【情報量日本一位】Aventusを徹底調査!

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回はAventusの実態を徹底調査しレポートしたします

 

Aventus(アベンタス)の基本情報

案件名:Aventus(アベンタス)

シンボル:AVT

発行上限:10,000,000AVT

ブロックチェーンのタイプ:イーサリアム

Aventus(アベンタス)の公式サイト、SNS一覧

Aventus(アベンタス)の特徴

 Aventus protocolはブロックチェーンを基礎としたプラットフォームで、コントロール不能な高額転売や偽造チケットを防ぐことができます

Aventus(アベンタス)の目的

 Aventus protocolの技術により、イベント主催者やファンにとってチケットの購入をより透明にし、販売することで、より収益性を高めることができます。 更に、高額転売におけるファンの被害も減らすことも目的としています。

現状の問題

一般的に、発券業界は一次市場と二次市場に区分されます。

一次市場ではイベントの主催者は、チケットの価格、収益の配分、チケット販売の方法を管理することができます。

しかし二次市場では、一次市場で買われたチケットが、転売業者による大量購入やチケット購入者によって、利益目的で、法外な値段で転売されるチケットが横行しています。

これにより、価格に敏感なファンはイベントに行かなくなったり、高いチケットを買わざるをえません。こうしたことにより、主催者のブランドイメージも悪くなってしまいます。

 

Aventus(アベンタス)のソリューション

 

 Aventus protocolを使用することによって、発券業界のサイロ化(孤立化)した性質を改善することができます。 一次市場が売り上げとなるイベント主催者は、転売業者による大量購入の防止に積極的ではないのが現状です。

更にオフチェーン取引で行われる二次取引を取り締まるのは非常に難しく、二次市場の監視がおろそかになっている現状です。

しかし、オープンソースであるブロックチェーン技術を使うことにより、透明性と信頼を確保することができるようになります。

他のICOにはない特徴

Aventus(アベンタス)の特徴は以下の4つです。

point

・チケットごとにIDを作成

・セキュリティ

・擬似ランダム方式

・コスト削減

 

チケットに関連のIDをつけることによって管理する

チケットごとにIDを作成し、パブリックブロックチェーンに保存します。このデータは、ブロックチェーン上にプレーンテキストでは保存されず、氏名、身分証 明書、クレジットカードは、最初にハッシュ化されてから保存されます。

チケット所有者が イベント会場に来た時に、ブロックチェーン上でハッシュ化された情報と実際の身分証明書 が照合されます。顔写真は暗号化のうえIPFSに保存され、IPFSハッシュはブロックチェー ン上に保存されます。

イベント会場でチケット所有者は、暗号化された顔写真の解読キーが 付与されているチケットを提示し、解読された顔写真を基に実際の顔との確認が行われます。これにより、外部に個人情報が漏れることはなくなります。

ブロックチェーンによるセキュリティ

ブロックチェーン上で、チケットは固有の識別(アイデンティファイヤー)を持っているので、一度主催者がチケット購入済みとブロックチェーン上に登録すると、偽造チケット、無制限の再販に対処することができる

また、チケットに関係する各トランザクションも同様にブロックチェーン上に記録されます。

擬似ランダム方式

どうしてもチケットが欲しい人のために主催者側や、チケット購入者による譲渡が行われる2次市場ではランダム方式で相手が選ばれるので、売り手が買い手を知ることがないので、オフチェーン取引で行われるやり取りを防ぐことができます

プロモーションとプラットオームのコスト削減

Aventus(アベンタス)プロトコル上にリストアップされた全イベントは、アプリケーションを通じて、特定のオーディエンスにキュレートすることができるグローバルでオープンなイベント・プールを形成することができる。

このことにより、チケットの売り上げを伸ばすための市場の展開が簡易に行うことができる。全てのイベントに簡単にアプリケーションを通じてアクセスすることができる。

類似プロジェクト

FanDragon

FanDragon Technologies Logo

2019年7月24日 Fandragontechnologies  は、チケットの権利保有者に制御と透明性をもたらす革新的なSaaSプラットフォームを使用して、グローバルなチケット販売ビジネスを再考しています。

現在、1200万ドルの資金で、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンにオフィスを開設しています。 AventusとFandragonは過去数カ月前から、次世代のブロックチェーンを活用したSaasプラットフォームを設計するために協力してきました。

Aventusの創業者であるAnnnika MonariとAlamveyは、Fan Dragon Technologiesをチケット発行の利害関係者がAventus protocolの独自の利点を活用できるような主要なポータルとして想定してると発言をしていて、FanDragonとAventusの志は同じく、チケット業界における問題を改善するという点から、お互いは仲間のような同業者で、公式twitterでもお互いの記事をリツイートしあったりしていて、発券業界の改善というビジョンが同じ会社です。

Aventus(アベンタス)のエコシステム

ユーザーがチケットを簡単に購入でき、イベント主催者とアプリケーション・ディベロッ パーが、通貨リスクを回避するため、必要に応じて迅速にキャッシュアウトすることができる、法定通貨からAVTへの両替メカニズムの認可。これは、UpholdやMetalPayといった第 三者決済業者を通じて行われます。

更に、マシンビジョンによってチケット購入時に撮影・アップロードされたイベント参加者の顔 写真をスキャン・比較するチケットおよびチケットのID検証サービス。これによって、イベント時の不正入場を減らすことができます

アプリケーションを使うことによって、イベント主催者またはプロモーター(インフルエンサー)のためのカスタム発券インターフェイス開発の敷居をさらに低くするユーザーインターフェイスおよび統合ツールのテンプレートがあります。

これにより、 イベントの作成と検証、一次市場と二次市場での発券および販 売(イベント主催者によってカスタマイズ可能)、主催者・プロモーター・市場マッ チャー・イベント参加者間の売り上げや市場/イベント手数料の配分が可能になります。 スマートコントラクトの利用料は最小限になるので、プロトコルは競争力を維持し、最大限の 普及を実現できます。

Aventus(アベンタス)コインについて

Aventus coin(アベンタスコイン)の目的

AventusプロトコルトークンであるAventコインは、高額転売や偽造チケット問題が解決されるような、参加者のインセンティブ連携のために必要不可欠となっています。 Aventusプロトコルの自己制御を可能にするためにインセンティブのレイヤーを提供することとして、主に3つあります。

目的

  1. Aventusプロトコルを使っている公認アプリケーションを使用することで、イベント主催者やチケット購入者は悪意で利用することができない。
  2. Aventus上では不正なチケット販売でユーザーを失うことはない。
  3. Aventusプロトコルのアルゴリズム・パラメーターがイベント作成費といったシステム内の重要な料金を決定する。これによりプロトコルは常に競争力を保つことができる。

Aventus(アベンタス)プロトコルの使用事例

point

・イベント主催

・チケットの販売

・コミュニティのかけ

・マッチング

イベントの主催

イベント主催者は、イベント作成費用を支払うためAVTを購入する必要 がある。

チケットの販売

Aventusプロトコル上では、イベントのチケットをETH、AVT、もしくは 他のERC-20の暗号通貨で購入する必要があるが、暗号通貨につきもののボラティリティ は軽減される。チケット価格は、法定通貨建てで表され、AVT価格を購入時に計算するため に、マーケットフィード・オラクルを使う。

コミュニティのかけ

イベントは、AVTコインをデポジットし、供託金とする仕組みを通して、 架空もしくは詐欺の疑いがあるとして報告することができる。そのデポジットが、ベントの主催者と一致した場合、賭け重視型の投票が開始され、関係者は賛成か反対かの投票することができる

Aventusプロトコル上に構築されたプラットフォームは、架空または詐欺的なチケットをユーザーに販売しないようにするインセンティ ブを持っているため、投票や今後のイベント作成のためにAVTを保有するインセンティブが 与えられる。これにより不正を行う転売業者をめぐる現在の諸問題を解決する ことが可能となる。

マッチング

二次市場にてAventus(アベンタス)プロトコルで販売されるチケットは、定価での購入に お互いの同意を得て、登録したチケット購入者が一致しなければならない。

更に、マッチングするにあたって、Aventusプロトコルのユーザーが、疑似ランダムに買い手 と売り手をマッチさせ、それにより二次市場の販売手数料を受け取るために運用できるブ ロックチェーン上の計算。

これによって、売り手は買い手を知ることがないので、チケット 譲渡時にオフチェーンで行われる金銭のやり取りを防ぐことが可能になり、その後取引はシステム上に記録されます。

 

現在の大手チケット会社の対策

日本の大手チケット販売会社の”ぴあ株式会社”では、現在以下のような取り組みをしています。

対策

多重登録防止

多重申し込みの防止

チケットの発券を遅らせる

不使用チケット費用補償保険

 

多重登録防止

一人につき一個の登録だけで、多重登録が見受けられた場合は大会となる。

多重申し込みの防止

抽選販売の申し込みは1つの公園のつき、「お一人様一回」となっている。

チケットの発券を遅らせる

チケットの発券日を購入後日に指定(即日発券不可)し、転売をし難くします。また、座席番号を公演間近まで非表示にすることで、転売チケットの購買意欲を低下させます。

不使用チケット費用補償保険

当社は、急なご病気やけが、突然の出張命令、交通機関の遅延などでイベントを観覧できなかった場合にチケット代金を保険金としてお支払される「チケットガード」と提携しています。

Aventus(アベンタス)の運営メンバー

 インペリアル大学を卒業したAlan vey (右) Annika monari (左)。共同CEO。 

MSx physics(Annnika)とAritificial Intelligence(Alan)で一流の名誉で卒業しています。Annikaの論文は、ヒッグスボソンへの暗黒物質を特定する統計的機械学習の利用について、Alanはブロックチェーンベースの映画の権利管理と配信に関するものを出しています。

概念実証としてホワイトペーパーを開発した後に合計600万AVTを交換するトークンセールを開催し僅か7分間で売り切れました。日本円で約20億円の資金調達をすることができました。

Aventus(アベンタス)ブロックチェーンまとめ

 Aventusはデジタル資産に特化したプロトコルです。 ブロックチェーン技術を使うことによって、チケットの高額転売や、偽造などができなくなるため、今までの問題であった二次市場での悪質な取引を防ぐことができます。

更にAventusプロトコルを導入することによって、発券業界の問題であったサイロ化(孤立化)した性質を改善することができます。それによって、イベント主催者側は、収益性とブランドイメージを落とすことなく、ファンにチケットを提供することができます。

コインオタク伊藤
チケットの不正転売の市場が社会に誕生してしまっており、イベント主催側としては頭の痛い問題です。そんな救世主のプロジェクトがAventusです。

しかし、ここまで構想を大きくしなくても既存のチケット会社も多くの不正対策を行っております。大手チケット会社がブロックチェーンを自社技術で採用することでも十分対応が可能かもしれません。チケットを取り巻く環境はビッグデータの中心であり既得権益が作られております。既存のチケット流通企業達は簡単にはこの利権を手放さないでしょう。

1つの課題に集中しすぎると周りが見えなくなる典型な事例になるかもしれません。

ビットコイン高橋
企業ECサイトのようなBtoCビジネスとフリマのようなCtoCビジネスを両方やろうとしているんだけど、 BtoCの場合、現時点でチケットぴあのようなサービスを展開している企業やフェスやコンサートを主催するような企業である程度大御所の会社との提携がある程度取れていて、このプラットフォーム独自で捌けるチケットを何%かもらえてない限りは正直ビジネスするの難しいよ。

もしそうじゃないと、最初このプロジェクトが色んなイベントのチケットをまとめ買いして品ぞろえしないといけなく、先行投資のリスクが高いし会社としての利益も取れない。中央集権でやろうとしているベンチャー企業のブロックチェーンシステムで業界に風穴を空けるってのはそう簡単なもんじゃない。

続いてCtoCの場合だけど、売り上げを上げる為のマーケティング費用ってどっから捻出するんだろうね?「良いものは勝手に広がっていく」と勘違いしているような気がして、マーケティングとは何なのかを教えてあげたいくらい。 結論、ビジネスの側面から見る限りエンジェル投資すら考えてしまうレベル。

もうちょっとスモールスタートで利益を上げられるという姿が、誰からも見えるようにPLとか作ってもらいたいもんだね。

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Aventusへの質問お待ちしております!