【コインオタク伊藤対談】コインオタク伊藤がオタクコインプロジェクトを聞いてきた!

対談&インタビュー
Twitter
RSS
Follow by Email
Facebook
Google+
LINKEDIN
Whatsapp

オタクコインプロジェクトがどうも発足するらしい

それを耳にしたのは2017年年末頃。
オタクコインとCOINOTAKU(コインオタク)。名前に親近感もあり、早速記事として取り掛かろうと調べると

あ、検索結果が完全にかぶっている。
これはネットの評価だけで記事を書くわけにはいかないと思い、早速お会いする約束を取り付けお話を伺ってきました!

オタクコインプロジェクトを運営している会社

伊藤 健次
伊藤 健次
オタクコインには運営している会社が既に存在するんじゃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
へー!実態があるってことは期待が持てそうですね!

社名: Tokyo Otaku Mode Inc.
事業内容: Eコマース、インターネットメディア及びウェブサービス事業
本社所在地: Tokyo Otaku Mode Inc. 3219 NW Guam St Portland, OR 97210 US
支店所在地: 東京都渋谷区渋谷3-9-10 KDC渋谷ビル 7階
設立: 2012年4月
代表者: 亀井智英
公式サイト: https://otakumode.com/

ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
オフィスめっちゃキレイですね!
伊藤 健次
伊藤 健次
そう。とてもオシャレなオフィスで、同じ「オタク」なのにコインオタクとは大違い。
洗練された今風な会社って感じじゃった
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
でも我々も負けて・・ない?・・・ですよね?
伊藤 健次
伊藤 健次
・・・

オタクモードさんへ直接聞いてきました

さて、今回のメインは「Tokyo Otaku Mode」が行う「オタクコイン」というICOプロジェクトについてです。ネット上ではあんな事やこんな事をたくさん噂されていますがほんとのところどうなんでしょうか?

Tokyo Otaku Mode Inc. Co-Founder/COOである安宅 基(あたか はじめ)氏と対談し、そのプロダクトについてじっくりと聞いてきました。

Q1 プロジェクトについてお聞かせください

オタクコインとは日本の魅力的な作品を世界へ発信するプロジェクト

伊藤 健次
伊藤 健次
オタクコインプロジェクトを立ち上げた経緯についてお教えいただけますか?
安宅氏
安宅氏
日本のアニメや漫画、ゲームなどは世界的に有名ですが、その人気度と比べて、海外への流通や海外マネタイズはあまりうまくいっておらず、一部の熱狂的なファンに留まっているのが現状です
安宅氏
安宅氏
仮想通貨やブロックチェーンの技術を活用すれば、世界中のより多くの人や企業をもっとシームレスに繋げることができるのではないか?と考えたのがきっかけです

私たちは日本のアニメ、漫画、ゲーム(以降、オタクコンテンツ)のグッズを海外に販売する越境ECを5年ほど運営しています。
その中では、当然国ごとに異なる通貨でやり取りが行われているのですが、もしこのコミュニティに統一の仮想通貨が存在したら、より流通が促進され、ひいてはコンテンツを生み出すクリエイターへの還元が高まるはずだと考えています。

日本のオタクコンテンツは海外で人気ですが、まだ 一部の熱狂的なファンに限られており、一般レベルまで広まっているとは言えません 

日本のオタクコンテンツはとても質が高く魅力的な作品が多く、世界を牽引するクオリティです。
これをもっと世界に広げるために、仮想通貨やブロックチェーン技術が活かせるのではないか?と考えています。

伊藤 健次
伊藤 健次
日本のオタクコンテンツは世界的に流通しているように感じていましたが、まだごく一部なんですね
安宅氏
安宅氏
そうですね。流通のエコシステムを作るという意味では、特に海外はまだまだこれから盛り上げることができると感じます

仮想通貨市場は、2017年まではブロックチェーン業界の界隈のみで盛り上がりを見せていましたが、 2018年以降は世界中の人が仮想通貨を「通貨」として利便性を認識しだす最初のタイミングになる でしょう。

それはまさにインターネットの初期段階に近いフェーズのように感じます。
インターネット回線で言うといまはまだISDNの時代くらいで、これからADSLや光へと発展していくイメージです。
いかに一般の方から評価されるかが、今後の発展を大きく左右する鍵となります。

私たちオタクコイン準備委員会やTokyo Otaku Modeが、双方の業界の発展に貢献をすることにより、結果的にオタク業界を盛り上げることができるのではないかと考えたのです。

ブロックチェーンは未来を変える技術。このトレンドに挑戦をしたい!

伊藤 健次
伊藤 健次
先ほどのお話で出ました「仮想通貨とオタクコンテンツの融合」という部分、もう少し詳しく教えて下さい
安宅氏
安宅氏
ブロックチェーン技術は、インターネットがそうだったように世界を変える力を持っていると感じます。
これに逆らうのではなく乗っかっていくことにより、結果的にオタクコンテンツ業界にも大きな成長のキッカケを生み出すことができると信じています

2017年の後半にかけて、世界的に仮想通貨、ビットコイン、ICOに対する関心が高まりました。
私たちもそのタイミングで色々リサーチをしていく中で、いまのトレンドの根底にあるブロックチェーン技術は、インターネット技術並みにトレンドとして逆らえない潮流だと考えるようになりました。

未だ参入をしたわけではございませんが、ブロックチェーンはインターネット級のさまざまな業界革新が起こる可能性がある技術と認識しています。
私たちがいるオタクコンテンツ業界もまた、これから大波が来る可能性があり、そのタイミングに導入した場合、またはしなかった場合にどんなことが起こり得るかのリサーチはとても必要です。

私たちは創業5年弱の若輩者ではありますが、インターネットやITといったテクノロジーを強みに業界貢献をできればと常に考えています。

今はまだ「怪しい」と呼ばれる技術も、インターネットがそうだったように「気づいたら大波に取り込まれていた」という状況にもなってもおかしくないと思います。

ベンチャー企業である私たちはある意味、大きな企業では難しいこともスピード感を持って思い切ったチャレンジができる立場でもあり、こうした新しいテクノロジーの見極めをしなくてはいけないポジションでもあると思っています。

伊藤 健次
伊藤 健次
なるほど。ベンチャーだからこそ持てる小回りの良さを武器に、業界を変えられる可能性を持っているのですね
安宅氏
安宅氏
今は市場調査の段階です。ICOをやるやらないも含め検討している段階にあります

既存サービスで構築したグローバルなネットワークが強み

伊藤 健次
伊藤 健次
では少し角度を変えて質問します。業界的に見た場合、小回りという部分以外に御社の強みはどういった部分にあるのでしょうか?
安宅氏
安宅氏
それは、既に私たちが海外マーケットを中心に活動・展開しているというところにあると思います

これまで海外向けにサービスを展開していたこともあり、国内ではまだまだ知名度がなく「怪しい会社」じゃないかと思われる方もいらっしゃるようです。

しかし創業から約6年、ユーザー数2,000万人のメディアを持ち、越境EC事業にて4万点を超える商品数、日本の渋谷と千葉、アメリカにオフィスや倉庫拠点を持つ会社にまで成長しました。
季節によって変動はありますが、毎月15,000件以上の海外配送を行ってきています。

複数のVC・事業会社からご出資もいただいていて、「プロダクトを持って事業としてやり遂げる」ことができる組織だという自負もあります。

今回のオタクコインの流通促進やプロジェクトの実現を行う上で、そうした グローバルなネットワークを築いて来ている点も強み だと思います。

Q2 メンバーについてお聞かせください

伊藤 健次
伊藤 健次
次にメンバーについてお聞かせください

メンバーは今後も増加する見込み

伊藤 健次
伊藤 健次
今回メンバーはどのように集められたのでしょうか?
安宅氏
安宅氏
スタートアップメンバーはこちらで選定した人物ですが、今や有志で多くの方に賛同を頂き、お手伝いをして頂いております
安宅氏
安宅氏
これだけ多くの人に賛同頂けるのは、とても嬉しいですね

ちなみに、サイト上に掲載されているメンバーは全体の協力者のごく一部です。
2018年1月19日時点では、組織の機能として営業系、コミュニティ運用系、開発系などのグループに分け、それぞれ数名~10数名の体制で行っています。

また、今回の構想を検討開始のリリース後、世界中から800件以上の問い合わせがあり、そのうちの6割の大変多くの方から「お手伝いしたい!」と言って頂いている状況です。
さらに、業界でグローバルに活躍されている方々にも、本構想に賛同いただき、アドバイザーとして就任頂いています。

今思い描くオタクコインの未来は、世界から集まったメンバーにより、日本だけでなく世界共通の通貨として機能することが理想的である思っています。

伊藤 健次
伊藤 健次
その中で最も紹介したいメンバーはいらっしゃいますか?
安宅氏
安宅氏
メンバーに優劣はございませんが、あえて1名名前を挙げるとすると、いち早くアドバイザーとして参画して下さったクリストファー氏でしょうか

クリストファー氏は、世界最大級のアニメ系ニュースメディアである「AnimeNewsNetwork」のCEOを務めている方です。
日夜、日本のアニメを英語圏に広める大事な役割を担ってくださっており、参画頂いたことは大変光栄なことだと感じています。

Q3 オタクコインから見たICO市場についてお聞かせください

ICO少々過熱しすぎと捉えている。ICOをしない可能性も検討

伊藤 健次
伊藤 健次
オタクコインから、今のICO市場はどう見えますか?
安宅氏
安宅氏
少々加熱し過ぎに感じますね

各国の状況を見る限り、今の段階は投資家保護の観点や法律上・税制上の問題があり、さらに調達した金額に対してちゃんとその資産運用を行う責務を果たせるのかというと、かなり厳しい状況なのではと各有識者からのヒアリングから分かってきています。

まだ今後変更する可能性はありますが、オタクコイン準備委員会としては、 ICOを行って仮想通貨を生み出すよりも、ICOをせずにシンプルにERC20などから創出したトークンによって決済に適した仮想通貨を生み出すという方向で模索 を続けています。

仮想通貨市場は今後も続く市場

伊藤 健次
伊藤 健次
では今後の仮想通貨市場はどのように変動していくと思われますか?
安宅氏
安宅氏
私たちは預言者ではないので「全く分からない」というのが正解な気がします
安宅氏
安宅氏
ただ、良くも悪くも確実に時代を変えると思います

インターネットと同じ道筋をたどるとしたら、バブルが弾けた後が本当の勝負かもしれませんし、人類が経験したことがないことが起こっているという意味ではバブルが弾けることなく上昇し続けることもありうるのではと思います。

コスト面だけ考えても法定通貨よりも便利で低コストなものができたらこの流れは止められないでしょう。

連絡手段である手紙がメールやチャットアプリ変わっていったように、
オフラインからオンラインに変化したように、
リアルコマースからEコマースへ転換していったように、
仮想通貨について言えば、その転換率は現状1%以下でまだまだ上がっていき、10年近くすれば20%を超えていくと思われます。

そうなった時に、価値が20倍になるとは思いませんが、バブルが弾けずに上昇していく可能性はあるのかもしれないと思います。

また、ボラティリティは業界全体で問題解決のひとつとしていずれかのタイミングで落ち着くだろうと考えています。

オタクコインは法定通貨を使う生活を変える

伊藤 健次
伊藤 健次
もしオタクコインがリリースされた場合、トークンは仮想通貨市場でどのような存在になると思いますか?
安宅氏
安宅氏
一般の方にとっての仮想通貨の浸透率をあげていく大事な役目を果たすことになると思います

インターネット初期、家にある不要なものをヤフオクで高く売れるということで普段パソコンを触らなかった主婦がインターネットを使いだした時期があります。

同様に私たちの仮想通貨も、アニメの一般的なファンが自然と仮想通貨に触れる機会を生み出すことになればと思っています。

オタク業界という世界全体から見たら狭い領域かもしれませんが、法定通貨が主流の不便な時代を、いち早く便利で低コストな世界へ変身するための一役を担えるのではないかと期待しています。

Q4 読者に対しコメントを下さい

伊藤 健次
伊藤 健次
最後に、オタクコインに期待を持っているファンにひと言お願いします

ICOを行うかどうかはまだ検討段階で、決定事項はまだありません。
決定次第改めてご報告しますが、私たちの構想の最終ゴールはICOによる資金調達ではなく、 オタクコインが世界中で使われ浸透すること であり、 日本が誇るオタク文化が将来にわたって発展成長すること です。
これをより良い形で実現したいと考えています。

また、この実現にはファンや業界のみなさまと一致団結していくことがもっとも大切だと思っていますので、どこか一社だけがメリットを得られるような構造にしたら実現はしないと認識しております。

安宅氏
安宅氏
みんなの力でオタクコインを作っていきましょう!
伊藤 健次
伊藤 健次
安宅さん、色々とご回答頂きありがとうございます
伊藤 健次
伊藤 健次
コインオタク一同、オタクコインを応援していきたいと思います!!

投機として見るのではなく、ビジネスモデルの将来に投資をするべき

ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
いいですね!実態のあるプロジェクトは詳しく聞けば聞くほどワクワクします
伊藤 健次
伊藤 健次
そうじゃな。こういった創立者の熱い気持ちからスタートしたプロジェクトは心から応援したいのう
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
で、ICOやったら跳ねますか?
伊藤 健次
伊藤 健次
ばかもん!そういう目で見るなと言ったじゃろうが!!
伊藤 健次
伊藤 健次
とは言え、もしリリースされれば最後まで残るのはこういったコミュニティを持ち、業界をけん引するようなプロダクトなんじゃろうな・・・
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
ですね!似た名前同士、我々も応援しましょう!

 

オタクコインについてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

国内発ICOを盛り上げよう!資金調達中のプロジェクトをもっと知りたい方はこちら

 

Twitter
RSS
Follow by Email
Facebook
Google+
LINKEDIN
Whatsapp