大苦戦!?賛否両論のオタクコイン。そのプロダクトは業界を牽引できるか

ニュース

今や世界に広がり続ける日本のオタク文化ですが、

ついに暗号資産「オタクコイン」のICO実施に向け、「Tokyo Otaku Mode Inc.」が検討を始めました。

実際にオタクコインとはどのような暗号資産なのでしょうか。

また、それに対する世間の声はどうなのでしょうか。実際に調査致しました。

オタクコインのICO実施を検討

ウェブサービス事業を手掛ける「Tokyo Otaku Mode Inc.」は12月27日、日本のアニメ・漫画・ゲームなどのオタク系コンテンツ業界に特化した暗号資産「オタクコイン」でのICO(Initial Coin Offering) 実施に向け、本格的に検討を始めたことを発表した。

引用元:exciteニュース 暗号資産「オタクコイン」発行検討 ネットでは賛否両論の声(2017年12月27日)より

オタクコインはオタク系のコンテンツに特化した暗号資産のようです。

オタクコインの公式サイトはこちら

たしかに今や世界中でコミックマーケット等も開催され、どこでも通用する暗号資産の気がいたします。

しかしまだホワイトペーパーは現時点では公開されてないようです。(2018年2月4日時点)

今後最新情報を取るには、上記公式サイトより、メールアドレスを登録すると、最新の情報をすぐに取ることができます。

それでは現時点で実際にオタクコインはどのような暗号資産なのでしょうか。

オタクコインとはオタク系コンテンツ共通の暗号資産

オタクコインとは、アニメ・漫画・ゲームなどのいわゆるオタク系コンテンツ業界で利用可能な共通通貨のこと。具体的には、アニメ作品への直接的な支援や、アニメイベントへの参加費用、物販での支払いなど、この領域における多種多様な支払いに充当できる仮想仮装通貨えである。

引用元:exciteニュース 暗号資産「オタクコイン」発行検討 ネットでは賛否両論の声(2017年12月27日)より

なるほど、 オタクコインはいわゆる、アニメや漫画、ゲーム等のコンテンツに関わるほとんどの売買をオタクコインで行うということ でしょう。

たしかに、これによってよりダイレクトに世界中の方がコンテンツ支援をおこなえるのではないでしょうか。

とても魅力的な暗号資産のように思えます。


このオタクコインに関わるアドバイザーの方がこちらです。

アドバイザー/(株)ジェンコ代表取締役社長 真木 太郎氏

真木太郎氏は、『天地無用』という大ヒットアニメをプロデュース後、

作品の企画、プロデュース専門の会社、株式会社ジェンコを起業した方です。

同社で手掛けた作品は、みなさんもご存じの『ハチミツとクローバー』(2005)、『のだめカンタービレ』(2007)等があります。

アドバイザー/Oculus創業者 パルマー・ラッキー氏

パルマー・ラッキー氏は、19歳と若くしてOculus社を設立した方です。

今後更なる広がりが期待される、VRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を発案しました。

いまやゲーム等にも取り入られている、VRですが、彼がそのVRムーブメントを引き起こしたともされています。

しかし、そのあとFacebook社に買収され、同社を退職し、現在は、安全保障関連のテクノロジー企業を創設され、事業家としても活躍されています。

アドバイザー/ANN CEO クリストファー・マクドナルド氏

クリストファー・マクドナルド氏は、北米最大規模のアニメ紹介サイト「Anime News Network(ANN)」のCEOです。

現在も最高経営責任者として活躍されています。

アドバイザー/ジャーナリスト 数土 直志氏

数土 直志氏は、情報サイト「アニメ!アニメ!」を設立された方です。

2016年7月に「アニメ! アニメ!」を離れ、独立されました。その後は、

「デジタルコンテンツ白書」アニメーションパート、「アニメ産業レポート」の執筆などをされています。

オタクコインの今後の未来

今後、オタクコインが広がると、世界中のアニメファンが、イベントにすぐ入場でき、イベント商品買い物もキャッシュレスで、

さっと買い物ができるようになると言われています。

またファンが、オタクコインを通じてアニメ制作者の生活を支援でき、アニメ制作者もより良い作品が提供できるようになります。

そして、アニメ制作の企画段階から関わることができ、制作者やクリエイターともより深い関係をもつことができるようになることが予想されます。

そうなれば、よりダイレクトにファンの声が伝わるようになるでしょう。

そして最後に、普段のアニメの視聴やちょっとしたSNSでのアクションが、コンテンツ業界への貢献とされるのです。

その対価としてオタクコインが受け取られるようになります。そして そのオタクコインでグッズの購入をしたり、 また次の作品の為の支援等をおこなえるようなるという未来を思い描いている ようです。

オタクコインに対する意見は、賛否両論。今後大苦戦の可能性も。

しかしどうやら、 オタクコインに対しては、賛否両論ある ようです。

まずは、賛成意見です。やはり面白そうで注目しているというツイートがたくさん見受けられました。

しかし、一方で、否定的な意見もあるようです。

(旧2ちゃんねる 現5ちゃんねる)のわたなべ氏という方が開発したモナコインが下がってしまうのではないかという意見や、

クリエイターと消費者の中間搾取をしょうとしているのではないか、という意見が上がっていました。

オタクコインは今後どうなるのでしょうか。2018年の春~夏にかけてICOが行われる予定と言われています。

当サイト名コインオタクにも似ていることもあって、オタクコインを是非とも応援したいです。

今後も共同参画者が続々と参加予定とのことですので、これからのオタクコインの動向は目が離せません。

引き続きどうなるのか注目しましょう。

国内発のICOについて詳しく知りたい方はこちら

ICOについて、もっと詳しく知りたい方はこちら