【情報量日本一位】時価総額第2位の暗号資産イーサリアム(Ethereum)とは

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今や第2のビットコインとして、多くの支持を得ているイーサリアム(Ethereum)。 近年では直接決済が可能になったり、イーサリアム(Ethereum)のプラットフォームを利用した新たな技術が続々と世に出回ってきたりと、その快進撃は留まることを知りません。 今回はその誕生の歴史からよく耳にする言葉、また知られざる真実まで、その全容を徹底解析していきたいと思います。

目次

イーサリアム(Ethereum)基本情報

案件名:Ethereum

シンボル:ETH

通貨記号:ETH

発行上限:発行上限なし

最小桁数:0.0000000000000000001ETH

最小単位:1wei

発売時期:2014年7月

ブロックチェーンのタイプ:PoW

総発行枚数:105,311,515 ETH

イーサリアム(Ethereum)の上場先一覧

HuobiOKEXLiquidBTCboxBITPointbitflyerZaif、etc…

イーサリアム(Ethereum)の公式サイト、SNS一覧

SNSの規模はTwitter:441,170フォロワー、 Facebook:142,168ライク、 Youtube:登録者数 56,920、 GitHub:51人、Reddit:435,000人、Meetup:16,869人、Gitter:61,724人となっております。(2019年4月15日現在)

イーサリアム(Ethereum)の目指す世界

イーサリアム(Ethereum)は独自のブロックチェーンを持たない暗号資産が独自トークンを発行できるようにオープンソースのブロックチェーンを提供することを目的としています。また、スケーラビリティ問題解決にも尽力しています。実際にスケーラビリティ問題解決に対して3つの技術を生み出しています。

3つの技術

1. Plasma Cash(プラズマ・キャッシュ)

2. Raiden Network(ライデン・ネットワーク)

3, Sharding(シャーディング)

Plasma Cash(プラズマ・キャッシュ)

そもそもPlasmaは従来のブロックチェーンとはこれまでメインブロックチェーンに保存されていた膨大なデータ量を複数個作った別にブロックチェーン(プラズマチェーン)に分散保存し、その負担を軽減させことができるという技術です。しかし、プラズマチェーンの全てのデータをダウンロードしなければいけないと言うセキュリティ問題が発生しました。それを解決するためにPlasma Cash(プラズマ・キャッシュ)が誕生しました。Plasma Cash/プラズマ・キャッシュでは、プラズマコインというID付きトークンを預けることができます。ID付きトークンを使うことにより、仮に取引所がハッキングされ、自分の資産が盗まれたり、不正送金が行われたとしてもそのIDで簡単に追跡することが可能という機能があります。イメージとしてはお金を金庫に保管する+GPS機能を搭載という感じです。

Raiden Network(ライデン・ネットワーク)

ビットコインのLighting Network(ライティング・ネットワーク)を参考にした技術で、仕組みは大方同じです。 ブロックチェーン上での記録処理が完了することができなければ、取引料が増えたり、一時的に取引が集中してしまうことで時間がかかってしまっていましたが、Raiden Network(ライデン・ネットワーク)は従来ブロックチェーンに書き込まれていた「過程」の部分はブロックチェーン外で処理するようにし、ブロックチェーン本体に「結果」だけを書き込んだものです。これにより、「より早く、より安く」取引ができるようになりました。

Sharding(シャーディング)

Sharding(シャーディング)のポイントは、取引記録を処理するのにかかる時間を短くし、仕事の効率を上げることができるということです。また、ブロックチェーン上で取引処理を分割し、複数グループでその処理内容を検証することが可能になるという技術です。この技術はイーサリアム(Ethereum)独自の技術ではありません。さらに、現段階ではイーサリアム(Ethereum)にSharding(シャーディング)は搭載できません。グループごとに検証作業を実施するが、マイニングに必要なパワーであるハッシュパワーの大きさがグループごとに異なり、イーサリアム(Ethereum)のコンセンサスアルゴリズムであるPoWだと膨大な計算をこなした仕事量で取引記録を書き込む権利を取得してしまうため51%攻撃の危険があるためです。そのため、まずPoWからPoSへの移行が必要となります。

イーサリアム(Ethereum)のスペック

通貨単位は「ETH(イーサ)」

通貨の単位は「ETH」と書き、「イーサ」と呼びます。
イーサリアム(Ethereum)というプラットフォーム内に存在するトークンのことで、イーサリアム(Ethereum)の基軸通貨となります。また、ICOが行われる際に使われたりもします。

1ETHは基軸となる単位です。ビットコイン(Bitcoin)の最小単位が1satoshiであるように、イーサリアム(Ethereum)にも最小単位が存在します。

単位Ether
wei(最小)0.000000000000000001Ether
lovelace0.000000000000001Ether
babbage0.000000000001Ether
shannon0.000000001Ether
szabo0.000001Ether
finney0.001Ether
Ether1Ether

このように、1ETHの最小単位は小数点第19位まであり、その最小単位のことを「wei(ウェイ)」と呼びます。
よって、
1wei(ウェイ)は0.0000000000000000001ETHになり、
1ETHは10000000000000000000wei(ウェイ)となります。

また、この単位に付けられた名前は、イーサリアム(Ethereum)と関係が強い人、または技術などから取っていると推測できます。

イーサ(ETH)とGASの考え方

GASをひと言で表すとすれば、「取引手数料」のこと。取引をする際に必ず支払わなくてはいけません。
イーサリアム(Ethereum)はブロックチェーン技術によって作られたプラットフォームです。

プラットフォームを動かす為には、当然何かしらの動力源が必要になります。
現在イーサリアム(Ethereum)はPoW形式(後述)を取っている為、動力源=マイニングになるわけですが、その原動力のことを言い換えて「GAS(ガス/燃料)」と呼んでいるのです。

GASはマイニングを行うマイナーに支払われます。
ある程度レートが決まっており、2017年11月現在0.00001ETH~0.00002ETH辺りを推移しています。
これより少なければ自動的に後回しにされ、多ければ優先的に処理が行われます。
また、 この金額については送信者自身が設定することができる為、その取引の緊急度などにより調整することが可能 です。
(取引所によっては自動設定、もしくは固定されるケースが多い)

具体的には、適正価格ギリギリだと後回し、もしくは失敗となります。
(失敗した場合は手数料自体引かれず送金もされません)
2倍3倍の数字で設定した場合、優先的に処理をしてもらえます。

では1桁高く支払ったらどうなるか?
という疑問が生まれますが、高すぎてもはじかれてしまうようです。
具体的に「いくらならはじかれるか?」についてはタイミングにもよりますが、適正な数字より若干高めに設定すれば優先されるためわざわざチャレンジする必要もないでしょう。

また、先ほども説明したようにイーサリアム(Ethereum)はプラットフォームです。
送金という観点からのGAS相場は2017年11月現在0.00001ETH~0.00002ETHですが、スマートコントラクト技術を利用した別の何かを行う際には、またレートが異なります。
この異なるレートは「ガスプライス(GAS Price)」と「ガスリミット(GAS Limit)」によって決まるとされています。

イーサリアム(Ethereum)のアカウント

イーサリアム(Ethereum)のアカウントは4つのフィールドを含んでいます。

アカウントの4つのフィールド

1. Nonce:各トランザクションの処理が一度きりであることを確約するためのカウンター

2. Ether Balance:EtherはETHにおける主要な内部暗号燃料であり、トランザクション手数料を支払うために使用される

3. Contract Dode:コントラクト・コード(ただし、EOAの場合は空)

4. Storage:アカウントが保持する任意のデータ

 

また、アカウントには2つの種類があります。どちらのアカウントもアドレスを持っており、ETHの送金を受け付けとる同時にETHを保持することが可能です。イメージとしては、一般的な口座として利用できるというものです。

アカウントの種類

1. EOA(externally owned accounts)

2. CA(contract account)

EOA(Externally Owned Accounts)

ユーザーにより生成されコントロールされるアカウントです。秘密鍵に管理されており、コードを持たずユーザーの任意のタイミングでEOAからトランザクションを生成し署名することによってメッセージを送ることができます。また、ETHの採掘もこのEOAアカウントを使い行われます。

CA(Contract Account)

EOAからトランザクションを介して生成され、自身のコントラクトコードによって管理されます。メッセージを受信した時はいつも保持コードをアクティベートし、内部ストレージを読み込み可能にします。。また、メッセージを送信するもしくは新しいコントラクトを作ると言った内容のことが順番に実行します。 「自動金融エージェント」のような役割をこないし、メッセージやトランザクションにより起動されたとき、利用する変数を把握するのに必要なkey/valueストーレジを直接管理する権限を持っているます。

 

イーサリアム(Ethereum)のtransaction(トランザクション)

イーサリアム(Ethereum)ではEOAから任意のタイミングでトランザクションを送信することで、各アカウントの状態が変化します。採掘者は受信したトランザクションの正当性を確認したのち、問題なければ、トランザクションの情報と内容に基づいて最新のアカウントの状態をブロックチェーンに埋め込みます。

トランザクションには主に6つの情報が埋め込まれます。

トランザクションへの情報

1. 送金額

2. 相手先アドレス

3. 送信アカウント署名

4. 任意データ

5. STARTGAS値

6. GASPRICE値

 

上の3つ(送金額、相手先アドレス、送金アカウント署名)は他の暗号資産にも搭載されている標準的なトランザクションの「フィールド」です。

任意データ

これはデフォルトでは関数を持ちませんが、イーサリアム(Ethereum)の仮想マシンはコントラクトが使用するopcodeを保持する必要があり、その際このデータフィールドが利用されます。もし、コントラクトがブロックチェーン状のドメイン登録サービスとして機能しているならば、コントラクトは投げられたデータを二つの「フィールド」を保持するものとして解釈します。 一つ目のフィールドは登録するドメインで、二つ目のフィールドはIPアドレスです。コントラクトはopcodeによってメッセージに含まれるこれらの値を読み込むことで、適切にストレージの中に配置することが可能となります。

opcodeとは:コントラクトがデータにアクセスするもに使用するオペレーションコードのこと

STARTGAS値とGASPRICE値

  • STARTGAS値:トランザクションの実行にかかる計算のステップ数の最大値
  • GASPRICE値:送信者が支払う1計算ステップあたりの手数料

これらの値があるのはイーサリアム(Ethereum)サービスに対するモデル拒否運動を封じ込める狙いがあります。計算理論的に無駄なコードの消費を避けるために各トランザクションにはそれらが実行するコードの計算ステステッピ数の上限を設ける必要があります。前述にもあったように1計算の基本ユニットは「GAS」と呼ばれます。1計算ステップにつき約1GASを消費し、いくつかの命令では多くのGASの量が必要となります。トランザクションにデータを埋め込む際には1byteにつき5GASが「手数料」としてかかります。手数料は攻撃者に対し、消費する全リソースの量に比例した支払が強要するためです。ネットワークが消費するどんなリソースにも、それが大量消費につながるように状況を生み出し、全てのトランザクションに対して消費量の増加に比例したGASの支払いを強要する仕組みとなっています。

イーサリアム(Ethereum)のメッセージ

コントラクトは他のコントラクトに対して「メッセージ」を送信することが可能です。メッセージは4つの情報が組み込まれます。

メッセージ

1. メッセージの送信者(implicit)

2. メッセージの受信者

3. メッセージと一緒に送信されるetherの量

4. ATARTGAS値

 

基本的には「メッセージ」はトランザクションのようなものですが、コントラクトにより生成され、外部の動作はないという違いがあります。メッセージはコントラクトがブロックチェーン状のcall Cpcodeを実行している時に生成され、このopcodeは「メッセージ」を生成し事項します。トランザクションのように、メッセージはそこに記載されたコードを実行する受信者のアカウント導かれます。このようにしてコントラクトはEOAのやり方と全く同じ方法で他のコントラクトと関係を持ちます。

イーサリアム(Ethereum)のアプリケーション

ETH上には3種類のアプリケーションがある。

アプリケーション

1. 金融系アプリケーション

金銭を利用する契約に対してどうミュウ管理の手段をユーザーに提供する。副次通過、金融デリバリー、ヘッディング契約、貯金、資産相続分者、労働契約書丸々含めたものなどがある。

2. 準金融系アプリケーション

非金融的事象の結果に対して金銭を絡めていくようなもの。例としては気鋭さん理論における課題に対し懸賞金を自動施行するようなアプリ

3. オンライン選挙や分散型統治機構

イーサリアムプロジェクトの資金管理「イーサリアム財団」

イーサリアム(Ethereum)は、スイスの非営利団体「イーサリアム財団」によって開発が進められました。考案者であるヴィタリック・ブテリン氏もまた、財団の一員として活動をしております。

ICOにて集まった資金はこのイーサリアム財団が管理しており、現在も活動は継続中です。2017年8月にはロシアの開発銀行Vnesheconombank(VEB)と提携を結んだことでも話題となりました。

ロシアと言えば14年にビットコインを通貨のように扱うことは違法だとしていましたが、2017年には撤回し、合法化する動きを取ったことでも有名です。更には、2017年10月に「クリプト・ルーブル」と呼ばれる独自の暗号資産を発行するとの発表をし、それ以外の暗号資産は禁止する方向で調整中との見解を示しております。

このクリプト・ルーブルにイーサリアム財団含むイーサリアムプラットフォームが強くかかわっている可能性は非常に高いと言えるでしょう。

イーサリアムプロジェクトの技術「ETH DEV」

イーサリアムは、ヴィタリック・ブテリン氏を中心とした技術者集団「ETH DEV」という団体によって開発が行われました。現在ではETH DEV以外にもイーサリアム(Ethereum)を開発支援する技術者は存在し、世界各国に散らばっております。

またイーサリアム(Ethereum)は、 開発に貢献した者に報酬が与えられるという仕組み になっており、賛同する技術者を増やしながら日々開発を進めております。

初の公開価格は1ETH=25円

イーサリアム(Ethereum)がICOのプレセールを行っていた際1ETHは21円で買うことができました。
2014年9月、ICOにて全容が公表された際の最初に付いた値段は25円/ETH。
2015年7月に正式リリースされるのですが、この時点では120円/ETHまで上がり、そこからグングンと価値を上げていく流れとなります。

2017年11月時点での1ETHは、34,000円前後を推移しています。
 プレセールで1ETHでも購入できた人は元金が1,620倍になり、公開直後に購入できた人は1360倍になった ということが分かります。

ちなみに2019年4月現在では1ETHは18,130円前後で取引されています。

発行枚数は決まっていない

イーサリアム(Ethereum)におけるETHの発行枚数は、現在決まっていません。その理由は、イーサリアム(Ethereum)が「プラットフォーム」であるからです。

既にイーサリアムのプラットフォームを利用したICOが数多く行われ、ETHは基軸通貨として利用されています。(イーサリアム(Ethereum)を利用した有名なコインとしてOmiseGo、Golem、Augur、gnosis、BANKERA などがあります)イーサリアム(Ethereum)のプラットフォーム内でICOを行う際、その資金調達はETHで行います。

過去に10件前後のICOが連続して公開され、それに参加するためにETHの需要が高まり一時的にETHの価値が上昇しました。
このように多額の資金調達を行う際に、発行枚数の上限が設けられていれば希望額が集まらない可能性が出てきます。「発行枚数フリー」はこの心配性を取り除いています。

ちなみに、公開当初7,200万枚のETHが発行されました。また今後イーサリアム(Ethereum)が進化する上で、システムの改良またはハッキングなど様々な内外要因が起こり得る可能性があります。これにより、上限を定める可能性はゼロではないと言えるでしょう。

時価総額は1.9兆円程度(2019年4月時点)

イーサリアム(Ethereum)の時価総額は、2019年4月時点で約1.9兆円を推移しています。

これは暗号資産市場では2番目に大きい規模であり、第3位のビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)と比較すると3倍の規模にあたります。
一方では、市場規模第1位であるビットコイン(Bitcoin)は約10兆円の市場規模で、イーサリアム(Ethereum)の5倍です。

一時はRipple(リップル)社とエックスアールピー(XRP)が昨年急速な成長により、2018年11月半ばからは「XRP」がイーサリアム(Ethereum)を上回っていました。しかし、2019年1月2日に再びイーサリアム(Ethereum)時価総額2位の座を取り戻しました。

価格回復の要因としては、順調なハードフォークアップデートが関係していると言えます。

イーサリアム(Ethereum)は合計4段階のアップデートを予定していますが、すでに第二段階のハードフォークを完了しました。3回目のアップデート「メトロポリス(Metropolice)」は、「ビザンチウム(Byzantium)」と「コンスタンチノープル(Constantinople)」の2回に分けられており、今回のコンスタンチノープル(Constantinople)が完了することによって、正式にメトロポリスのアップデートが完了することになります。

コンスタンチノープル(Constantinople)は「マイニング報酬の減額」「データ保存のコスト変更」など複数の変更が含まれており、価格への影響も大きいと言われています。

今回の価格上昇はそのアップデートによる期待によるものと言えるでしょう。

承認システムは POWからPOSへ変更予定

イーサリアム(Ethereum)は「Casper(キャスパー)」という形式を取っています。
これはイーサリアム(Ethereum)が4段階に分けてバージョンアップしていく過程で、ブロックチェーンの承認システムを改良することを意味します。

2017年11月現在のバージョンは3段階目に当たる「メトロポリス(Metropolice)」です。
このメトロポリス(Metropolice)まではPoW形式を取っているのですが、2段階目のホームステッド(Homestead)からメトロポリス(Metropolice)にアップデートした際に、PoS形式に変更するための準備プログラムが組み込まれています。

最終バージョンは「セレニティ(Serenity)」と言いますが、セレニティ(Serenity)にアップデートすることによりPoW形式からPoS形式へ変更します。
タイミングについては現在確定した日にちは決まっておらず、おおよそ2019年中ではないかとされています。

なぜわざわざPoSに変更する必要があるか?

PoWよりPoSが優れているとされているからです。PoWにあった欠点が解消され、今のところPoSには欠点がありません。
(全くないわけではなく、あえて欠点として挙げるとするならば、流動性が減少する可能性があることくらいでしょうか。)

PoSに変更することにより、問題視されていた以下の2つの問題点が解消されます。

【電気代の問題】
マイニングを行わなくても済むPoSでは、PoWの問題とされていた 電気量の確保の心配が必要なくなります。 

【51%攻撃のリスク】
現状分散されているイーサリアム(Ethereum)をこれからかき集め、51%以上保有することは極めて難しいとされ、セレニティにバージョンアップする頃には 51%攻撃のリスクは限りなくゼロに等しい と考えられます。

更に詳しくは、下記の記事にて説明しております。

イーサリアム(Ethereum)のPoS(proof of steak)とは?

専用ウォレットを紹介。代表的なものはMyEtherWallet (MEW)

イーサリアムは、もはやどこのウォレットでも保管、送受金をすることができます。
中でも一番利用者数が多く、ポピュラーなウォレットは「MyEtherWallet (MEW/マイイーサウォレット)」であると言えるでしょう。
ちなみに、イーサリアム(Ethereum)が公式で発表しているウォレット「mist(ミスト)」も存在しますが、圧倒的に前者が優っていると言えます。

MyEtherWalletの特徴としては5つあります。

MyEtherWalletの特徴

1. MyEtherwalletから他のウォレットにイーサリアム(Ethereum)を送付することができる

2. オフラインでの取引ができる

3. ペーパーウォレットの作成ができる

4. インストールが不要

5. 日本語版を持っている

 

詳しくは下記の記事にて説明しております。

イーサリアム(Ethereum)のwalletで後悔をしない選び方

イーサリアム(Ethereum)を保管するwalletの徹底比較

動画で見るイーサリアム(Ethereum)

オフィシャルの動画は以下の通りです。

ホワイトペーパー

イーサリアム(Ethereum)のホワイトペーパーでは、その内容について全9万文字に渡って説明されており、システムの概要から問題点まで事細かに記載されています。大分類された目次のみ紹介させて頂きます。

ホワイトペーパー目次

1. ビットコインと既存の概念の紹介

2. イーサリアム(Ethereum)

3. アプリケーション

4. 懸念事項、及び雑録

5. 結論

6. 注釈、参考文献

 

また、実際のホワイトペーパーはGitHubにて閲覧することが可能です。
(英語で記載されているため、翻訳してご覧ください。)

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
イーサリアム(Ethereum)への質問お待ちしております!
 

イーサリアム(Ethereum)の特徴

完全チューニングを目指すイーサリアム(Ethereum)

イーサリアム(Ethereum)は4段階のステージに分けられ、リリース以降3度のバージョンアップを行うことが決まっています。
これは開発段階から決まっていることであり、satoshi nakamotoの考案したビットコインと比較して大きな違いと言えるでしょう。

具体的なバージョンアップの内容については後述しますが、技術面の向上を目的としたものやユーザビリティの向上を目的としたものなど、その局面によって内容は異なります。
また最初から「完全体」としてリリースしなかったのにもしっかりとした理由があり、2019年4月現在では3段階目のステージに進化していますが、その進化は理にかなったものであると言えるでしょう。
最後のバージョンアップは2019年内(日時未定)に行われるとされていますが、最後の進化では大きなシステム変更を予定しています。
これによりイーサリアム(Ethereum)は完全体となり、更なる注目を集めることが予測されます。

イーサリアム(Ethereum)の機能と脆弱性

イーサリアム(Ethereum)にはビットコインに無い機能が備わっています。細かい違いもいくつかありますが、表立った大きな特徴は2つです。

大きな特徴

1. スマートコントラクト技術

2. プラットフォーム

 

この2つの特徴については大手企業・団体から多くの支持を受けており(後述)、暗号資産市場内で第2の規模を誇る通貨として成長した所以とされています。

一方で、素晴らしいとされている「スマートコントラクト技術」にはいくつかの脆弱性が見つかっており、その脆弱性によるハッキングや口座凍結のリスクが問題視されています。

2016年に起きたハッキング事件(通称:The DAO事件)やバージョンアップ直後に起きたparityのウォレット凍結問題等により、数100億単位のお金(ETH)が消えそうになりました。
しかしブロックチェーン技術やスマートコントラクト技術により、消えることなく元の持ち主の元へ戻っており、現在過去に起きた脆弱性問題は改良されています。

イーサリアム(Ethereum)とイーサリアムクラシックの違い

誕生の背景としては、DAO事件に対してハードフォークを行なったことで誕生したのがイーサリアム(Ethereum)であり、DAO事件に対する中央集権的な対応に反発し、オリジナルのチェーンを活用したものがイーサリアムクラシック(ETC)です。

イーサリアム(Ethereum)はDappsやICOトークンを構築するプラットフォームとして幅広く活用されているが、イーサリアムクラシック(ETC)はIoTに特化したプラットフォームです。また、イーサリアム(Ethereum)には発行上限はありませんが、イーサリアムクラシック(ETC)は2億3千万ETCと限られています。マイニングによる通過報酬の半減期も定められており、50万ブロックごとに報酬が20%ずつ減少していきます。 機能的には大きな違いはなく、価格が異なるのは組織機能の違いからくるものです。

イーサリアムクラシック(ETC)はブロックチェーンの特長である非中央集権と言う要素を大切にしており、ソースコードによるシステムが第一であると言う理念(Code is low)が存在します。反対にETHはハードフォークに賛成する人が多かった(community is low)と言う理念の違いが存在します。

スマートコントラクト(Smart Contract)

デジタルの形の約束事 (概念提唱者のNick Szaboの定義)

スマートコントラクト技術は、1990年にNick Szabo(ニック・スザボ)という人物により提唱されました。

その発想の起源は「自動販売機」であるとされ

・お金を入れる
・ボタンを押す

という動作(契約)により、商品が振り出されるという仕組みから取られています。

これによりジュースを保管する店舗が必要なくなり、それを売る店員が必要なくなり、レジがいらなくなり、不正ができなくなり、更には買い手が冷蔵庫から取り出してレジまで持っていく時間が短縮されます。

また、Nick Szabo氏はsatoshi nakamotoの「中の人」ではないか?という疑惑が度々浮上しています。しかしその度に本人は否定をしており、今だ闇のヴェールに包まれた存在として残っています。

賢い契約

スマートコントラクトとは、イーサリアム(Ethereum)の最大の特徴であると言える機能です。直訳すれば「賢い契約」となります。しかし実際の機能から言葉を選ぶとすれば「契約の簡素化(又は自動化)」となり、契約を伴う取引をより簡素的、且つスピーディーに行える技術のことを指します。

上記Nick Szabo氏が提唱する技術をブロックチェーン技術と融合することにより、「永久保存」が可能になり、更なる不正防止と簡素化を実現するものとなります。

プログラム化された契約

「イーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクト技術は素晴らしい」と多方面から称賛されていますが、その仕組みはとても簡素的に作られています。いや、シンプルイズベスト。簡素な仕組みであるからこそ一番であるのかもしれません。

スマートコントラクトはとても単純なプログラムによって作動します。それは上記Nick Szabo氏が唱えた仕組みとほぼ変わらず

・送金(契約)記録が自動的に作成
・送金ボタンを押す
・着金確認が取れ、記録が記憶される

というとてもカンタンな手順により行われます。

更には、その契約のボリュームによりGASの調整が行われ、重たい内容にはGASを多く使用するようにブログラムが組まれております

自力執行権のある契約 (self-enforcing contract by Nicolas Dorier)

Nicolas Dorier(ニコラス・ドリエ)氏によれば、スマートコントラクトはSelf Enforcing Contract、すなわち「自力執行権のある契約」だと定義しております。コンピュータープロトコルにより、条件さえ整えば強制的に契約を履行することができます。仮に途中で取り消そうとしても、プログラムによって強制されることから、この言葉が相応しいと言われているのです。

イーサリアム(Ethereum)上で機能するプログラム

このスマートコントラクト技術を利用した取引は既に活用されており、今後様々な産業に取り入れられていくことが予測されます。今後の展開として

・CtoCにより行われる取引(Air BnBなど)
・不動産賃貸
・レンタカー
・借用契約
・クレジットカード
・楽曲配信
・無人タクシー
・弁護士、会計士等の士業

等の分野にて活用される可能性があり、今後の発展に期待が持てます。

イーサリアム(Ethereum)のプログラミング言語、Solidity(ソリディティ)

イーサリアム(Ethereum)がスマートコントラストを実装するため、またスマートコントラストをより簡単に記述するために独自に開発したプログラミング言語です。

イーサリアム(Ethereum)の特徴はブロックチェーンにスマートコントラストが搭載されていることですが、イーサリアム(Ethereum)開発当時はスマートコントラクトに特化したプログラミング言語が存在していませんでした。そのためSolidity(ソリディティ)はEVM(Ethereum Virtual Machine/イーサリアム・バーチャル・マシーン)とともに開発されました。

Solidity(ソリディティ)は高級言語で記載されています。ここでいう高級は「人間が使うような言語」という意味です。反対に低級言語とは「機械が理解しやすい言語といことです。 EVMとは高級言語を低級言語に変換する、つまり人間の言語を機械語に変換する装置のことです。機械ではなく、人間の言語に近い言語をプログラミング言語であるため、我々が扱いやすいものとなっています。

イーサリアム(Ethereum)の規格

ERCとは:「Ethereum Request for Comments」の略で、ETHに関する技術仕様の提案書のことです。点案が重要と判断されるとその提案に関する議論が進み、最終的にEIP(Ethereum Inprovemetn Proposal)として採択されます。よく耳にするETC20とは20番目に提案された文章のことを示しています。

ERC20

イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンと利用して独自のトークンを発行する際ERC20を搭載していれば、一種類のウォレットでのトークンを一括管理することができます。最低限必要な機能、言語、注意事項などを基準化したことにより、トークンの作り手は一つのウォレットに対応可能なトークンを作ることができるようになりました。また、ERC20の基準に準じているということである程度の安全性も保証されるため、ICO参加者にとっても参加しやすくなりました。

ERC223

ICOで頻繁に使われており、スタンダードとも言えるERC20 ですがトークンコントラスト自体にトランザクションを処理する機能がないという重大な問題があります。間違ってコントラクトアカウントにトークンを送信してしまうとそのトランザクションを処理する機能がERC20には欠如しているため、トークンが凍結し使えなくなってします。ここでいう凍結は実質的に消滅ということになります。実際に、この問題により数億円分のトークンが消滅していると言います。ERC223はこの問題を解決するために提案された規格です。

ERC223の最大の特徴はtokenFallback関数です。この関数が送られてきたトークンが自身が受け取ることができるかどうかを判断し、もし受け取ることができないトークン場合、送金現に送り返すようになっています。また、インターフェイスを見ると、transfer関数が2つ存在します。一つはERC20と互換性を持たせるためのもので、もう一つがERC223で独自に追加されたものです。独自に追加されたtransferはトランザクションにデータを持たせることが可能になっています。

ERC777

ERC223がトークンの送り返しによってトークン消滅を防いでいるのに対して、ERC777ではコントラクアドれるがトークンの送受信ができるインターフェイスが設定されています。

ERC777はsend関数を利用しており、これはERC20とERC223のtransferに対応する関数です。また、他にもoperatorSendという関数があり、この関数を使ってITokenReceipentで実装されたアドレスかどうかを判断し、送金先のアドレスにトークンを送金するかを決定します。もし、送金が可能であれば、send関数を呼び出します。

ERC721

ERC20、233、777は全てFungible Tokenと呼ばれる代替可能なトークンで、お互いに同じ価値をもつとトークンのことを示していました。しかし、それに対しERC721はNon-Fungible Tokenと呼ばれる代替不可能なトークンを定義するために提案されました。

ERC165

ERC165はコントラクトがどのようなインターフェイスを実装しているかを確認できるようにするためのインターファイスです。ERC20トークンインターフェイスのような「標準インターフェイス」ではコントラクトがインターフェイスをサポートしているかどうか確かめることが必要があります。そのため、ERC165の目的はインターフェイスのが異変を標準化することにより、インタフェイス・バージョンをインターフェイス識別子にマッピングすることです。

ERC820

ERC820ではコントラクトや通常のアカウントのような任意のアドレスがどのインターフェイスを実装するか登録する子ができます。また、どのスマートコントラクトがその実装を行うかというユニバーサルなレジストリスマートコントラクトを定義します。少しERC165に類似している点もありますが、ERC820は実装しているERC20などの標準インターフェイス名のhash値からインターフェイスIDを作っているという違いがあります。

ERC827

ERC827はERC20をトークンように拡張し、transferとapproveメソット内でcallの実行を可能にするのが規格です。ERC20では、

1. approveで送金の許可

2. transferで送金

と2つのトランザクションを発生させなければいけなく、gasを多く消費しネットワークの負担も多くありました。しかしERC827では1つのトランザクションで送金できます。

イーサリアム(Ethereum)の相場価格推移

イーサリアム(Ethereum)はリリース直後25円/ETHからスタートし、2019年4月現在では約18,130円前後を推移しています。
リリース直後から追ってみると、他のICO通貨と同様に、リリース直後一瞬値が上がるもすぐに下落、そこから鳴かず飛ばずの2年間を過ごします。

中では、2016年5月に起きたDAO事件でのハードフォークにより900円台まで下落するも、2017年3月までは1000円台~2000円手前の価格を前後します。
しかし2017年3月を境に一気に価値が上昇し、最高43,807円の値を叩く場面も見られました。

この急上昇の背景には2つの理由があるとされています。

1つは EEA (後述)の結成。
世界的に有名な企業30社がイーサリアム(Ethereum)の支援を行うという報道により、イーサリアム(Ethereum)の価値が上昇します。
更に大手企業が続々と参加し、その度に価値を上げていくこととなります。

そしてもう1つはイーサリアム(Ethereum)プラットフォームを利用したICOの多発
この期間だけで約10件以上のICOが行われました。
ICOに参加するためには、ETHでトークンを購入しなくてはいけません。
これにより一気にETHの需要が高まり、需要過多による価値上昇という理由が考えられます。

順調に価値が上昇していくと思われていましたが、勢いは続かず一気に下落。
急上昇後最低の17,614円を叩く場面も発生しました。
これについても2つの理由があるとされています。

1つは、ビットコインが分裂することにより暗号資産自体の信用度が下がり、つられるような形で下落したという理由。
イーサリアムのDAO事件のような内部的問題ではなく、ブロックチェーンの構造そのものに問題があるとされ、暗号資産自体に不信感を持つ人が増えたからです。
これにより、イーサリアム(Ethereum)を含めほぼ全ての暗号資産の値が下がりました。

もう1つの理由としては、スケーラビリティ問題による下落という理由があります。

連続して行われたICOですが、当然ICOが終わりコインが上場すれば、利確をするために売りに出る人間が出てきます。
更に価値下落が始まったことにより狼狽売りに出る人間も発生します。
この売買が集中することによってイーサリアム(Ethereum)内での処理が追い付かなくなり、スケーラビリティ問題を引き起こしたという理由です。

その後メトロポリスへのアップデートに合わせて順調に回復します。
細かな上昇下落はありつつも、今やビットコインのチャートに釣られない値動きをする通貨にまで成長しました。

イーサリアム(Ethereum)を購入する方法

イーサリアム(Ethereum)は国内暗号資産取引所で売買ができる

イーサリアム(Ethereum)は、現在ほぼ全ての国内取引所にて取引することが可能です。
取引所によって流動性に偏りがあるため、タイミングによってはスプレッドの開きがある場合がありますが、2017年11月現在ではそこまで大きな開きはございません。

また、流動性の高さはほぼ取引所の知名度に比例しますので、現状おススメできる取引所はCoincheck、bitFlyer、Zaifの3か所であると言えるでしょう。

各取引所の開設方法については、以下の記事にて説明しております。

Coincheck(コインチェック)の簡単な口座開設のやり方

現在新規口座開設できません。

bitFlyer(ビットフライヤー)の簡単な口座開設のやり方

イーサリアム(Ethereum)は複数の海外取引所でも売買ができる

イーサリアム(Ethereum)は、国内取引所同様ほとんどの海外主要取引にて取引することが可能です。ただし、注意しなくてはいけないことが1つだけあります。

それは「オフィシャルとして取り扱っているかどうか」という点です。

取引所自体がイーサリアム(Ethereum)を大量に買い集め、自社の取り扱いコインとして出している可能性もゼロではありません。
ビットコインやイーサリアム(Ethereum)のような主要通貨であればそのような可能性は極めて低いですが、あまり名の知れていない取引所を利用する場合は注意が必要です。現状オススメできる取引所はpoloniex(ポロニエックス)、bittrex(ビットトレックス)などが挙げられます。

各取引所の開設方法については、以下の記事にて説明しております。

海外取引所Bittrex(ビットレックス)の口座の開き方

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
イーサリアム(Ethereum)への質問お待ちしております!
 

イーサリアム(Ethereum)プラットフォームで実現するプロジェクト

企業連合「EEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス/Enterprise Ethereum Alliance)」

EEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス/Enterprise Ethereum Alliance)とは、イーサリアムを支援する企業連合です。
2017年2月28日に設立され、イーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクト技術をビジネスに活用していくことを目標として活動しています。

発起当初は30社が集まり、以降続々と参加企業が増え2019年4月現在ではが所属しています。
中でも有名どころとしてJPモルガン、UBS、National Bank of Canadaなどの大手金融機関をはじめ、かの有名なマイクロソフト、Intel、Mastercardなど、名だたる企業が参画しています。
また日本からはトヨタ、東京三菱UFJ銀行などが参画したことにより、日本での知名度も一気に上昇しました。

EEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス/Enterprise Ethereum Alliance)は4つの目的を掲げています。

4つの目的

1. 標準のオープンソースになること

2. 企業の使いやすいEE(Enterprise Ethereum)の構築

3. ETHの進歩とともに発展していくこと

4. 既存の規格をよりよくすること

 

EE(Enterprise Ethereum)とは:ビジネスに特化した企業向けのプラットフォームのこと。イーサリアム(Ethereum)と比べると3つの特徴がある。

  1. 非公開型:非公開型に調整することが可能と考えられます。これは企業機密などの情報を守るためと考えらる。
  2. アクセス制御機能:イーサリアム(Ethereum)がアクセス制御がなく、誰でも自由にネットワークに参加できるのに対し、EEは特定の人だけにアクセスを許可する設定が可能と考えられる。
  3. 仕様変更の簡易化:イーサリアム(Ethereum)がの仕様変更では、ユーザーの合意がなければ仕様変更は不可能。しかし、EEでは、活用している企業が自由に仕様変更ができると考えられる。

金融市場でのイーサリアム(Ethereum)利用価値

イーサリアム(Ethereum)は、金融市場でもその力を発揮する可能性を秘めていると言われています。

金融市場と言えば、FinTech革命によりようやくインターネットが融合され、新たな革命を受け入れようとしています。その中でイーサリアム(Ethereum)が持つ「スマートコントラクト技術」の存在が一躍買われ、これを取り入れる動きも出始めています。

一方では、リップルの国際送金問題を解消するプロダクトも注目を浴び、各国の金融機関はむしろイーサリアム(Ethereum)よりリップルを支持している動きすら見えます。それ以外にも、コンソーシアム型ブロックチェーンを持った通貨やプライベート型、パブリック型ブロックチェーンは多数存在し、今のところどれが残るか誰も検討がつかない状態であると言えるでしょう。

金融市場としてはイーサリアム(Ethereum)とリップルを支持する声が強く、2強であると言えます。更には、現状双方の有識者は「共存」を望んでいるような発言が多く、現に2017年10月に行われたリップル社が主催するカンファレンス(SWELL)にヴィタリック・ブテリン氏が招待され、スピーカーとして登壇しています。イーサリアム(Ethereum)側も、実装予定のraiden networkにより、リップルとAPIで繋げたシステムを取り入れようとしている動きがあります。

このように「イーサリアム(Ethereum)だけが生き残る」というより、様々な暗号資産の『良い所取り』をしていくように見える金融市場では、イーサリアム(Ethereum)の存在は既に無くてはならない存在と言えるでしょう。

金融ディリバティブ と 安定価格通貨

イーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクトにより、企業間の契約を伴った取引がカンタン、且つスピーディーに行うことができます。一方では、現状金融デリバティブとして存在するイーサリアム(Ethereum)により、安定価格通貨として成り立つかどうかの疑問が浮上しています。

これはイーサリアム(Ethereum)に限ったことではなく、ビットコインを含む暗号資産市場全体に言えることで、現状ボラティリティが非常に高く、1日の中でも価値が20%以上前後することも少なくありません。特にイーサリアム(Ethereum)では、「28日間」という契約が永久保存されるまでのタイムラグが存在します。取引したタイミングと28日後とでは価値にかなりの開きが出てしまうことが懸念され、疑問視する声が消えることが無いとされています。

これにより、法定通貨や金・銀・プラチナといった通貨(又はそれになり替わるもの)と比較してしまえばまだまだ実用性は低く、額が大きくなればなるほどその差額をどこで見て調整するかが過大となってしまいます。

証明書発行のシステムで「信用情報」が永久保存される時代

もはやブロックチェーン技術を利用すれば、その取引が永久に保存されるということは周知の事実。更にスマートコントラクト技術により、契約書のような情報も永久保存される時代になりました。不動産売買や証券取引、借用書、更には全ての企業間取引等、全ての取引情報が保存されます。

ここで一番注目したい点として、「追記は出来るが書き込んだ内容の削除ができない」ということ。これにより「言った言わない」を完全に防ぎ、後から修正するという行為を無いものとします

更にイーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクト技術が優れている理由としてはそれだけではなく、永久保存されるタイミングが「28日後に永久保存される」ということ。これにより、過去で問題となったThe DAO事件やparityウォレットの問題などが解決されました。

以前、ビットコインのトランザクション情報内にプロポーズの言葉を入れ、プロポーズを成功させた男性のニュースが話題となりました。様々な不正やハッキング、汚職問題などが後を絶たない時代に、イーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクトは終止符を打てる存在であると言えるでしょう。

分散型ファイルストレージ

イーサリアム(Ethereum)には「Decentral Dropbox contract(ディセントラル・ドロップボックス・コントラクト)」と呼ぶ技術があります。現在数多くのオンラインファイルストレージが存在していますが、イーサリアム(Ethereum)は現在のストレージの仕組みはどれも非効率であると考えます。無料と有料の間には隙間が生じ、それを「利用者に少額のフィーを払う」ことにより解消し、より多くのユーザーを確保することができると提唱しています。

分散型自律組織 Decentralized autonomous organization (DAO)

DAOはイーサリアム(Ethereum)のプラットフォームを利用した仕組みであり、イーサリアム(Ethereum)のプラットフォーム内でICOを行いました。
1か月弱で150億円もの資金調達に成功し、当時最も資金を集めた通貨として有名になり、またハッキングを受けたことでも一躍注目を浴びた暗号資産です。

The DAO (decentralized autonomous organization)を直訳すると「自律分散型組織」となります。つまり特定の国や管理主体に属さない自立した組織であり、その組織の「ルール」はスマートコントラクトとしてブロックチェーン上にプログラムされます。

DAOの特徴として簡単にまとめるとすれば、下記のように集約して説明することができます。

・法定通貨や他の通貨から切り離すことにより、政治や市場の動向に左右されないプラットフォームとして存在することが可能であること
・分散型プログラムにより、ハッキングや政治介入のリスクが少ないこと
・板が厚くなればなるほど不変性を保つことができること
・オープンソースであること

と簡単に見てしまえば、イーサリアム(Ethereum)やネム(NEM)、ミジン(Mijin)等と似たような通貨であることが分かります。
どれだけDAOの技術を支持するユーザーを確保できるかが、今後の明暗を分けるカギとなってくることでしょう。

詳しくは下記の記事にて説明しております。

The DAO (decentralized autonomous organization)の解説

分散型暗号資産取引所 DEX(Decentralized Exchange)

DEX(Decentralized EXchange)とは、「分散型暗号資産取引所」であり、中央管理者がいなくても取引が出来る非中央集権型の取引所のことです。

カンタンに説明すれば、一般的に使用している暗号資産の取引所(Poloniex、bittrex、bitFlyer、Coincheckなど)は「ウォレットの機能を持った取引所」であり、DEXは「取引所の機能を持ったウォレット」であると言えます。

またDEXには5つのメリットがあります。

DEXのメリット

・ユーザーが秘密鍵を管理できる

・取引所倒産による資産消滅がない

・身分証明が必要ない

・ハッキングされない

・システムが落ちない

 

しかし、DEXには3つのデメリットもあります。

DEXのデメリット

・オーダー毎に手数料がかかる

・管理が困難で、マネーロンダリングに要される可能性あり

・出来高が少なく、板が薄い

 

詳しくは下記の記事にて説明しております。

分散型取引所(DEX)プラットフォーム「AirSwap」の紹介

代表的な分散型取引所(DEX)の解説

代表的な分散型暗号資産取引所 Ether Delta など

DEXにはいくつかの種類があります。イーサリアム(Ethereum)では有名なDEXとして「Ether Delta」があり、誰でもカンタンに口座を作成することができます。

詳しくは下記の記事にて説明しております。

代表的な分散型取引所(DEX)の解説

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とイーサリアム(Ethereum)の関係

ICOとイーサリアム(Ethereum)とは、切っても切れない関係にあると言えます。その大きな理由としては2点挙げられます。

ICOとの関係

1. イーサリアム(Ethereum)がプラットフォームであること

2. イーサリアム(Ethereum)がスマートコントラクト技術を持っていること

 

現在暗号資産やブロックチェーン技術を利用した新しい技術を開発する際、オープンソースとして公開されているプログラム(ビットコイン、イーサリアム、ミジンなど)を引用し、開発をすることが王道です。
スマートコントラクト技術を持ったイーサリアム(Ethereum)は、今や大手企業や各団体が支持しているように、世間の目はビットコインよりも優れているものとして認識しています。よってイーサリアム(Ethereum)のプログラムを引用すれば、最低基準の評価は確保できるとされ、その上でICOを行えば資金調達が安易になることは想像に難くないと言えるでしょう。

更に、イーサリアム(Ethereum)のプラットフォーム内でICOを行うということは、ETHを通じて資金調達を行うということ。100億円の資金調達ができたとすれば、100億円のETHが売買(換金)されたということになります。

詳しくは下記の記事にて説明しております。

ICOとイーサリアム(Ethereum)の関係性

イーサリアム(Ethereum)のマイニング(Mining)

イーサリアム(Ethereum)をソロマイニングする方法

イーサリアム(Ethereum)でのマイニングはGPU(グラフィックボード)を用いて行います。これによって ビットコインのマイニングよりも参入障壁が低く、ソロマイニングも可能 です。

具体的には「Minner Gate(マイナーゲート)」という海外サイトにアクセスし、そこからマイニングするためのソフトをダウンロードします。英語で書かれているので英語が読めない人にとっては難易度が高いかもしれませんが、マイニング初心者でもインストールするだけでマイニングができますのでオススメです。

ただし、イーサリアム(Ethereum)はCasperによりPoWからPoSに形式変更となれば、マイニングをすることができなくなります。費用対効果で考えるとするならば、現在所有しているマシン以上の投資を行ってマイニングを行うことでの利益を生むことは難しいでしょう。

詳しくは下記の記事にて説明しております。

失敗しないイーサリアム(Ethereum)のmining(マイニング)

イーサリアム(Ethereum)のマイニングプールを紹介

ビットコインのマイニングプールほど数は多くありませんが、イーサリアム(Ethereum)にもクラウドマイニングを募集しているマイニングプールは存在します。基本的には海外のマイニングプールに参加し、クラウドマイニングを行う流れになります。
ここでは代表的なプールとして3つのプールを紹介させて頂きます。

Genesys mining(ジェネシスマイニング)

イーサリアム(Ethereum)のマイニングプールの中では老舗です。海外のサイトですが日本語にも対応しており、初心者でも参入しやすいのが特徴です。

hashflare(ハッシュフレア)

こちらも海外サイトでありながら日本語対応をしています。最低2.2$から参加することが可能の為「とりあえずやってみたい」という方にも参加しやすいマイニングプールであると言えるでしょう。

Bit Club Network(ビットクラブネットワーク)

元々ビットコインのマイニングから始まったプールですが、近年イーサリアム(Ethereum)のマイニングにも参入。他にもZcashのマイニングも行うことが可能です。

イーサリアム(Ethereum)のマイニングの将来

イーサリアム(Ethereum)はCasperによりPoWからPoSに形式変更となれば、マイニングをすることができなくなります。2019年4月現在では、最終段階(セレニティ)のひとつ手前のメトロポリスというバージョンです。このセレニティにバージョンアップすることでPoS形式に変更となり、その時期は2019年を予定しています。

セレニティになってしまえば、マイニングは一切行うことができません
イーサリアムマイナーの、その後の未来としては
・マイニングから撤退する
・別のアルトコインのマイニングを行う
の2拓しかありません。

後者、アルトコインのマイニングにスライドすることが現実的ではありますが、イーサリアム(Ethereum)ほど市場規模が大きく今後の将来が見えている、且つGPUにてマイニングを行えるアルトコインはそう多くありません。引き際をよく見た上で判断することが好ましいと考えられます。

イーサリアム(Ethereum)のアップデート・ハードフォーク

Frontier (フロンティア/未開拓地)

Frontier (フロンティア)とは、イーサリアム(Ethereum)の4段階に分かれた進化プログラムの内1段階目のバージョンで、2015年7月に実施されました。

基本的な機能の実証実験として行われ、今後イーサリアム(Ethereum)上で構築されていく分散型アプリケーションプラットフォームの実践練習を目的として行われました。今後4段階にも及ぶハードフォークの足がかりとなるアプデートでした。

主に技術者向けの進化であり、イーサリアム(Ethereum)の技術的なアップデートに当たります。

特にこの初期のアップデートでは、細かなバグや技術面の改良について修正が行われました。

詳しくは下記の記事にて説明しております。

イーサリアム(Ethereum)のアップデートフロンティアの解説

Homestead(ホームステッド/開拓地)

Homestead(ホームステッド)とは、イーサリアム(Ethereum)の4段階に分かれた進化プログラムの内2段階目のバージョンで、2016年3月に実施されました。

ひとつ前のアップデート、Frontier(フロンティア)と同様、主に技術者向けのベータ版プラットフォームと言える進化であり、イーサリアム(Ethereum)の技術的なアップデートに当たります。

このアップデートでは、大きく分けて3つの改良が行われました。

1. ブロックチェーンの分岐を防ぐ機能の追加:契約作成時にGASが足りない場合、空の契約を作っていましたが作成自体を不可能にしました。
2. 利用手数料の引き上げ(GAS):契約作成のGASコストを21000から53000に増加しました。
3. マイニング難易度の調整方法の修正:アルゴリズムを変更しdifficulty(採掘難易度)調整しました。” ]

 

このアップデートにプラットフォームがより多くの人が安全に利用できるものへと進化しました。また、Daapsなど多彩なアプリケーションがイーサリアム(Ethereum)上で開発され始めるきっかけともなったのがこのアップデートです。 マイニングの難易度を調節するアルゴリズムも変更され、取引が承認されるまでの所要時間が5~20分と大幅に短縮されました。 イーサリアム(Ethereum)で発行されたトークン(IPO/イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンを利用する)のやりとりも活発化し始め、それにとイーサリアムの価格が急上昇したこともこの時期の特徴と言えます。

詳しくは下記の記事にて説明しております。

イーサリアム(Ethereum)のアップデートホームステッドの解説

Metropolis(メトロポリス/都市)

Metropolis(メトロポリス)とは、イーサリアム(Ethereum)の4段階に分かれた進化プログラムの内3段階目のバージョンです。

このアップデートにより、スマートコントラストの実装完備化、プライバシーの保護、セキュリティーの強化などが実施され、誰もが使いやすいものとなりました。スマートコントラストをより簡単に作成可能な仕様変更を行いスマートコントラスト自体を簡素化し、セキュリティを強化するためにユーザーが秘密鍵(private key)をもつアドレスを決めることができるようになり、ハッキング対策としても活用できるようになりました。

このバージョンに移行するにあたり、「Byzantium(ビザンティウム)」と「Constantinople(コンスタンティノープル)」の2つのプロジェクトに分かれてアップデートが行われました。

  • Byzantium(ビザンティウム)

2017年10月から実施されており、PoW(proof of work)からPoS(proof of stake)への移行準備、「匿名性の強化」「難易度調節式の変更」などが行われました。イーサリアム(Ethereum)では完全にPosへのと移行するわけではなく、PoWとPoSが共存するようになります。匿名性の強化の面に関しては、Zcash(ジーキャッシュ)開発チームとの共同開発による「Zero-knowledge-proof もしくはZk-SNARS/ゼロ認知承認」(取引の匿名性を保持した上での取引を可能にする)と言う技術も導入する予定になっています。

  • Constantinople(コンスタンティノープル)

「より速く動くこと以上に、より安全に取引されること」の実現に重きを置いています。イーサリアム(Ethereum)のマイニングの難易度をあげるとともに、マイニング報酬の現象(市場流通数の縮小)を実施し、PoW+PoSへの移行検証を行います。

 

詳しくは下記の記事にて説明しております。

イーサリアム(Ethereum)のアップデートメトロポリスの解説

Serenity(セレニティ/安定板)

Serenity(セレニティ)とはイーサリアム(Ethereum)の最終形態であり、考案者ヴィタリック・ブテリン氏が最終的に目指す形であると言えます。ビットコイン同様に技術的な問題とされていた、PoWによるマイナーの確保、電気量の確保、51%攻撃のリスクなどが解消され、PoS形式へと進化を遂げます。更にスマートコントラクト技術とそれを支援する団体によって、今後の暗号資産界でビットコインを超える存在となることができる可能性を秘めていると言えるでしょう。

詳しくは下記の記事にて説明しております。

イーサリアム(Ethereum)のアップデートセレニティの解説

イーサリアム(Ethereum)の運営メンバー

Vitalik Buterin/ヴィタリック・ブリテン(創設者)

イーサリアム(Ethereum)は、2013年に天才技術者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)という人物によって設計が始められました。

ヴィタリック・ブテリン氏は1994年ロシアのモスクワ州のコロムナに生まれ。6歳の頃には家族ごとカナダに移住します。
小学3年生にはその天才ぶりの片鱗を見せ、18歳で情報科学の国際オリンピックにて銅メダルを獲得。
17歳の頃にビットコインを父から紹介され、そこから暗号資産の魅力にとりつかれていきました。

ビットコイン関連のブログを書いたり小中規模のプロジェクトに参加したりするうちに、学業より多くの時間を費やしていることに気付き、大学を2年で中退。
世界各地で行われているビットコインに関する研究を見て回り、その技術を学びました。

その中で、ビットコインに取り入れられているブロックチェーン技術を通貨以外に利用しようとしているプロジェクトに着目。
それらをサポートするプラットフォームが無く、プラットフォーム自体が技術発展には欠かせないと考え、イーサリアム(Ethereum)の考案に乗り出します。

2011年9月には共同設立者としてBitcoin Magazine社を設立。
わずか19歳という年齢でイーサリアム(Ethereum)を発表し、今や世界的な技術者として名を馳せています。

Jeffrey Wilcke(ジェフリー・ウィルケ)/テクニカルステアリング

2013年に初めてGOプログラミング言語を使いETHの実用を行い、それ以来GOチームを率いるとともに開発長を担っています。2015年7月30日にはGOクライントが公開され、ETHのプラットフォームをリリースを成功させた重要人物です。

Joseph Lubin(ジョセフ・ルービン)/ETHの開発者

現在は、イーサリアムベースのブロックチェーン開発に携わる企業「ConsenSys」のCEOとして活動しています。以前は、エンジニアや金融業、音楽関連業など、ざまざまな分野のプロジェクトに携わっていましたが、ビットコインのホワイトペーパがきっかけで、ブロックチェーン技術に興味を持ち、その後イーサリアム(Ethereum)の考案者であるブテリン氏と出会い、イーサリアム(Ethereum)の共同創業者となりました。

Gavin Wood(ギャビン・ウッド)/ETH開発者

イーサリアム(Ethereum)のCTO(最高技術責任者)として、ETHのイエローペーパー(イーサリアム(Ethereum)で使用されている技術の概要が記載されている文書のこと)の作成とプログラミング言語Solidity(ソリディティ)の開発を行なっている人物です。 ウッド氏はプログラマーやマイクロソフトの製品開発などに携わった後、その経歴を活かして最高技術責任者として、イーサリアム(Ethereum)の開発を行なっています。

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)/ETH開発者

イーサリアム(Ethereum)の元CEOで、組織の設立や運営に携わった人物です。2つの暗号資産関連の会社を共同創設後、イーサリアム(Ethereum)のCEOとして、プロジェクトに参画しました。主な活動は、開発費の資金調達などを実施するために必要な、法人の設立や運営でした。しかし、その組織を「営利団体」とするか「非営利団体」とするかで意見が分かれ、結局ブテリン氏は非営利団体として「イーサリアム財団」を誕生させました。営利団体の設立を目指していたホスキンソン氏は、このことがきっかけで2014年5月にイーサリアム(Ethereum)から脱退ました。 現在のホスキンソン氏は、暗号資産分野の研究・開発を担うInput and Output Hong Kong(IOHK)でCEOを務めています。

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
イーサリアム(Ethereum)への質問お待ちしております!
 

イーサリアム(Ethereum)の出資者

JPモルガン・チェース(JP Morgan Chase)

アメリカの金融企業。アメリカ最大の資産を持つ巨大銀行であり、ヘッドファンド部門は世界最大。

マイクロソフト(Microsoft)

アメリカの情報・通信 パソコン用OSを取り扱う会社でありこの業界では世界一のシェアを誇っている。

トヨタグループ

日本の輸送用機器を扱う企業であり、世界最大の自動車メーカー「トヨタ」と中核とした企業。メーカー「デンソー」もトヨタグループ傘下であったりと幅広く事業を手がけている。

三菱UFJフィナンシャル・グループ

日本の金融企業。日本3大メガバンクの一角をしめている三菱東京UFJ銀行を傘下に持つメガバンク。

IBM

アメリカの電気機器・情報 世界最大のソフトウェア・ハードウェアの研究開発企業。米国特許取得は23年連続IBMが一位。

イーサリアム(Ethereum)の将来性

今や、考案者ヴィタリック・ブテリン氏は各暗号資産関連のカンファレンスに引っ張りだこ状態で、その技術や考え方など高く評価されています。
satoshi nakamotoが表に出ない以上、ビットコインを含む暗号資産市場をけん引していると言っても過言ではありません。

イーサリアム(Ethereum)として見ても、現状市場規模第2位をキープし3位との差は3倍以上の規模を誇っています。
外部的に見れば、実用化が進むスマートコントラクト技術を使用した取引に続き、イーサリアム(Ethereum)を支持する団体EEAの存在や、続々と増えるイーサリアムプラットフォームを利用したICO、ライデンネットワークを利用したリップルとの提携などがあり、
イーサリアム(Ethereum)の多様性を現実のものにするための動きが留まることなく進行しています。

また内部的に見れば、4段階進化の最終形態セレニティが2019年に控えていることやライデンネットワークの実装(予定)など、更なる進化を予定しております。

これだけの内外的要因がある以上、今後の価値下落の可能性は極めて低いと考えられます。

一方では、「この流れが5年10年先まで続くか?」という疑問が発生しますが、その答えについては正直全く分かりません。現にイーサリアム(Ethereum)よりも優れた機能を持った暗号資産も生まれていますので、いつイーサリアム(Ethereum)と取って代わって支持されるかについては全く未知の領域であると言えるでしょう。

この部分については、外部的要因というよりもヴィタリック・ブテリン氏の描く構想がどれだけ時代の先端を行き、世界が必要としているものと合致するかどうかにかかっていると考えられます。

イーサリアム(Ethereum)のまとめ

コインオタク伊藤
暗号資産市場拡大の立役者と言えば、スマートコントラクトという概念を生み出したイーサリアム(Ethereum)です。非常に情報量が多く、難解かもしれませんが、もちろんこのすべてを知らなくてもイーサリアム(Ethereum)を使うことは可能です。ビットコイン以上に複雑なブロックチェーンであり、活動も多いです。イーサリアム(Ethereum)がなければ暗号資産市場の50%は誕生しなかったかもしれません。そんなイーサリアム(Ethereum)ですが一時期の過熱ぶりから落ち着きを見せております。2017年の暗号資産バブルの様相は、イーサリアム(Ethereum)の期待が先行していたと読むこともできます。次は実績で評価されるように頑張っていただきたいです!
ビットコイン高橋
BTC、XRPと同格のメジャー通貨。BTCが決済や概念として、XRPが金融機関へ、そしてETHは企業体へと広がる入り口を担っている。でも1世代通貨とか1.0とかの呼び名で呼ばれているだけあって、ETHよりも優秀な通貨は沢山出てきているし、実用で使われるのももしかしたらETHじゃない通貨が使われる可能性はかなり高いんだよね。 これはEEAに参加している企業が大手中心で機動力に欠けることも物語っていると思う。 もし実用で広がらなかったとしても、広がる通貨の大元の概念を作ったレジェンド的な立ち位置で残ると思うし、ハッカソンなどの題材として使われたり、技術者の技術向上や練習などではずっと使われていくと思うよ。

 

今あなたが持たれているイーサリアム(Ethereum)、またその他のICOトークンをどうすればいいのか。迷われている場合は必ずこちらもご確認ください!

↓↓

コインオタク・オンラインサロン 『テクニカルチャート分析講座』が加わってさらにパワーアップ!

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
イーサリアム(Ethereum)への質問お待ちしております!
 

6 件のコメント