【情報量日本一位】18分で500億BTT(約8億円分)の資金調達を達成BitTorrent(ビットトーレント)を徹底調査!

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

BitTorrent社は、自社のトークンであるBTTのエアドロップを2019年2月11日に開始し、 2025年2月まで継続するという前代未聞の長期エアドロップ計画を発表しました。

BitTorrentトークンは、2019年1月28日に、18分で500億BTT(約8億円分)の資金調達を達成しています。約240億BTTの資金調達をなんとわずか13分30秒で行なっています。 BTTの価格が660%の上昇を見せた時、ビットコインは3%の下落を見せていた事も 事実です。

今回、そんな異例のBitTorrentを紹介していきます!

本文はヘッドラインニュースの後ですので、本文から入りたい人はスクロールしてくださいね。

BitTorrent(ビットトーレント) ヘッドラインニュース
【速報】BitTorrent(ビットトーレント)Coin Pay Mentsとパートナー提携<2019年11月9日更新>

BitTorrent(ビットトーレント)はCoin Pay Mentsとパートナー提携を果たしたことを発表しました。

これから数ヶ月後にはBitTorrentやutorrentの商品がBTTで購入可能となる予定です。

詳しくはこちらへ。

【速報】BitTorrent、EXMOに上場<2019年10月25日更新>

BitTorrentはEXMOに上場しました。

・BTT/BTC

・BTT/RUB

・BTT/UAH

が取引可能となりました。

【速報】BitTorrent、uTorrentの利用チュートリアルを公開<2019年9月17日更新>

BitTorrentは1つのアプリケーションで検索、ダウンロード、ストリーミングを可能にすするuTorrentの利用のためのチュートリアルを公開しました。今回はMacででどのように利用するかのチュートリアルとなっています。

チュートリアルの利用方法の手順としては、

  1. アプリケーションをダウンロードし、Torrentを検索
  2. drag and drop機能を追加し、アプリケーションにtorrentを追加する
  3. 映像を確認
  4. アプリ内でファイルを編集

となっております。

詳しくはこちらへ。

 

BitTorrent(ビットトーレント)の特徴

1億人のアクティブユーザーを抱える世界最大規模のプラットフォーム

2001年にサービスを開始したBitTorrentは今では規模を広げ、世界138カ国で1億人以上のアクティブユーザーを抱えています。

・TRON基盤であり注目度が高い

同じP2Pと分散型システムを持つ大手TRONと合併することによって資金調達方法の改善を測っています。

 

BitTorrent(ビットトーレント)の基本情報

案件名:BitTorrent

シンボル:BitTorrent

通貨記号:$BTT

販売時期:2019年1月28日〜2019年2月3日

初期供給量:89,100,000,000 BTT

ハードキャップ:$7,200,000

パブリックセール:59,400,000,000 BTT

プライベートセール:108,900,000,000 BTT

総発行枚数:990,000,000,000TT

会社概要

BitTorrent Inc.はサンフランシスコに拠点を置くインターネット技術会社です。 効率的にインテリジェンスを最先端に保ち、作成者と消費者がそれぞれの コンテンツとデータを管理できるように分散テクノロジを設計します。 毎月1億7,000万人以上の人々がBitTorrent Inc。の製品を使用しています。

BitTorrent(ビットトーレント)の上場先一覧

BitTorrent(BBT)を 上場している取引所

BinanceOKEXBittrex InternationalHoubiHitBTCbithumbBITFINEXUpbitIC KuCoingate.IOCOINTIGERbitbnsTRXMarketCoinSpot etc…

2019年4月現在、BinanceとDigiFinexが約 80%のボリュームを占めています。

Binance:BTT/USDT 41.46%

DigiFinex:BTT/USDT 32.91%

引用:CoinMarketCap

BitTorrent(BBT) エアドロップ・プログラムの為に利用可能な交換所およびウォレット

BinanceOKEXBittrex InternationalHoubi HitBTC、BITFINEX、bithumbIC KuCoinUPbitgate.ioCOINTIGERchangelly etc…

BitTorrent(ビットトーレント)の公式サイト、SNS一覧

BitTorrent(ビットトーレント)の特徴

BitTorrent(ビットトーレント)の目的

BitTorrent(ビットトーレント)とは、P2Pネットワーク上でのファイル共有・転送のダウンロードと共有を効率化する事を目的としたプロトコルです。

BitTorrent(ビットトーレント)現状の問題

一般的に、インターネット上でダウンロードする場合、ユーザーはデータを保有するサーバーからダウンロードします。一方、BitTorrentの場合はたくさんのデータをダウンロードするのとアップロードを同じタイミングで実行する事が可能なのです。さらに、ダウンロードは、従来の方法よりも速く実行することが可能です。

BitTorrent(ビットトーレント)が目指している世界

【インターネットのルールではなく選択肢を増やす】

より良いインターネットを構築することをミッションとして掲げています。 BitTorrentのチームは製品を作製するだけではありません。Webに革命をもたらすテクノロジー、つまり直接配信からサーバーレスのファイル同期までを生み出そうとしています。

BitTorrent(ビットトーレント)のソリューション:3つの機能

BitTorrentをが開発された3つのキーファクター

①インターネット利用者は法定通貨でデジタルのサービスや商品をオンラインで購入することに抵抗を感じているということ。

②BitTorrentのプロトコルは、その有効性を最大限に発揮できておらず、構造の非効率性に悩まされていたと。

③BitTorrentのテクノロジーを発展途上の市場において新しいユースケースに適用したかったこと。

[BitTorrentの機能]

以下の機能を活用することによってプロトコルの効率性を向上に試みました。

①BitTorrent Speed

BitTorrent Speedによって、ダウンロードが完了した後ファイルをシードし続けるように他の暗号化トークンのインセンティブをお互いに提供することができます。

②ストレージ・プロキシサービス

ストレージ・プロキシサービスを起用した目的は2つあります。

1つ目は、トークンのユースケースを増やしていくこと。

2つ目は、アクセス不可のファイルを、ネットワーク上でリクエスとしてインストールするということ。 ストレージサービスによって、非分散型ネットワーク上にファイルを保存しインストールすることができます。 しかし、ストレージサービスを導入しているプロジェクトは少なくなく、競争率は高いと思われます。

③tit-for-that

BitTorrentプロトコルは、 “tit-for-tat”と呼ばれる共有アルゴリズムを使用しています。これは、 “チョーキング(日本語では窒息という意味)”、と呼ばれるメカニズムを実装しています。 例えば、チョークアルゴリズムが最後に実行されてからクライアントがどれだけのデータをクライアントから受け取ったかに基づいてピアをソートすることがあります。

BitTorrent(ビットトーレント)の他のICOにはない特徴

1億人のアクティブユーザーを抱える世界最大規模のプラットフォーム

2001年にサービスを開始したBitTorrentは今では規模を広げ、 世界138カ国で1億人以上のアクティブユーザー を抱えています。 驚くことに、世界のパソコンやインターネットから送信されるデータの22%を占めています。これは、Bitcoinの数値をはるかに声、BitTorrentにTRONの技術やサービスにブロックチェーンの利便性がうまく活用できれば、競争率が高い中で、世界最大の分散型アプリケーションのポジションを勝ち取ることができるのです。

TRON基盤であり注目度が高い

BitTorrentの開発チームは、TRONに買収されました。合意した目的としては、メインプロジェクトであるBitTorrentの収益を十分に生み出すことができなかったためです。プロトコル自体の利用に料金が発生しない点と他プロジェクトが立て続けに開発中断になった点から団体としての経営が危うくなってしまいました。 そこで、 同じP2Pと分散型システムを持つ大手TRONと合併 することによって資金調達方法の改善を測ったというわけです。 一方で、BitTorrentの創設者は開発チームを脱退しており、以後TRONのCEOであるジャスティン・サン氏へ注目が集まっています。

BitTorrent(ビットトーレント)の類似プロジェクト

Bluzelle

将来的に製品やサービスの使われ方を変革していくと言われているのがBluzelle(ブルゼル)です。シンガポールのベンチャー企業Bluzelle(ブルゼル)社が開発・発展したdappsのための分散型データベースサービスです。

コインオタクの関連記事はこちら

Siacoin

2015年に生まれた暗号資産で、個人が保有するPCの空き容量をコインを通じて貸し出しリワード(報酬)を得ることができます。 分散型クラウドを採用していることによって、比較的安価で安全なストレージを利用することができます。

Storj

2014年にリリースされた暗号資産で、クラウド上にファイルを保管するサービスを提供するブロックチェーン技術が特徴的です。 現在はイーサリアムのプラットフォームを利用しています。P2P形式を採用し、容量が余っている人は貸し出して対価を得、容量が必要な人は対価を払って借りることができます。

Filecoin

2017年8月にICO開始した、クラウドストレージサービスを提供するブロックチェーンのなかでは比較的新しいコインです。 目標金額を短期間で達成したことで話題になりました。

Filecoinの関連記事はこちら

Winny

違法DL目的に作られたという議論もありましたが、ストレージを語るにはこの日本のプロジェクトは外せません。

Winnyは、優秀なアルゴリズムによってデータ転送を可能にし、「匿名性」を完全に実現していました。そのために、ユーザーが著作権問題に触れる映画や音楽、商用データを入手し、グローバルに共有してしまうなどの事件が多発しました。その結果として、開発者である金子勇が「著作権法違反幇助」を行なったとして2004年に逮捕、起訴されました。

この事件のようにこのようなプロジェクトには類似した特徴が沢山あり、

Winny事件などから推測される危険性と汎用性

①著作権問題

ユーザー個人が、簡単に映画や音楽、商用データを入手・共有できる点から、著作権によって複製に制限があるデータを共有させるといった問題も発生している。配布者の特定が困難であり、さらにファイルを暗号化してしまえば元を辿れないため、著作権を保護できない問題が容易に出てきます。

②ウイルス

インターネットセキュリティ関連の問題点として、コンピュータウイルスに感染するというケースが多発します。暴露ウイルスなどもそのひとつです。

③攻撃を防ぐための暗号化

暗号アルゴリズムの手順を制御するためのデータの安全性に関する問題が予測できます。公開鍵を暗号化しているケースもありますが、あまり安全性において意味をなしません。

 

コインオタク伊藤
Winnyというサービスを体感した日本人からすると、もともと日本のシェアリング精神は無償ですし、P2Pのファイル転送サービスが有料で展開される価値が分からなくなります。スライドシェアやPIXTAのようなBtoBサービスのプラットフォームになるほうが現実的な気がします。

BitTorrent(ビットトーレント)の商品・サービス

BitTorrent(ビットトーレント)が提供する主な3つのサービス

【コンテンツ配信サービス】

BitTorrentトークンを使用すれば、ユーザーに対してコンテンツを一斉に配信することができます。

【分散型ストレージサービス】

BitTorrentトークンを使用すればネットワーク上でファイルを保管することができます。

【プロキシサービス】

上記に説明したように、BitTorrentを使用することで、ユーザーが必要としているコンテンツを接続を長時間維持する必要なくインストールすることができます。

商品:BitTorrent(ビットトーレント)ウォレット

BTT対応の新しいBitTorrentおよびμTorrentソフトウェアのロールアウトの一環として、統合された暗号化トークンウォレットが全ユーザー利用可能です。 必ずしも暗号資産利用者のみではなく、市場のエンドユーザーにこれらの財布を大規模に配布するので、単純さと使いやすさに細心の注意を払っています。

BitTorrentウォレットの詳細はこちら

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
BitTorrent(ビットトーレント)への質問お待ちしております!
 

BitTorrent(ビットトーレント)のロードマップ

エアドロップスケジュール

2019年2月11日:108億9000万BTT

2019年3月11日〜2020年2月11日:毎月9億9000万BTT

2020年3月11日〜2021年2月11日:毎月10億7250万BTT

2021年3月11日〜2022年2月11日:毎月11億5500万BTT

2022年3月11日〜2023年2月11日:毎月12億3750万BTT

2023年3月11日〜2024年2月11日:毎月13億2000万BTT

2024年3月11日〜2025年2月11日:毎月14億250万BTT

BitTorrent(ビットトーレント)の運営メンバー

Justin Sun(Tron及びBitTorrentのFounder/CEO)

元Rippleの中国地域を担当していたChief Representative and Advisor。Rippleを退職後にTronを創業。2018年にビットトレントを買収後、CEOに就いた 北京大学を卒業し、ペンシルバニア大学ウォートン校でMBAを取得。

Justin Knoll(Project Atlas PM)

ソフトウエアエンジニアであり、ビットトレントにて約4年間、ウェブ、iOS、Androidアプリのストリーミングメディアソリューションを担当。ビットトレントがトロンに買収された後、トロンの技術を統合するProject Atlasの責任者を務める。

BitTorrent(ビットトーレント)の将来性・まとめ

BitTorrent(ビットトーレント)は、当初は独自で収益をあげることはできなかったものの、TRONに買収されたのち、世界138カ国1億人以上のアクティブユーザーを抱える巨大プロジェクトに発展しました。今年1月ICOを開始してから、資金調達は順調に進んでおり、今後エアドロップやその他プロジェクトの動向を追っていくことが大切になるでしょう。

コインオタク伊藤
Bit Torrentはトロンとバイナンスという大手がタッグを組んで世界に展開したため、同じ構想のプロジェクトの中ではとても知名度が高いです。しかし、プロジェクトの中身はありふれており、具体的な対象顧客のニーズは不明瞭。P2PなのかBTOBなのかで同じサービスでも本来であれば運用方法が変わります。Bit TorrentはP2Pを謳いながら、中身はビジネス利用を推奨する形に向かいそうです。全くなかった市場なので今後の展開に期待をします。
ビットコイン高橋
あぁ、winnyね。って感じで分かりやすいモデル。それだけに、ありふれたモデルであると言えるよね。これだけ注目されたのには、完全にTRXとBinanceの仕掛け方が上手かっただけだと俺は思う。 問題はこのプラットフォーム上で何を載せて管理していくか。当然著作権に触れるものを自由にやり取り出来ない様に仕組まなきゃならないし、それの管理はかなりコストがかかるもの。でもそれを制限ばっかりしていてもスケールしづらい。当然、TRXが絡んでいる時点でゲームとかそっち寄りの何かを管理する案は入ってくるんだろうけど、果たして本当に流行るのかな? ま、ちゃんと商用されなくても少なくともエロ系コンテンツのやり取りで使われるだろうねwと、そんなレベルの暗号資産と見ていいんじゃないかな。

今あなたが持たれているBitTorrent(ビットトーレント)、またその他のICOトークンをどうすればいいのか。迷われている場合は必ずこちらもご確認ください!

↓↓

【投資初心者でもOK】未来(レイワ)を生き抜く力を養うサロン〜そうだ、コインオタクオンラインサロンへ入ろう!〜

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
BitTorrent(ビットトーレント)への質問お待ちしております!