自動車および航空宇宙産業のブロックチェーン市場が2029年までに2兆円以上に達する

海外ニュース

市場調査企業の「Reportlinker」が発表したレポートによると、自動車および航空宇宙分野の ブロックチェーン市場は2029年までに200億ドル以上に達し、年間平均成長率60.35%が見込まれる と予測されています。

今後の自動車および航空宇宙関連のブロックチェーンにおけるテクノロジーは、迅速な取引決済、透明性や詐欺リスクの排除、取引コストの削減、コンソーシアムの設立などの要因によって大きく左右されます。

現状では規制の枠組み、インフラストラクチャ、標準化の欠如、および自動車および航空宇宙&航空市場で事業を展開するプレイヤーの間での技術的専門知識および意識の欠如などの要因が、市場の成長を妨げていますが、自動車の所有からサービスとしての「MaaS」への移行、および航空宇宙産業におけるブロックチェーンの適用の拡大などの要因が、市場成長のための多数の機会を生み出すと予想されます。

MaaSとは:Mobility as a Serviceの略で、運営主体を問わず、情報通信技術を活用することにより自家用車以外の全ての交通手段による移動を1つのサービスとして捉え、シームレスにつなぐ新たな『移動』の概念。

Wikipediaより

今回のレポートでは用途別、タイプ別および地域別の市場内訳を含む、自動車および航空宇宙および航空市場におけるブロックチェーンの使用に関するさまざまなセグメントをまとめたものです。

金融、決済、および保険サービスセグメントは、自動車、航空宇宙および航空業界の市場で製造とサプライチェーンにおいて、ブロックチェーンが独占するようになり、予測期間を通してその優位性を維持すると思われます。これは主に、自動車のエコシステムが密接に関連しているため、自動車業界のサプライチェーンの複雑さからサイバー攻撃による脅威の問題は増大していき、航空エコシステムは現在、ブロックチェーンソリューションを統合しています。

プライベートブロックチェーンセグメントでも市場の独占状態は変わりません。

これは主に、パブリックおよびハイブリッドのブロックチェーンよりもプライベートブロックチェーンの方が安全性が高く、許可されたネットワーク、高速性などの利点があるためで、成長の面では、ハイブリッドブロックチェーン市場が最も高い可能性を持つセグメントであると言われ、2019年から2029年の年平均成長率は最高値を記録することが予想されています。

地域ごとでは、 北米が自動車や航空宇宙&航空市場のブロックチェーン市場に最も力を入れており優位に立つ でしょう。自律走行車、コネクテッドカー、インテリジェント交通システム、およびMaaS業界の増加などが要因です。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

どの産業においても今回発表されたレポートのように、ブロックチェーンを取り入れることでその市場の成長は著しいものになるでしょう。

一番の理由はブロックチェーンの導入はすなわちその産業を自動化することに繋がるからです。

自動化の恩恵は時間を生み出すことです。人間が介入しないことで、マシンツーマシン(Machine-to-Machine, M2M)が実現し、処理速度が今までの概念を超えた早さに到達します。

ブロックチェーンの開発競争でトランザクション(取引)の処理スピードをコンマ何秒で競っているのは、将来的に人間が使うことを想定しているのではなく、機械間のトランザクション(取引)を想定して作られている為です。

  ブロックチェーンは匿名性と超高速処理を兼ね備えた時代に突入するでしょう。 

どの産業においても人間が処理をしている分野であれば、ブロックチェーン導入により市場の成長は期待が出来ます。

 

あわせて読みたい

日本でも自動車とブロックチェーンを掛け合わせた事業が次々と開発されてきています。⇒⇒詳しく知りたい方はこちら

ブロックチェーン産業が伸びていくにあたり、エンジニアの給料も高騰傾向にあるようです。⇒⇒詳しく知りたい方はこちら