【情報量日本一位】Klaytn(クレイトン)を徹底調査!

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回はKlaytn(クレイトン)の実態を徹底調査しレポートしたします!

Klaytn(クレイトン)は「カカオトーク」を運営するKakaoの子会社であるGraund Xが親会社となっており、2019年6月27日にメインネットをローンチしたばかりのプロジェクトです。

本文はヘッドラインニュースの後ですので、本文から入りたい人はスクロールしてくださいね。

Klaytn(クレイトン)ヘッドラインニュース
【速報】Klaytn(クレイトン)KlaytnPhoneを発表

Klaytnはサムソンギャラクシーノート10と共同で作成したKlaytnPhoneを発表しました。

KlaytnPhoneはデジタルウォレットが搭載されているなど、All-in-oneのブロックチェーンスマートフォンとなっています。

詳しくはこちらへ。

【速報】シンハン銀行がKlaytn(クレイトン)コミュニティに参加

この度シンハン銀行は顧客のより良いセキュリティを提供するためにKlaytn(クレイトン)コミュニティに参加することを発表しました。今後はセキュリティ強化のためにプライベートキーマネジメントシステムを銀行システムに導入する予定です。

Klaytn(クレイトン)の基本情報

案件名:Klaytn

シンボル:KLAY

発行上限: 80,000,000 KLAY

総発行枚数:100億

ブロックチェーンのタイプ:パブリックとプライベートのハイブリット

時価総額ランキング:

Klaytn(クレイトン)の公式サイト、SNS一覧

Klaytn(クレイトン)の特徴

Klaytn(クレイトン)の目的

Klaytn(クレイトン)はユーザーに優しいブロックチェーン取引を数百万人にもたらす、エンタープライズグレードのサービス中心のプラットフォームを目指しており、ユーザーの貢献とデータをデジタル資産に変えるプラットチェーンです。

加えてユニバーサルブロックチェーンのため、デジタル資産に関係していない場合でもブロックチェーンの特性が可能なアプリケーションを利用しサポートすることができます。

現状の問題

現在のブロックチェーンは知識のないエンドユーザーが使いにくいという課題があります。それはブロックチェーン自体の仕組みが複雑でが使いにくいためです。

ブロックチェーンが大きく分けてパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの2タイプに分かれますが、それぞれに短所、長所があります。

パブリックチェーン

メリット

・中央集権的な管理者が存在しないため民主的

・改ざんが不可能なため、信頼性が高い

・分散的に処理されるため、ぜろダウンタイムである

デメリット

・取引承認に時間がかかり手数料が高額になる

・大量の電力だ必要である

・参加者が皆データベースを閲覧することが可能なため、個人情報保護に問題あり

 

プライベートチェーン

メリット

・承認に時間がかからず、手数料が低い

・参加者が限定されているため、個人情報の安全性が高い

・インセンティブが不要

デメリット

・管理者が限定されているためデータ改ざんなどのリスクがある

・管理者が集中している耐え、システム負担が大きい

 

さらに、ブロックチェーンはまだまだ認知度が低いためサポーターやブロックチェーンを利用した仕組みやアプリケーション等の一般利用が普及していないという問題点もあります。つまり、ブロックチェーンに興味があってもデジタル資産を持っていないとブロックチェーンの仕組みを利用できないということです。

Klaytn(クレイトン)のソリューション

エンドユーザーはブロックチェーンの専門知識がなくてもサービスをフルに活用することができる環境の提供を行なっています。

さらに誰もが簡単に分散型アプリケーション(Dapp)の開発を行うことができるチュートリアルとツールキットの提供も行っており、複数のサポーターが存在するため様々な場面やアプリケーションで利用が可能です。

誰もがブロックチェーン技術を気軽かつ気づかず利用できるよう、Klaytn(クレイトン)は企業にブロックチェーンアプリケーション(BApps)を提供することに力を入れているます。

そして、上記のパブリックチェーンとプライベートチェーン、それぞれの長所を兼ね備えたコンソーシアム型ブロックチェーンです。

親会社:カカオトークの子会社であるGroundXが開発

新たに設立された子会社Ground Xはブロックチェーンに特化しており、アジアにおける技術的リーダーになることを目指してブロックチェーン技術の向上を探求しています。

そのためにブロックチェーンプラットフォームを公開し、研究開発と投資を活用してさらなる成長を図り 、親会社であるカカオトークの既存サービスと組み合わせて次世代のブロックチェーンベースのサービスを提供する 方法を模索しています。

さらにKlaytn(クレイトン)の親会社が世界的に有名なカカオトークの子会社であることにより安定した経営とそれによる安定した資金供給が望めます。

他のICOにはない特徴

PoC

クリアな評価メカニズムを使い、経済活動の貢献度を評価、保証することでユーザーの参加を促進しています。

2019年6月27日〜2019年12月31日の期間中に登録し料金支払い確定済利用者に500KLAY配布することを発表しています。サービスプロバイダーには最大80,000,00KLAYが配布される予定です。

さらに、評価メカニズムによる判断で貢献度に基づき毎週水曜日にKLAYを配布する予定です。

設計時のターゲットはすべての参加者であるが、現在はサービスプロバイダーとエンドユーザーに焦点を絞ることでより高質のサービスを展開しようとしています。

BApps

Klaytn(クレイトン)はDApp(decentralized App/分散型アプリ)の代わりにBApp(Blockchain App/ブロックチェーンアプリ)という言葉を利用します。

ブロックチェーンは分散型以外にも透明生、トレーサビリティ、匿名性など様々な利点があり、そのその特性や利点を活かした活動をするアプリケーションを表すうえでBAppsが適切だと判断しこのように名付けられました。

豊富なサービスパートナー

Klaytn(クレイトン)には以下の3種類のパートナーに分かれています。

パートナー

・エコシステムパートナー

・イニシアルサービスパートナー

・KLAY BAppパートナー

 

エコシステムパートナー

Crescendo Equilty Partners

Hashed

IDG Capital

Kakao Investment

Slow Ventures

Tembuse Partners

TransLink Capital

Anchor Equity Partners

CollinStar Capital

Leger Capital

Widus Partners

OSL

イニシアルサービスパートナー

Wemade Tree

Cosmochain

Hint Chain

VETTA

Sportsplex

Humanscape

Piction Network

Airbloc Protocol

KLAY BAppパートナー

Klaytn Knights

Princess Maker

Marvel Clans

Crypto Sword & Magic

Axie Infinity

Crypto Fishing

Hon

Infinity Star

このようにKaytnは多くのパートナーに支えられているプロジェクトだということが伺えます。

BLASQ(知能共有コミュニティ)

ユーザーがブロックチェーンの知識を共有するための共同作業コミュニティとなっており、他のユーザーに質問したり、それらの質問に回答することができるようになっています。

これによりklaytn(クレイトン)の本来の目的であるブロックチェーンの知識のないユーザーをサポートすることができます。

また、より多くの参加者を確保でき、なおかつ参加者の継続的なブロックチェーンの利用が望めるまた「BLASQ」で質問に回答したユーザーには報酬として「KLAY」トークンが付与されます。

Klaytn(クレイトン)ガバナンスカウンセル

これは簡単に言うと企業連盟の役割を果たします。Klaytn(クレイトン) ガバナンスカウンセルに参加している企業はビジネス的、技術的な課題に対する意思決定者としてコンセンサス・ノード・ネットワークの運営の責任者となることが可能です。

このガバナンスカウンセルには日本のソーシャルゲーム開発企業のgumiも参加しており、CEOである国光宏尚氏はtwitterで 「面白い存在になるのではと期待しています」 と語っています。

引用:国光宏尚氏twitter

そのほかにも下の図のように多くの企業が参加しています。

Klaytn(クレイトン)のガバナンスカウンセルに参加すると以下の利点があります。

利点

・成長の共有

・ユーザーとサービス

・市場の拡大

 

・成長の共有

Klaytn(クレイトン)は長期的なプラットフォームの開発、構築、成長のための協力者がKlyaytnガバナンスを実行するに必要な要素であると考えており、Klaytn Governance CouncilはKlaytnの長期的な成長を生み出す統治機関です。

 

・ユーザーとサービス

Klaytn(クレイトン)のプラットフォームの元、カウンセルメンバーはKlaytn(クレイトン)上で運用可能なバライティー豊かなブロックチェーンサーブス開発を行い、さらなるユーザー取得のためにブロックチェーンサービス経験をより多くの人々に知ってもらいます。

 

・市場の拡大

カウンセルマンバーはアジアのもっとも大きな複合企業の金目となるビジネスであり、Klaytn Governance Councilへの参加はKlaytn(クレイトン)のテクノロジーとネットワークの実行拡大の大きな影響を与えます。

Klaytn(クレイトン)の商品・サービス

KLAYトークン

Klaytn(クレイトン)(クレイトン)は独自トークンとしてKLAYトークンを発行しています。

上場日程は決まっていませんが、取引の媒体などとして取引手数料の支払いやKLAYステーキングに使用することが可能です。

また、今後はGround Xの親会社であるKakaoが提供するサービスカカオトークでも通貨として運用出来るよう開発を続けているということです。

Klaytn Wallet

Klaytn Walletでは、KLAYとKLAY互換のトークンのバランスを確認でき、他の人と一緒にKLAYを転送することも可能です。

Klaytn IDE

Klaytn IDEを使用すると、Solidityコードをブラウザ内でもローカルでも編集でき、高度なDeveloper experienceを使用したスマートコントラクトの迅速なテストと発展もサポートしています。

Klaytnscope

Klaytnscopeを使用すると、Klaytn(クレイトン)のネットワーク状態と統計情報、およびKlaytn(クレイトン)上のブロックとトランザクションのプロファイリングを監視して、データを検索が可能です。

Klaytnのロードマップ

2019年:インフラの構築

基礎部分への集中(Klaytn&Tookits)

・Klaytn(クレイトン)の一番重要なミッションは直感的に開発された環境と友好的なエンドユーザー体験を提供すること

・Kkaytnを構築するそれぞれの要素はブロック同期化、ストレージレイヤーの改善なのどステイラビリティの改善などに使われる。コンセンサスアルゴリズムのリサーチ、マルチVMそして暗号は長期的開発にとして利用される。Klaytn(クレイトン)のパフォーマンスを最大化し、プライバシーデータを安全に保護するため、サービスチェーンはBAppパートナーのオプションとなる。

・ツールキットはBAppの上場や整ったチュートリアルやドキュメントなどが備わったデータ分析ツールを含むBAppsを効率よく構築するためのものである。 BAppsキラーの発見

・30を超えるサブスクパートナーと共にKlaytn(クレイトン)エコシステムはゲーム、エンターテイメント、ヘルスケア、財務など様々な業界を抱えている。Klaytn(クレイトン)のBAppsは今後多くのユーザーによる採用により大きな成功を抑えると信じている

2020年:ユーザーの発達

データー運用したKlaytn(クレイトン)のスケラビリティと互換性のアップグレード

・Klaytn(クレイトン)はローンチ以来拡張性、安定性、互換性という3つの課題に直目しアップグレードを行なっていく。今後の方向性はユーザーからの要望とBAppsからの抽出したデータによって変わっていく。ブロックアーカイブ、分散型ストーレジ、モバイルSDKなどが今後開発していくアイテムとしてあげられる。 BAppsを通しユーザーベースの拡張

・コミュニティの構築やPoCの受け入れ、Klaytn(クレイトン)改善予約(Klaytn Inprovement Reserve/KIR)などのBApps提供者の活動はユーザーの基盤を拡大するために行われる。

2021年:Klaytn ワールド

Klaytn(クレイトン)のパフォーマンス、セキュリティ、生産性は従来のインターンネットと同等のレベルで主流に

・Klaytn(クレイトン)はブロックチェーン利用をより簡単にするために3つの課題に取り組んでいます。Klaytn(クレイトン)ユーザーは自分がブロックチェーンを地用していることに気づかずにサーブスの利用をすることができるでしょう。また、インターチェーンは異なる種類のプラットフォーム間でのスムースなブロックチェーン体験を提供するでしょう

Klaytn(クレイトン)の運営メンバー

Jaesun Han/CEO

彼はブロックチェーンを熱狂的に愛しており、真面目な起業家。

DHTなどのP2Pのアルゴリズムなどを研究し、の2005年にKAISTにあるEECSでが博士号を取得した。

2007年にはビッグデータとクラウドコンピューターテクノロジーの企業であるNexRを韓国で立ち上げた。それをはじめとし、彼は数多くのスタートアップ企業に投資を行なっており、テクニカルに関するアドバイスなどもそのスタートアップ企業にしている。

Sangeon Bae/プロダクトマネジメント長

Sangeonは、業界をリードする企業からさまざまなソフトウェア開発およびプロジェクト管理の経験を得てGround Xに入社。

SamsungのCAD開発者、Microsoft Koreaのソフトウェアラボラトリーおよびワシントン州レドモンドのMicrosoft本社のVisual Studioチーム、Naverのプロジェクトマネージャ、およびBlizzard Koreaと本社の両方のプロデューサー。

延世大学校でコンピュータサイエンスの修士号取得。

Junsic Youn/プロダクトマネジメントリーダー

携帯サービスや製造を含むさまざまな業界でたくさんの製品を製造してきた起業家。

2014年後半にブロックチェーンスペースに参入し、さまざまなブロックチェーンベースのクロスボーダー送金ソリューションおよびGOPAXと呼ばれる取引所を構築。

高麗大学でコンピュータ工学と電気工学の機械学習で博士号を取得。

Daewoo Cho/ソフトウェアエンジニア

サービスの開発、DApps、およびバックエンドを専門とするソフトウェアエンジニアです。

Ground Xに入社する前は、FoodtechKoreaのCTO、Ticket Monsterのアソシエイトディレクター、Naverのシニアソフトウェアエンジニア。

Klaytn(クレイトン)まとめ

コインオタク伊藤
無料通話アプリ「カカオトーク」を展開する韓国IT大手カカオのブロックチェーンビジネスです。カカオを中心にしたICOプロジェクトも過去いくつか誕生しましたが、今回は直球でブロックチェーンを広めるためのプロジェクトとなっております。

日本企業も巻き込んで期待されている一番の理由はカカオトークのコミュニティの大きさでしょう。カカオトークユーザーをブロックチェーンユーザーにする必要があります。様々な仕掛けが考えられると思いますが大事なのプラットフォームを利用するBtoCの企業ラインナップです。

発表はこれからですが、どの企業と組むかにプロジェクトの成功がかかっております。

ビットコイン高橋
クレイトンは、初期の頃は一般投資家から資金を集めなかった。サービスを使うであろう企業(パートナーと公示されている企業のほとんどがそうだと思う)が出資し、代わりにノードをもらうという形でキレイに調達を行ったことで有名。

まぁ、例えばIBMが「これから作るプラットフォームの利用権と運営権をちょっとあげるから投資してよ!」って言ったら、そのサービスを使うであろう企業は出資するよね。しかもリターンもあれば尚のこと。

そんな感じで、完成後の実ビジネス利用がかなり明確。パートナー会社は必ず使ってビジネスするだろうからね。更にカカオ自体が巨大プラットフォームを運営している実績があるのとかなりの数のユーザーを抱えていること。あとトークンの価格がどうのこうの言う低俗な人種があまりいないプロジェクトであり、個人的には期待している。 以前にカカオ(の子会社)がやったBORAトークンだっけ?あれは本丸を出す前のテストマーケティングだったんじゃないかなって、最近思うw