ブロックチェーン(Blockchain)で実現する未来を予測

あのICOは今!?

ブロックチェーン(Blockchain)による革命

ブロックチェーン(Blockchain)技術の元に成り立っている暗号資産の時価総額が増加するに従い、ブロックチェーン(Blockchain)技術そのものに対しても注目が集まりました。
ブロックチェーン(Blockchain)技術は何もかもを解決してくれる魔法の技術というわけではありませんが、今までできなかったものが実現をするという可能性は十分にあります。

今回はその可能性について、一部私的見解も含め紹介していきたいと思います。

 

ブロックチェーン(Blockchain)技術の可能性

まずは一般的に言われているブロックチェーン(Blockchain)ができることをまとめた画像がありますのでそちらをご覧ください。

画像引用:Itmedia、画像:株式会社電縁

暗号資産から生まれた技術ではありますが、使用用途とした場合、金融以外の市場にも活用が予想されます。
ブロックチェーン(Blockchain)技術で重要な要素は「正しい情報」で「改変されない」、「止まることのない」システムです。

 

具体的な3つの構想

では、構想としてどのようなものがあるのか見ていきましょう。
以下、一部私の個人的な意見を含みます。

 

オンライン選挙を可能にする

様々な権利が関わるので実現までは時間がかかりますが、オンライン選挙の壁になっていた、特定の個人へ確実に投票権が行きわたり、不正投票の起きないシステムはブロックチェーン(Blockchain)の得意分野です。

 

NHK視聴料金の漏れなき回収

これはブロックチェーン(Blockchain)ではなくてもスクランブル方式でできるようですが、配信や視聴へ規制をかけるのではなく、しっかりと料金を徴収するという考え方ではブロックチェーン(Blockchain)がよさそうです。

 

税金、年金、健康保険の料率変更

莫大な量(国民の数だけ)の集金が発生する業務は人件費やシステムコストはとてもかかります。
今のシステムのコストダウンだけででもブロックチェーン(Blockchain)を利用する価値がありますが、もう一歩先に行って、人口や国の経済状況に比例して税金、年金、保険の料率が毎年変わるのも正しい考え方だと思います。

計算が複雑だから、浸透が難しいからと皮算用する時代はもう終焉を迎えるでしょう。

 

 

ブロックチェーン(Blockchain)技術によって広がる可能性

いかがでしょうか。
ブロックチェーン(Blockchain)の話ではないですが、AIが仕事を奪うという話が世の中をにぎわせました。
AIが仕事を奪うのではなく、仕事をする人間がいなくなるのでAIが代わりにやってくれる世の中です。
今、AI化をしていないと将来その職業で働く人間がいなくなるということですね。ブロックチェーン(Blockchain)は世の中を自動化する一つの技術です。

ぜひ積極的に活用し、人口が減ったとしても豊かな生活をしたいものです。
 

 

Written by 伊藤健次

1 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。