今すぐできるビットコイン(Bitcoin)の採掘

ニュース

マイニングについてのおさらい

マイニングとは『取引記録の承認作業』のことです。


ブロックチェーンの中にある「ブロック」には取引記録が100~1000件入っており、それが帳簿の代わりになっています。

ブロックは約10分毎に増えていき、生成した人(生成を手助けした人)が報酬としてビットコイン(Bitcoin)を受け取れる仕組みになっています。
取引記録自体はクラウド上の各所に散らばっていますので、それを集めてブロックにしなくてはいけません。
正確には、「数式のない数学の問題」を総当り式で解いていく必要があり、その正解を見つけることがブロック生成につながります。

また、出される問題の難易度(Difficulty)は一定ではありません。
問題を解くには1番最初に取引が行われた記録を基に検証をしていかなくてはいけず、取引数が増えれば増えるほど計算ボリュームが増え、時間と共に難しくなっていく仕組みとなっているからなのです。
現在は個人戦ではなく「マイニングプール」というグループで戦う団体戦へと変化しています。
メインの団体でも19の団体が存在し、日々マイニングシェアを奪い合っている状態です。

 

マイニングの必要性

ビットコイン(Bitcoin)には政府のような存在はなく、利用者同士の監視(peer to peer)によってその価値が保たれています。
前述の通り、過去に取引されたデータは全てひとつの帳簿となって保存され、この帳簿はいつでも誰でも見れるようになっています。
監視する人が増えれば増えるほど不正がしにくくなり、行われた取引全ての信頼性は高まります。
「ブロックを生成した人(生成を手助けした人)に報酬を出す」という仕組みが動機付けとなり、監視する人と承認する人を増やす手助けになっているのです。

 

今すぐマイニングに参加しよう

マイニングに参加するには、以下の2つの方法があります。

①個人でマイニングを行う(ソロマイニング)
②団体でマイニングを行う(マイニングプール)

いづれも、インターネットにつながったPCを1台(マイニングプールへの参加はスマホ1台)持っていれば、いつでも誰でも参加することが可能です。

 

ソロマイニングのメリット・デメリット

前述の通り、マイニングはインターネットにつながったPCが1台あれば、いつでも誰でも始めることができます。
初期の初期は、専用ソフト「Bitcoin miner」を走らせることで新たなビットコイン(Bitcoin)を発掘できるシステムとなっていました。
ただ、このタイミングからの個人参入は極めて厳しいと思われます。なぜなら現在の出される問題の難易度(Difficulty)は非常に高く、マイニングをする為の設備に数100億円以上を投資した
およそ19の団体によるマイニングプールが、日々マイニングシェアを奪い合っている状況だからです。

後発で参入予定のGMOインターネット株式会社や株式会社DMM.comでさえ、35億円以上の巨額な資金をかけてマイニングプールを作ると発表しているくらいです。

また昨今では、電気屋やセミナー等で個人の参入を勧め高額なPCを購入させようとしているのを見かけます。
誰も注目していないようなアルトコイン(Altcoin)のマイニングを考えている方であれば良いかもしれませんが、ビットコイン(Bitcoin)においては0.00000001BTC(最小単位=1satoshi)すら回収できないとお考え下さい。

以上から、しいてメリットを上げるとするならば、配当の12.5BTCを独り占めできるくらいでしょうか。

 

マイニングプールに参加するメリット・デメリット

現在ビットコインのマイニングに参入する場合、『クラウドマイニング』という形がメジャーです。
ただ怪しい団体も多く、もし今後マイニングプールに投資をしようと考えている場合は、よく情報を精査することをお勧めします。
ビットコインの普及によって、海外からHYIP案件が続々と上陸するようになりました。HYIPとは、High Yield Investment Programすなわち、日本語に直すと「高利回り投資プログラム」です。
HYIP案件は9割が詐欺だと言われていますので、間違った案件に投資をしてしまうと大きな損失を出してしまいます。
HYIPの中にはマイニングをやっていないのにマイニングで収益を上げているという嘘を記載しているものもあります。
一つの判断基準として、毎日マイニングでどれだけのビットコインを得ているかというデータを公表しているような企業の中から選ぶことをお勧めします。

 

 

まとめ

マイニングはビットコイン(Bitcoin)の信頼性を維持する役目を担っている
個人でマイニングをするメリットはマイニング報酬を独占できることであり、デメリットは莫大なコストがかかることである
マイニングプールでマイニングするメリットは、1人当たりの負担が少ないことと専門知識が全く必要ないということ
デメリットはマイニング報酬が分散してしまうこととしっかりと調査をした上で参加しないと騙される可能性が高いこと

 

written by yuta takahashi