ICOのプレセールとは何か?

ICO関連

ICOのプレセールを分かりやすく学ぶ

 

ICO(Initial Coin Offering(新規暗号資産公開))とは、企業がトークンと呼ばれる暗号資産やクーポンのようなものを、投資家に購入して頂き、世界中から資金調達をする手段として、人気を博しています。

ICOは暗号資産取引所に上場し、他の暗号資産と交換できるようになることで、株式の証券取引所へ上場(IPO)することに類似している部分があります。ICOは「クラウドセール」や「トークンセール」とも呼ばれることがあります。
ICOのプレセールとは、このトークンセールが開始される前に、ディスカウント価格で購入出来たり、特典を付けてトークンを購入できる方法です。

例えば、新規暗号資産のICOが始まる場合、まずプレセールが開始されます。プレセールでは、様々な特典の付け方があり、数量や期間限定ですぐに売り切れることが多いので、常にスケジュールを確認しておく必要があります。

また、個人投資家が参加しにくい、最低投資金額のハードルも非常に高く、一般の方が参加できる案件は非常に限られてしまいます。
参加したかったトークンセールがプレセールで資金が全て集まってしまい、参加できなくなるといった銘柄も中にはいくつか出てきています。

プレセールの例として、10月に実施されたCOMSA(コムサ)のICOのプレセールとトークンセールは段階的に分かれており、各ラウンドによってボーナスの付与率が違います。

 

【COMSA(コムサ)プレセールスケジュール】

プレセールでは「~ 2017/9/20 14:00 (JST) の期間は、10万ドル相当以上の暗号資産を以て、個別に20%ボーナス付きのプレセールに参加することができます。」というメールが来ており、約1000万円以上の投資金額がない場合は、参加することができません。

 

【COMSA(コムサ)トークンセールスケジュール】

・1ラウンド:10月2日~10月4日までに購入すると購入CMS数に14%のボーナス
・2ラウンド:10月4日~10月11日までに購入すると購入CMS数に10%のボーナス
・3ラウンド:10月11日~10月25日までに購入すると購入CMS数に5%のボーナス
・4ラウンド:10月25日~終了日11月6日はボーナス付与無し

 

プレセールに参加したい方は、まずは最低投資金額の確認をし、自己資金で投資可能かどうかを確認していただき、資金が問題ないようであれば、常にスケジュール確認をして、売り切れる前に購入すること心掛けましょう。

 

Written by 酒井 和