暗号資産のICOとは何か?いまさら聞けないICOを徹底解説

初心者向け

ICOとは?

ICO(Initial Coin Offering)は「クラウドセール」、「トークンセール」とも呼ばれます。
ICOとは暗号資産の株式市場で言うIPOのようなもので、発行した独自の「暗号通貨」や「トークン」が暗号資産取引所に上場することで、取引所で公式に売買が可能になることです。

例えば、企業やプロジェクトで研究や、開発を行うために、独自の「トークン」と呼ばれる暗号資産を発行して、販売することで研究、開発費などの資金調達を行うことです。

 

ICOは資金調達の手段!?

もともと、イーサリアム(Ethereum)や、ファクトム(Factom)などの新規暗号資産プログラムの構築のための資金調達の手段としてICOが使われていましたが、近ごろ注目されているICOは、企業の資金調達手段となっています。

従来のベンチャーキャピタル(VC)からの出資を利用しなくても簡単に資金調達が出来る手段として国内外問わず注目を集めています。2017年上期ではICOはとうとうVCの出資金額を超え、世界で最も資金調達の出来る手段となっています。

その最大の理由は、ICOなら株式を保有したまま、世界中に向けて資金調達が可能だからです。IPOのように投資家に株式を吐き出す必要がなく、企業側のメリットが非常に大きいと言えます。また、投資家に対しても「暗号資産ドリーム」と言える、資産が何十倍にも増加する可能性もあるなどのメリットがあります。その分のリスクが高いのはもちろんですが

 

無限に広がる投資家メリット

投資家は、これまで限られた人間にしか開かれていなかった有望なベンチャー企業やプロジェクトに初期から投資を行うことが出来るようになります。その後の企業やプロジェクト価値の向上やトークンの価格変動によっては、大きなキャピタルゲインが見込めます。

実際に、これまでICOで上場前に購入することで、資産を何倍にも増やしてきた投資家は多くいます。
また、世界中から少額からでも投資ができ、より広い個人投資家に、投資のチャンスが開かれています。

ICOリスクとホワイトペーパー

ICOでは「ホワイトペーパー」と呼ばれる企画書が公開されますのでそれをよく読み、実現可能か、調達資金の用途等を確認しましょう。

少しでも事業計画に無理があると感じたり、ビジョンに共感が持てない場合はICOトークンの購入を見合わせることも重要です。
*ホワイトペーパーがないICOはリスクがかなり高いので、ご注意ください。

実際に詐欺的な暗号資産も存在しています。ICOの仕組みを利用して、資金を集めるだけ集めて、計画的に倒産する会社もあります。暗号資産をお金儲けだけに利用しているパターンです。しかし、これまでその詐欺を規制するルール整備が出来てこなかったということもあり、だますつもりがなくても結果的に詐欺になってしまうICOなども存在してきました。

詐欺を個人で情報精査するためには、ホワイトペーパーやニュース、SNSをこまめにチェックし、ホワイトペーパーの専門的な用語に翻弄されないよう、ICOリテラシーを高めていくことが大切です。

 

日本初のICOはどこ?

ICOは詐欺が多い理由と見分け方

 

Written by 酒井 和

1 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。