ブロックチェーン(Blockchain)と暗号資産の関係は?

初心者向け

ブロックチェーン(Blockchain)と暗号資産の関係

 

ブロックチェーン(Blockchain)技術というはご存知でしょうか。暗号資産を語るうえで絶対に外せない技術となります。ここでは、専門的なブロックチェーン(Blockchain)とは何か?の解説ではなく、なぜ暗号資産にはブロックチェーン(Blockchain)が必要であったのか、その関係性を解説します。

 

皆さんは暗号資産、ビットコイン(Bitcoin)を初めて聞いたときどのような感想を持ったでしょうか。怪しいというような感想は、新しい金融商品や投資にはつきものなのでいったん置いておきますが、Suicaのような電子マネーやTポイント、ポンタポイントのような企業の発行ポイントと何が違うのか区別ができなかった人も多いと思います。

 

それは、技術的にブロックチェーン(Blockchain)の情報がなく、暗号資産というのはどこかの企業やどこかの国が発行していると勘違いをしていたからそのような考えに至るのです。

通貨や電子マネーやポイントという概念は絶対に発行元が存在しました。日本で生活をしていると、国や政府が最も信用ができる組織であると錯覚をしてしまいます。暗号資産、特にビットコイン(Bitcoin)が生まれた際の概念は「発行元が存在しないことが最も信用できる」ということでした。現にその概念に賛同をした多くの方が全世界でビットコイン(bitcin)を支持し今の価値につながっております。

 

国以上の信用がある「発行元が不在」という概念は理想ではありましたが、今まではそれを実現することはできませんでした。なぜならば発行元が不在では通貨発行ができないためです。正確には、通貨発行はできますが、そのシステムを維持することができないです。

価値があるものを生み出せば、発行元や運営元が不正を働く可能性もありますし、泥棒やハッカーから通貨を守る強固なガードも必要となります。結果、資金力や力があるものが正しく運用することができる中央集権型の志向になってしまいます。

 

ブロックチェーン(Blockchain)技術が解決したこと

 

ブロックチェーン(Blockchain)はその概念を作った技術者でさえルールを変更することはできず、セキュリティの高さや独自の報酬支払システムからどこからも依頼されずに自発的にブロックチェーン(Blockchain)を維持する働きをユーザーが取り始めました。

 

これにより「発行元が不在で自立運営をする通貨である暗号資産」が世の中に生まれました。

 

暗号資産はブロックチェーン(Blockchain)という技術が先にあって生み出されたのではありません。もともと人々が考えていた通貨システムの理想を実現するために新たに生み出された技術がブロックチェーン(Blockchain)ということになります。

 
 

 

Written by 伊藤健次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。