2018年12月11日、Newtonプロジェクトによる「2018Newtonコミュニティノード会議」が開催!Newton創始者をはじめ発表内容をレポート!

プレスリリース

12月11日、Newtonプロジェクトはマカオで「2018Newtonコミュニティ・ノード会議」を開催しました。
「重力」をテーマに、Newtonプロジェクトの技術進歩、コミュニティガバナンスとインセンティブの仕組み、商業的な生態学的発展、Newtonの未来を紹介しました。 同時にNewtonは、ブロックチェーン分野の学者、専門家、有名な投資機関、メディア、コミュニティメンバーをブロックチェーン分野のNewtonプロジェクトに招待しました。Newtonはコンセンサスラボ、JLAB、Chuangshi Capital、BlockVCおよび他の機関からの投資を得ていることが理解されました。

2018年1月1日の創業以来、Newtonはホワイトペーパー、公式ウェブサイトを公開し、最初のセールを完了しました。 セールの第2ラウンドでNewtonは、7倍以上の市場パフォーマンスを達成しました。 加入者は世界中の89カ国および地域から来ていると報告されています。 さらに、Newtonは9月にプロジェクトのテストネットワークを公開し、3回目のセールを完了する予定です。

 

会議前半、Newtonキーパーソンによる発表

Newton創始者Xu Jizhe氏

この会議では、Newtonの創始者であるXu Jizhe氏がNewtonプロジェクトの開発について紹介しました。 彼はブロックチェーン産業は寒い冬になったが、Newtonのコミュニティの熱は消えていないことを強調しました。
Newtonのコミュニティは現在、89カ国から17万人に達し、18カ国語をサポートしています。 加えてXu Jizhe氏は、Newtonのコミュニティメンバーは、2019年末までに指数関数的に増加するとの予想を明らかにしました。

さらにXu Jizhe氏は以下のように言及します。
ブロックチェーン産業は現在バブルバースト段階にあります。 現在、Newtonには80カ国以上に17万人のコミュニティメンバーがいます。トークンの発行は、融資プロセスだけでなく、ブロックチェーンプロジェクトのためのチームと、そのコミュニティを構築する方法であり、さらに世界のブロックチェーンの最大の変化は、私たちの未来が何であるかを考えることを促進することだと考えています。

Xu Jizhe氏の最も強調することとして、Bitcoinは最初に成功したブロックチェーンプロジェクトであり、資金を調達していないゼロパワープロジェクトであったことを言及しました。当初、Bitcoinは一般的なコンピュータを利用するだけでも、高い利益を発生させていました。
現在、多くのブロックチェーンプロジェクトが高いポテンシャルで立ち上げられており、それらは資金調達を可能としています。しかし、高エネルギーを必要とするプロジェクトでは、高エネルギー需要による経済的な弊害が発生し得る点にも言及しました。

 

NewtonプロジェクトコンサルタントTheodore Gray氏

続いて、NewtonプロジェクトコンサルタントのTheodore Gray氏は、TPS、メインチェーンとサブチェーンの技術的ソリューション、ブロックチェーンとストレージ、IoTとAIを含むNewtonプロジェクトの技術開発と長期的な開発計画を紹介しました。
Theodore Gray氏は、Newtonプロジェクトは新たな段階に入っており、2018年12月18日に新たなメインプロジェクトを立ち上げると述べています。

現在のところ、ナスダック上場企業が締結した唯一のブロックチェーン・プロジェクトであり、ユーザーデータマイニングを保存して新しいインセンティブを得ることを目指しています。

Newtonのプロジェクトは、12月18日のメインプロジェクトの計画的な立ち上げに加え、ショッピングプラットフォーム「NewPay」や「Newton Wallet NewPay」などのプロジェクトを開始する予定です。

Newton共同設立者であるLi Shubin氏

Newtonの共同設立者であるLi Shubin氏は、会合で、生態系における最も重要なアプリケーションであるNewMallがすぐに開始されると発表しました。同氏は、NewMallが高品質のビジネスと費用対効果の高い製品を集約し、ユーザーに主流の高品質な商品やカテゴリーを提供することを明らかにした。現在、NewMallは元の馬山丘と一部の家庭ブランドとの契約に達しています。Newtonは、ユーザーの支払い習慣や支払いシナリオを変更することなく、NewMallのビジネスシステムを構築したいと考えています。

NewPayは現在、中国語、英語、日本語をサポートしています。
異なる国籍のユーザーを十分に考慮して、Newtonは今後より多くの言語バージョンを追加します。NewPayは友人の追加をサポートしており、測定された支払いの時間は3秒以内です。TPSは毎秒5,000に達することが報告されています。Xu Jizhe氏は、NewPayは今後はグローバルな決済手段になる可能性があり、ベータ版はEthereumをサポートしていると言及しました。オンラインNewMallは、設備容量のNewPool NewPayが将来偉大な想像力によって増加されます。NewPayが、世界で最も重要なヒューマン・マシン・インタフェースになることを願っています。

Newtonプロジェクト責任者Catiah Li氏

Mediaプロジェクトは、Newtonがブロックチェーン業界全体を結ぶ媒体になります。Newton Mediaプロジェクトの責任者であるCatiah Li氏は、Mediaプロジェクトは業界をリードする人物、創業者、コミュニティクリエイター、アプリケーション開発者を結びつけると語りました。同時に、彼女はNewtonがメディアプロジェクトを通じてオンライン、オフライン、および業界会議を開催することを明らかにしました。

Newtonは来年の基本契約を開始し、開発者はこの契約に基づいてDAppを設計し、Newtonベースの契約を締結し、Newtonへアクセスできることに言及する価値がある。Xu Jizhe氏は、Newtonは世界的な自由でオープンな環境を作りたいと語りました。

Newtonは、ブロックチェーンアプリケーションを積極的に適用しながら、伝統的な産業との協力も増やしています。Newtonは重慶穀物グループと共同でブロックチェーンインテリジェント植栽プロジェクトを開発することが認知されています。この共同開発は、データの保管、食品の保管、物流、輸送に協力して、食糧の栽培と取得をより安全で便利に、そして知的なものへと向かわせます。

会議後半、Newtonにおける4つのテクノロジを考察

会議の後半のラウンドテーブルは、Newtonの4つの名称「Newtonのコミュニティガバナンスとインセンティブ」、「Newtonの技術を使って世界を改善する方法」、「ブロックチェーンの価値論理を変える」、 「産業界から生態学へと変化するための改善」について語られました。

この会議では、コミュニティのメンバーが積極的にNewtonの開発状況とコミュニティガバナンスとインセンティブの計画について議論し、Newtonの技術的利点を紹介しました。「ブロックチェーン価値の論理を復元する」と題したラウンドテーブルでは、「Bitcoin Ambassador」Li Weisheng氏は、冬はフランスの通貨に基づいている人だけに影響を与えていると語りました。他の暗号資産保有者にとって最初に考慮する必要があるのは、保有する通貨に将来性があるかどうかと、それが消滅するかどうかを検討することです。未来があり、それが消えないなら、どんな恐れも必要ありません。

Newtonの共同設立者でありHaole創設者兼CEOのLi Shubin氏は、「改善から変革、産業から生態学へ」というテーマのラウンドテーブルフォーラムでは、主に中国のインターネットの発展が補助され、誘発されていると述べました。

現在のブロックチェーン技術は、ショッピングプラットフォームのサービスエクスペリエンスと流通効率を改善するものではありませんが、インセンティブの形で配布されます。これは、少なくとも検討する価値があります。 おそらくブロックチェーンアプリケーションが、あらゆるシナリオで導入を実現するためには長期的なプロセスである現状を改善する必要があります。