【情報量日本一位】LCXを徹底調査!LCXは金融機関を変えるプロジェクト?

あのICOは今!?

 

ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回はLCXの実態を徹底調査しレポートいたします!

本文はヘッドラインニュースの後ですので、本文から入りたい人はスクロールしてくださいね。

 

LCXの特徴

LCXは従来の銀行サービスと暗号通貨による銀行サービスを世界規模で組み合わせることで、「暗号市場」といままで使用されてきた「金融市場」のつなぎ目をなくします。また、LCXは透明性の高い取引を目指しており、現在の金融機関の不透明さを解決するプロジェクトと言えるでしょう。

 

LCXの基本情報

案件名:LCX

シンボル:LCX

通貨記号:LCX token

ブロックチェーンのタイプ:ERC20

総発行枚数:100,000,000LCX

TGE:2019年3月4日

トークンプライス:0.1USD

IEOディスカウント:40%

IEOトークンプライス:0.06USD

IEOハードキャプ:6 Million USD

IEO開始日:2019年9月9日

IEO終了日:2019年9月19日

上場日:2019年10月1日

参加不可の地域:Japan, North Korea, Chine,

LCXの上場先一覧

上場先 Liquid https://www.liquid.com/

LCXの公式サイト、SNS一覧

公式ホームページ

ホワイトペーパー

スマートコンタクト

公式facebook

公式Twitter

公式テレグラム

公式LinkedIn

公式Instagram

公式YouTube

公式email:hello@lcx.com

SNSコミュニティ規模

公式テレグラムメンバー数:6656
公式Twitterフォロワー数:5558
公式Instagramフォロワー数:3284

 

LCXの特徴

LCXの目的

LCXの目標は、 「暗号市場」といままで使用されてきた「金融市場」のつなぎ目をなくし、世界的に認められるブロックチェーンバンキングとなること です。

現状の問題

2008年のリーマンショックが原因で、現代の銀行の形態の欠陥が露見しました。それを踏まえて政府は、複雑なルールを設けましたが、それらは、どれも問題を根本的に解決できるようなものではありません。現在の金融システムは金融機関同士のつながりが脆く、監査が困難であり、いつでもシステムが崩壊しうる可能性を持っています。

この様な現状がある以上、新たなかたちの金融システムが求められていることは言うまでもありません。

LCXのソリューション

LCXは新しい銀行のカテゴリーを作り上げます。

POINT

・安全性を向上させるために透明性と報告のための新たな基準を導入します。

・クライアントエクスペリエンスを顧客を中心として提供する技術主導型。

・暗号資産に焦点を当てつつも従来の銀行サービスも完全に提供します。

 

LCXは2019年6月に LCX Terminal と呼ばれる暗号取引デスクを立ち上げました。
さらに LCX は、フィアットと暗号通貨のための取引銀行である LCX Banking 、暗号管理サ ービス  LCX Vault 、セキュリティートークンやその他の暗号資産 の交換所となる LCX Exchange 、様々なトークン化証券である LCX Assets の立ち上げを予定しています。

LCX は、暗号市場と従来の金融市場の間で資産のシームレスな移動を可能にしたいと考えています。
技術主導型のブロックチェーン銀行となる LCX は、暗号通貨とトークン化資産の成長から生まれる機会を最大限に活かすために、従来の市場と暗号市場のどちらの利用者も支援することに重点を置いています。

リヒテンシュタインのファドゥーツに本社を置く LCX は、2018 年 11 月に既にビジネス取引ライセンスを取得しています。そして、現在、リヒテンシュタイン金融市場局(FMA)にフルバンキングライセンスを申請しています。これにより、LCX は機関投資家および資格を持つプロの投資家に包括的な銀行サービスとライセンス付き暗号製品を提供できるようになります。

LCX ではグローバルな経済改革とファイナンシャル・インクルージョンを喚起するために、金融機関とプロの投資家に対してブロックチェーンが持つポテンシャルの理解を支援することによ り、暗号商品の採用を促進します。

LCX は世界経済フォーラムの2第4次産業革命センターの一員となり、中央銀行および金融業界 やその他の既存企業のイニシアチブをサポートしています。さらに、LCX は Blockchain Research Institute によってブロックチェーンパイオニアに指名されました。

 

他のICOにはない特徴

LCXは多くの暗号通貨とは異なり、資金調達をICOではなくIEOの方式を採用しています。

また、TGEも行っている点が特徴的です。

IEOとは

IEOは、開発途中の製品やサービスのプロジェクトに対して、トークンを発行することとでその製品やサービスに投資をしてもらい資金を集めるという方法です。

一方で、IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)とは、暗号資産取引所がブロックチェーンプロジェクトの発行するトークンを代行して先行販売するサービスのことです。

ICOとの違いとして、IEOは取引所が製品やサービスの信用性などを審査し、それをクリアしたものだけが資金調達を始めることが出来るため、 比較的に信用性が高い といえます。

また、ICOはトークンセールが終わった後、上場をするかどうか、そして、上場したとしてもメジャーで動きが活発な取引上に上場するかどうかが分からず、不安が残る場合が数多くありました。その一方で、IEOはトークンセールが終われば必ず上場することが約束されているため、 比較的に安心 しやすいといえます。企業側からすると広告にかける費用がICOと比べると安価で済むという点もメリットとして挙げることが出来るでしょう。

TGEとは

TGEとは(Token Generating Event)の略で、トークンを発行するイベント、つまりは、ICOとは異なった形で行われる資金調達のことです。

TGE案件はICOと比較すると、より 信用性が高い とされています。ICOは、そのプロジェクトが現実性のあるものか実行可能なものかといった判断をするのが難しくリスクが多いです。TGE案件は、そのプロジェクトを調査機関であるCTIA(CRYPTO TOKEN INVESTMENT ADVISORY)が審査し、基準をクリアしたものだけがTGEとして資金調達を行うことが可能となります。

 

LCXの哲学

LCX はリヒテンシュタイン暗号資産取引所の略語です。LCX は暗号取引所以上のものであり、
同時に従来の銀行以上のものです。短期的な成功を収めるだけでなく、長期的な成功を収めるために、今後 5、10、50 年の戦略とビジョンを作成します。

LCX は以下の原則を設けています。

原則

セキュリティ:LCX の基盤を守るために、最高のセキュリティ標準、プロセス、そして、テクノロジーを実装します。

透明性:財務の監視、報告、マネーロンダリング防止(AML)および顧客本人確認(KYC)規制の新たな基準を設けます。

バリュー:新たな形の金融業界のなかで価値を作りだしつつも、同時に顧客のニーズに重きを置くことによって、顧客の価値を創造します。

 

LCX の企業文化と企業価値は、顧客中心のアプローチの必要性、市場や技術の変化にスピーディーに適応する能力、優れたものを構築するという志を反映したものとなっています。

企業文化・企業概念

顧客重視:顧客を第一に考えます。

学ぶ:学ぶ事への好奇心を持ちます。

反映:反映された結果を提供します。

簡素化:簡素化された行動をします。

定説を壊す:常識を覆す事で伝説を作ります。

 

LCXの商品・サービス

LCXは、暗号通貨やフィアット通貨の金融エコシステムを作り上げ、新たなブロックチェーンバンキングの先導者になることを目指しています。それを達成するためには「LCX Bank」「LCX Terminal」「LCX Exchange」「LCX Assets 」「LCX Vault 」「LCX Protocol」の6つの要素が重要となってきます。

LCX Bank

 プライベートクリプトバンキングを提供すると同時に、コーポレートバンキングにもフォーカスした銀行としての資格を持ち合わせているブロックチェーンバンキングになることを目指しています。 

LCXは従来の銀行サービスと暗号通貨による銀行サービスを世界規模で組み合わせることで、今までにないような価値や柔軟性、トランザクション速度などを提供します。従来の通貨または暗号通貨での支払いを、好きな時間に、好きな場所ですることが可能になります。また、フィアットと暗号間での交換をすることも可能です。

LCX は、個人用または法人用の複数通貨アカウントを設けます。たった1つの銀行インターフェースで、暗号通貨口座とフィアット通貨口座を保有し管理する事が可能なのは、LCX のハイブリッドアプローチによるものです。

LCX のコアバンキングシステムは構成可能な API 対応エコシステムをサポートするクラウドネイティブソフトウェアです。LCX が銀行ではなくテック企業のように動作をします。このユニークなコアバンキングソリューションによりそのような事が実現可能となっています。

また、LCX はクラウドネイティブであるため、次のことが出来ます。

LCX Bank

アジャイル:数年ではなく数週間から数か月での実装。

フレキシブル:数日で製品や機能を変更して、最高の技術を活用します。

スケーラブル:成長し変化し続けるビジネスニーズを満たすことができます。

完全デジタル:API 駆動のアーキテクチャ、構成可能なクラウドネイティブソリューション。

革新的:高度に設定可能なため、カスタマイズする必要がなく、モジュラー環境を構築し、最善の外部モジュールを統合できます。

 

LCX Terminal

 LCX Terminalは暗号資産取引のためのデジタルデスクを提供し、暗号通貨取引所と提携して暗号資産取引のエクスペリエンスを共有し、以下の統合サポートを提供します。 

あらゆる暗号取引所との取引を1つのインターフェース内で行うことが出来きます。現時点では10の取引所と取引をすることが可能です。随時、新たな取引先が追加される予定です。こちらで登録できます。このプラットフォームでは、統合ゲートウェイとして、暗号資産取引をシンプルにしつつ強化するために一連のクロス交換ツールを導入しています。

LCX Terminal

統一されたインターフェース:マルチエクスチェンジ取引をひとつのインターフェースで行うことが出来ます。

・パフォーマンスの確認:リアルタイムに利益や損失を確認することが出来ます。

・ポートフォリオ管理:統合されたポートフォリオ追跡と投資分析。

・自動取引ツール:取引所間裁定ボット、機械学習によりカスタム取引ボットが出来るようになりました。

・ストラテジーマーケット:取引アルゴリズムの市場、ポートフォリオマッチング。

・暗号資産データフィード:カスタマイズ可能な価格統計。

 

LCX Terminal は高度なシミュレーションモデルを統合しているため、既に存在している暗号通貨取引所からの過去の価格データに対する取引戦略のバックテストを簡単に行う事が出来ます。バックテストに成功したモデルは、ストラテジーマーケットにおいて収益とすることが出来ます。

 

LCX Exchange

 暗号資産とセキュリティートークン取引を行うための取引所と市場を設けることを目標としています。 

LCXはリヒテンシュタインプロトコルを利用することで、機関投資家の厳格な要件である保管・コンプライアンス・安全性・透明性・監査可能をクリアしたものを提供します。LCX Exchange は、高性能のマッチングエンジンと安全なバックエンドを備えたスケーラブルなインフラストラクチャ上に設計されます。

LCX のプラットフォームは、プロの投資家の求めるものを提供しつつも世界クラスのセキュリティとサービス品質を保っています。LCX管理ソリューションや分析ツールなどのあらゆるレポート機能が取り入れられています。LCX Exchangeでは、初めにあらゆる暗号資産をリストした後、セキュリティートークンを上場します。また、このセキュリティートークンの上場は国際金融市場のルールにのっとっており、最終認証がされてから開始されます。現在、取引インターフェースの言語は英語対応のみですが、今後、ドイツ語や中国語などの多言語にも対応していく予定です。

LCX Exchange はいくつかの段階で構成されています。最初にさまざまな暗号資産をリストし、その後セキュリティトークンを上場します。国際金融市場の規制にクリアしてはじめてセキュリティトークンの上場が開始されます。

 

ポートフォリオ管理

LCX のレポートメカニズムは以下を統合します。

計算ツール – 取引ごとの損益、期間、デジタル資産の種類と量

ポートフォリオ視覚化:デジタル資産、時価総額、残高、実現および未実現の利益/損失

自動化された税務:税務書類を自動的に作成する、すべての取引の詳細なログ

キャピタルゲインレポート:会計士および税務署向けに準備された形式

監査レポート:独自の監査ニーズを要求する可能性のある機関顧客向け

レポートのエクスポート:すべてのレポートデータの CSV および PDF のダウンロード

 

これらの高度なレポートシステムにより、大量のユーザーデータを作成することが出来ます。LCX は、いくつかのデータレイヤーに転送暗号方式を実装することで、すべての機密ユーザーデータが銀行レベルの暗号化で保持されるため安全性を保つことが可能です。

 

LCX Assets

 LCX Assetsは数多くのトークン化金融資産の発行し、セキュリティートークンの提供を行いつつ、同時にフィアット資産と暗号資産の資産管理を行います。 

LCXはセキュリティートークンの提供をリードし、複数の金融資産をトークン化して発行するすることが可能です。

LCXは、現在の金融商品が抱えている問題を解決するために、歴史のある銀行や監査パートナーと提携し、独自の暗号資産バッキング方式と安全面において非常に優れており透明性も兼ね備えている運用プロセスを開発しています。

LCX Vault

 機関グレードのカストディアン(投資家に代わって、株式や債券などの有価証券の保管・管理を行う金融機関のこと)サービスを提供します。 

LCX Vault は、システムにシームレスにインストールされ、専用の高度に保護されたコールドウォレットを他のテクノロジーソリュー ションと組み合わせて使用します。

LCXは大手暗号管理会社のLedgerと連携しています。LCX は既に存在しているカストディアンソリューションを使用しており、LCX のクライアントにもシステムを実装します。Ledgerは暗号資産を保存している、安全性が非常に高いハードウェア会社なので、提携することで機関グレードのカストディアンソリューションが実装可能となります。

LCX Vaultは、顧客にエンドツーエンドのセキュリティソリューションと運用サービスを提供する一方で、クライアントが常にセキュリティをコントロール出来るようにします。
LCX の高度な暗号ウォレットは、認められたハードウェアセキュリティモジュール(HSM)テクノロジーに基づいており、ハードウェアセキュリティモジュールは、シークレットキーを保護し、マルチ認証プロセスを管理します。

LCX Vaultは、機関投資家をデジタル資産取引のオペレーショナルリスクから保護し、資産 管理者とカストディアンがセキュリティを損なうことなくこの新しいクラスの資産を便利に取引できるようにします。
LCX Vault は、デジタル資産の取引と保管に固有の運用に伴うリスクを完全になくします。

LCX Vault

• マルチ署名機能、カスタマイズ可能な権限を持つ定義された役割

• 設定可能なデジタル資産ウォレットのアクセス制御リスト

• トランザクション用にカスタマイズされた多段階認証

• レート制限、マルチ署名、タイムロック制御

• 緊急復旧手順

 

厳密な役割ベースおよび属性ベースのアクセス制御ルールに基づいて、LCX Vaultへのアクセスは行われます。

 

LCX Protocol

 分散型コンプライアンスプロトコルを開発し、ブロックチェーンによるセキュリティートークンのやり取りや発行の方式を標準化しています。 

大手ブロックチェーン企業との共同ワークや社内のみなど、それらは市場の変化に対応して開発されています。

リヒテンシュタインプロトコルは、LCXによって設けられている基準であり、ブロックチェーン法に沿ってセキュリティートークンを転送するメカニズムを意義付けています。ここではブロックチェーンで認められた専用のトークンを発行して、取引を承認するためにオンチ ェーン LCX レギュレーターサービスを確認することが求められます。

LCX レギュレーターサービスは「関連する証券規制」「顧客本人確認(KYC)ポリシー」「マネーロンダリング防止(AML) 要件」「税法」などのあらゆる要件を満たすように構成することが可能です。リヒテンシュタインプロトコルにより、セキュ リティトークンが法に準拠し、今後より多くのプラットフォームでの取引が可能となります。「リヒテンシュタインプロトコル」は、二次転送コンプライアンスの要求にも対応しています。

LCX は世界の 証券市場の変革を目指しています。そのために、私募証券や暗号資産を含むあらゆる資産のトークン化を強化することが重要となってくるでしょう。

 

LCXのインフラストラクチャーの関わり合い

LCXのインフラストラクチャーはどのように関わりあっているのでしょうか。
現在、LCXは完全なライセンスバンクになる途中です。LCXは、従来の金融市場と暗号資産の間で資産のシームレスな移動を実現したいと考えています。

  • ブロックチェーンバンキング
    LCXは企業や個人向けの取引銀行業務を提供し、ブロックチェーン産業向けの企業銀行業務に注力します。
  • クリプト・ファイナンス
    LCXは、複数通貨のアカウントを設定します。そして、1つのシンプルなバンキングインターフェイス上で、暗号通貨およびフィアットの通貨アカウントを保持および管理できるようにします。
  • ブロックチェーンインテリジェンス
    LCXは、暗号通貨による決済の効率性と、従来のフィアット通貨の口座を受け入れることを組み合わせます。

Liechtenstein Blockchain Lows

Liechtenstein’s ブロックチェーン法

  • Banking&finance
    銀行業務の専門性においてAAA評価を受けた世界最高の財務分野の1つです。
  • 市場アクセス
    欧州経済地域(EEA)およびスイスへの直接市場アクセス
  • トークン化
    セキュリティトークン提供(STO)および資産のトークン化に関する法的明確性
  • ライセンス化された Exchange
    トークンエコノミーの登録・免許 – デジタル資産の売買
  • セキュリティ フレームワーク
    暗号資産の保管・発行・管理に関する規制
  • 全体的なアプローチ
    リヒテンシュタイン·ブロックチェーン法は,他国のブロックチェーン法よりもはるかに進歩しています。

 

投資者への支援

LCXは、高度な取引の経験を提供することで、暗号資産投資者の成功を支援します。

  • 複数交換の管理
    1 つの交換所から別の交換所へ移行するのではなく、1 つのユーザインターフェイス上で取引することが出来ます。
  • 市場データ
    暗号市場の比較,裁定取引の機会の発見,または監視リストの追跡
  • ダッシュボード
    デジタル資産ポートフォリオ全体をリアルタイムで把握でき、パフォーマンスチャートを参照できます。
  • 資産·注文管理
    残高や取引の履歴、未公開注文などをどのアカウントからでも確認できます。
  • 直感的な取引インターフェイス
    カスタマーのExchangeアカウントに対して、即時かつリアルタイムの注文を直接実行できます。
  • プロフェッショナルチャート&トレードビュー
    統合された技術分析および描画ツールを使用して資産を調査および分析します。

 

暗号資産LCX

Lescovexという暗号資産の略称として「LCX」が使用されていますが、本記事のLCXとは別物となっています。取引の際や、検索を行う際などにはロゴなどに注目し間違えないようお気を付けください。

左:本記事のLCX 右:Lescovex

 

LCXのロードマップ

2013年、モンティ・C.M.メッツガ-が「Mapping the Bitcoin Landscape」を発表しました。はじめモンティと彼のチームは暗号資産に投資しようとしましたが、当時は、暗号資産の規制や基盤が確立されておらず、その問題を解決するためにLCXが誕生しました。現在、LCXは持続可能な事業買収を行い、世界的な成長を遂げています。

2025年:数十億の資産管理(AuM)資産の内
70%が暗号資産であり、30%がフィアット資産であることを予測しています。

2024年:デジタルエクセレンスによる成長

2023年:決済バンキングによる成長
LCX Crypto FX &暗号コルレスバンキング

2022年:トークン化による成長
LCX Assets-セキュリティートークンの新しい資産クラスの確率
LCX Exchange-実質的なセキュリティートークン交換ボリューム

2021年:ブロックチェーンバンキング
ブロックチェーン企業および暗号資産基金向けコーポレートバンキング
LCX Vault-ライセンスされた暗号資産カストディアン

2020年:フルバンクライセンス-ブロックチェーンバンキングフレームワーク
トランザクションバンキングとベータ版セキュリティートークン取引所の開始
LCXのアジャイルクラウドコアバンキングシステム立ち上げ-暗号とフィアットの融合
規制レポート、KYCおよびAML用のAIベースツールの導入

2019年:2019年6月に暗号資産フレームワークであるLCX Terminalの立ち上げ

2018年:LCX AG 設立
シード資金、技術開発

2017年:LCXビジョン
初期パートナーシップ、事業計画、チームビルディング

 

LCXの運営メンバー

運営メンバー

Monty C. M. Metzger
FOUNDER & Executive Chairman
長年インターネットに携わってきたため、今後のデジタルを発展させるという点で期待をされている。

Amanjot Malhotra
Director Product Development

LCXアドバイザー

  • ドン・タプスコット
    ブロックチェーンの第一人者、ザ・タプスコット・グループCEO、カナダ勲章のメンバー、2番目に影響力のある経営思想家、Thinkers50における世界一のデジタル思想家、ロットマン経営大学院副教授、オンタリオ州トレント大学学長
  • ジミー・ウェールズ
    オンライン非利益百科事典Wikipedia創設者、インターネットおよびテクノロジー起業
  • 張首晟(チャン・ショウチェン)
    博士、スタンフォード大学教授(物理学科、応用物理学科、電気工学科)、DHVC創立会長、アメリカ科学アカデミーの学者、中国科学アカデミーの外国人学者、清華大学高等研究所の教授
  • ミコ・マツムラ
    暗号の先駆者、Evercoin創設者、暗号基金通貨であるBitBull Capitalのベンチャーパートナー、FileCoin,Brave,CIVIC,Propy,Polymathのトークンホルダー、Lyftの投資家
  • ヤット・シウ
    香港を拠点とするテクノロジー起業家であり投資家、クラウドやスマートフォンソフトウェアを扱うデジタルサービスおよびソリューション企業であるOutblazeの創立者・CEO

 

パートナーシップ

  • 世界経済フォーラム
    世界経済フォーラムとは官民協力を目的としている国際機関です。ここでは世界的なリーダー(政治界やビジネス界など)と共に討論を行います。
  • Ledger
    Ledgerは2014年に立ち上げられた、暗号通貨やブロックチェーンアプリケーション向けセキュリティ及びインフラストラクチャーソリューションのリーダーです。各個人や企業を対象として、暗号資産のセキュリティを向上させるための製品やサービスを提供しています。
  • Blockchain Research Institute
    BRIは世界規模の独立シンクタンクです。政府やビジネスにおいてストラテジックな機会を探し出しています。
  • グローバルデジタルファイナンス(GDF)
    GDFは市場参加者、政策立案者、規制当局との共有エンゲージメントフォーラムです。暗号資産とデジタルファイナンス技術の最も優れた方式の採用を促進しています。

 

最新情報

2019年:2019年6月に暗号資産フレームワークであるLCX Terminalの立ち上げ

2018年:LCX AG 設立シード資金、技術開発、ビジネスライセンスを取得

2017年:LCXビジョン初期パートナーシップ、事業計画、チームビルディング

 

LCXまとめ

LCXの目指している銀行の形態が実現すれば、現代の銀行が抱えている欠点や問題点を解決することが可能となります。しかし、それはあくまでも理想の話であり実際に実現できるかはわかりません。

LCXが行おうとしているプロジェクトは、実現可能なものなのかどうかをしっかりと判断していく必要があります。

LCXは、ICOやTGEを行っているので、取引所の審査基準をクリアしており上場先も決定しているという点が、ほかのプロジェクトと比較した際に信憑性が高く安心できるプロジェクトだといえるのではないでしょうか。

 

コインオタク伊藤
既存の金融機関の取引は不透明な課題を抱えております。ブロックチェーン技術の特徴の一つに透明性が高い取引というのがありそれがこの金融市場の長年の課題を解決するのではないか?と着目されております。LCXはまさに金融機関を変えるプロジェクトと言えるでしょう。しかし、これはあくまで理想論です。なぜ金融機関の取引が不透明化と言えば大口顧客には特別なサービスを提供しているからです。これは当然であり金融機関はビジネスで運営しており売り上げの高い顧客に差別化を図ります。結果取引はどんどん不透明になります。この課題は取引を透明性にすれば解決をするというものではありません。言うは簡単ですが理想を現実にすることはとても難しいのです。もちろん挑戦は素晴らしい事ですので、この歪な金融市場をどこまで正しくすることができるのか期待をしております!

 

ビットコイン高橋
「アドバイザーに有名な人がいるから成功する」という時代は終わり、より現実のサービスに融合できるかが肝となった時代では、彼らのモデルであれば実力のある金融出身者がどれだけメンバーにいるかとかどれだけ顧客を持っている企業とパートナーシップが結べるかがカギとなるんだ。 て意味で言えば、現時点ではコンテンツが出来上がっていない以上アイディアに投資するレベルの感覚で投げられるお金以外は入れない方が吉。TGEもIEOも、結局カッコ良く言っているけどICOと同じ。 企業の価値は審査基準をクリアしたかどうかではなくて、利益をどれだけ作れて、ユーザーをどれだけ確保できるか。なんだよね。

 

 

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
LCXへの質問お待ちしております!