴリズムの順序をランダム化することで、RavenはASICの開発を困難にし、ASICハードウェアと競合するという不利益なしに、誰でもRavenネットワークをマイニングすることができるようになります。

・50 BTCではなく5,000 RVNのブロック報酬。

・ブロック時間は10分ではなく1分

・2100万の代わりに210億の総コイン供給。

・より分散化されたマイニングを可能にする新しいマイニングアルゴリズム、X16R。

・資産発行

・振替の追加

・ユニークアセット、サブアセット、報酬、メッセージング、および投票の今後の追加。

Ravencoin(レイヴンコイン)の商品

Ravencoin Wallet

詳細はこちら

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Ravencoin(レイヴンコイン)への質問お待ちしております!
 

 

Ravencoin(レイヴンコイン)の将来性・まとめ

Ravencoin(レイヴンコイン)は、比較的歴史が浅い一方、マーケティングの効果が出て価格も上がりプロジェクトの名も世界で広がりを見せています。

一方で、公式サイトやSNSの更新は少なく、最新のチャートをみると大きく下落しているので、購入を考えられている方はぜひこちらの数値を確認しながら検討してください。

コインオタク伊藤
ブロックチェーンのマイニングに対して課題解決を図った新しいブロックチェーン概念。このようなプロジェクトの多くは「良いものを作る」という事にフォーカスしすぎており、実際にどこのだれがいつ実用するかが見えないことが多い。

マーケティングにも力を入れている様子でトークン価格が市場とは別に上昇傾向にある。このまま期待を煽るだけになるのか実用化を示すことができるかでプロジェクトの将来が決まる。

ビットコイン高橋
ひと昔前によく見かけた「○○を超える暗号資産!」シリーズのビットコインを超えるバージョンだね。

複数の取引所に上場してホルダーもそこそこ出て、さてこの期間でどう使われたんですか?という部分にフォーカスすべき。

どんなに素晴らしいものだとしても使われなければ無価値。彼らが言う自分たちの下位交換にあたるビットコインの方が断然使われているし、今後も生き残るのは明白。もし投資するとしたら、本当に実用される話題がちょこちょこ出てきてからでも遅くないと思うよ。

 

今あなたが持たれているRavencoin(レイヴンコイン)、またその他のICOトークンをどうすればいいのか。迷われている場合は必ずこちらもご確認ください!

↓↓

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Ravencoin(レイヴンコイン)への質問お待ちしております!