ドミノピザは今Bitcoinを受け入れます

海外ニュース

 ドミノピザに暗号資産が進出!

暗号資産を使用した電子決済が進んでいます

ドミノピザはアメリカのスタードアップ企業であるFoldが開発したWebアプリケーションを導入し、ビットコインを使用したキャッシュレス決済によるピザの購入することのできるLN.PIZZAというサービスを導入することを決定しました。

消費者はこのアプリケーションの決済サービスを利用することによって、 ビットコインのに使用されているブロックチェーンが持つ特徴を生かした安全性の高い決済を利用することができます 

現在世界各地に存在する13811店舗全てで導入されるかどうかは定かではありませんが、ビットコインを含めた暗号資産の普及の現状を考えると、導入する店舗が増えていく可能性は十分にあり得るものであると考えられます。

なお、今回開発されたLN.PIZZAにはライトニングネットワークという技術が使用されています。ライトニングネットワークは今までの暗号資産の取引をより高速にすることのできる技術です。従来の取引においては、他の口座への暗号資産を送金しようとるとに取引ブロックチェーンに記帳しなければならないため、送金に時間ががかかってしまいました。

しかし、ライトニングネットワークを従来の取引の技術に追加することによって、 チャネル内だけでの送金のやり取りが可能となり、取引ごとに送金の情報をブロックチェーンに記帳する必要がないため、より早い送金、データ量の節約、手数料の削減などのメリットが発生します。 

暗号資産が電子決済に革命を起こす時代

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

おそらく、2019年は世界中で暗号資産の導入が話題になるでしょう。

世の中にはありとあらゆるデジタル決済、ポイント決済が存在しています。

そんなデジタル決済やポイント決済は、その便利さから今まで大きな発展を遂げてきました。同じデジタル決済でも、様々な種類のサービスや多様な機能が開発されたことにより。このようなオンラインでの決済サービスは、今では、昔と比べるとより魅力的なものとなっています。

しかし、これらのサービスが新しい決済方法を導入しようと考えている企業にとってメリットとなるかといわれると必ずしもそうとは言えません。

企業は今以上の集客を見込むために、多額のオペレーションコストを投資してまで新たなシステムを導入することを、マーケティング戦略の一部として必要とされつつあります。そのような状況の中で、 従来のデジタル決済・ポイント決済に関する新しい技術を開発したとしても、消費者が必要としている革新的なサービスではなく、むしろ消費者を困らせる機能になりかねないことがあります。 

今の時代において企業が求めているテクノロジーに必要なのは技術力ではなく、いかに企業のマーケティング戦略に貢献していくかです。だから、どんなにすごい技術を作ったとしても、企業にとって実用性がないものを企業が採用することはあり得ません。

そんな中、近年普及している暗号資産は従来のマーケティングとは異なり、 消費者の「暗号資産を使った決済をしたい」というニーズを引き出すことにことから始まり、暗号資産の弱点を克服ことによる技術をしていくことによって、消費者の必要とする決済方法を作っているため、今までの短期的なメリット企業に提供するサービスとは違う、長期にわたる継続的な恩恵を企業に対して提供できるようになります。 

このような消費者が使ってみたい決済サービスというのは、今までになかった画期的なものであり。まさに暗号資産によって生み出された新しい市場です。

2019年は暗号資産が決済サービスの未来を変えていく時代となるでしょう。

 

これまでは、投資家でも先駆者だけがメリットを教授するということが多い時代でしたが、今は違います。

正しい情報を受け取れば、チャンスを掴める時代になってきました。

 『些細な情報の差で、大きく損をしり、大きなチャンスを逃す』 という方を一人でも減らすべく、正しい情報を伝えていくことを大切にしています。

私は暗号資産メディア『COIN OTAKU』の編集長もしており、暗号資産関係者、ブロックチェーン関連企業に取材に行くことも多いので、とにかくおいしい情報がどんどん集まります。

私がオーナーをするオンラインサロンでは、そのリアルタイムな情報を新鮮なまま提供しています。

あなたには、その目でその価値を”確かめて頂きたく、5月6日までは、”初月は完全無料(0円)”ご入会頂けるようにしました。

是非、この機会にお試しください。

オンラインサロンの詳細をみる