ビットコイン(Bitcoin)のウォレット(wallet)はどこを使うべきか

ニュース

ビットコイン(Bitcoin)ウォレットとはビットコイン(Bitcoin)の保管や取引を行うための「財布」であり、大きく分けて5つの形式があります。

・デスクトップウォレット(PC上の財布)
・ウェブウォレット(Web上の財布)
・モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)
・ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)
・ハードウェアウォレット(専用財布端末)

どのウォレットにも長所と短所があり、いづれも保管方法には十分注意し自身の秘密鍵が他人に漏れないように注意しなくてはいけません。
現実的に考えると、それ以外の4つの中から自分の利用方法によって選ぶ必要があります。

ビットコイン(Bitcoin)の「取引」をするなら

ビットコイン(Bitcoin)を取引することに重きを置く場合、webウォレット・モバイルウォレットがお勧めです。

 

オンラインウォレットのメリット

☑ インターネット上にウォレットが存在するのでデバイスに関係なく利用することが出来る
☑ 自分のPC やデバイスが壊れてもビットコインや暗号資産に影響がない
☑ 口座開設や設定が簡単に行える

 

オンラインウォレットのデメリット

☑ サイトがシステム傷害を起こしていたら使用出来ない
☑ ハッキング攻撃で暗号資産が盗まれる可能性が高い

 

お勧めのオンラインウォレット

 blockchain.info 

日本語対応で最も人気のあるオンラインウォレットで、世界的に見ても最も利用者数が多いウォレットです。

 coinapult 

ビットコイン(Bitcoin)価格をロックすることができる機能設定があることが特徴的です。価格変動に影響されない決済方法が出来てとても便利です。

 Xapo 

独自のセキュリティ技術で、世界一のビットコイン銀行を目指している会社です。
VISA デビットカードと連携しており、PayPalの決済にも使用出来ます。
今のところウォレットの中でも世界一の預り高を誇るウォレットとしても有名です。

 

モバイルウォレットのメリット

☑ 実際の店舗利用の決済がとても便利
☑ 口座開設やウォレットの開設がとても簡単
☑ スマホアプリの使いやすさ

 

モバイルウォレットのデメリット

☑ 多額の暗号資産の管理には向かない
☑ モバイル端末を紛失してしまうリスク
☑ ウイルスやハッキングのリスクが高い

 

お勧めのモバイルウォレット

 Coinomi 

アプリをインストールして簡単に始められます。日本語に対応しており、アプリの操作性も良いくとても人気のあるモバイルウォレットです。
また、様々なアルトコイン(Altcoin)にも対応しています。

 Copay 

アプリをインストールして簡単に始められます。インストールした端末の所有者が秘密鍵を保有して、完全にビットコインを保有することになります。
分かりやすい構造で設定も簡単に変えることが出来ます。複数のウォレットを管理するのに適しています。

 Coincheck 

ビットコイン取引所coincheckが展開するウォレットです。
入出金や両替もでき、登録も簡単です。ただし、大量の通貨を1度に保管している場所に預けるため、他と比較するとハッキングリスクは高まります。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)を「保管」するなら

ビットコイン(Bitcoin)を保管することに重きを置く場合、デスクトップウォレット、ペーパーウォレット・ハードウェアウォレットがお勧めです。

 

デスクトップウォレットのメリット

☑ webウォレットよりも高性能でセキュリティに優れている
☑ 完成版と簡易版のどちらか好きな方を使用出来る
☑ オフラインにしてしまえばハッキングされる心配がない

 

デスクトップウォレットのデメリット

☑ 持ち運びが不便
☑ PCが故障したりウイルスに感染した場合に漏洩する可能性がある

 

お勧めのおデスクトップウォレット

 Bitcoin Core 

ビットコイン(Bitcoin)の公式なデスクトップウォレットです。すべての取引履歴をダウンロードする必用があるのでインストールに数時間~1日以上かかります。

 Electrum 

セキュリティ面でも安全性が高く、動作も軽いので人気です。
また、他のデスクトップウォレットと違いバックアップをとる必要がありません。

 Multibit 

2017年7月に開発終了が発表され、今のところ開発を引継ぐ会社が出てきていないため非推奨のウォレットとして紹介させていただきます。

 

ペーパーウォレットのメリット

☑ 多額の暗号資産を安全、且つシンプルに保管出来る
☑ 紙なのでハッキングに合う可能性が0%

 

ペーパーウォレットのデメリット

☑ パスワードを忘れると復元出来ない
☑ 盗難、紛失(災害等で焼失)の可能性がある
☑ お財布代わりにならない
☑ 一度使用したら2度と使えない(再度作成する必要がある)

 

お勧めのペーパーウォレット

 
 bitaddress.org 

日本語にも対応していて、今のところ1強です。

 

ハードウェアウォレットのメリット

☑ USBフラッシュメモリーのように扱え、セキュリティが高い
☑ ビットコイン以外のアルトコインの決済に便利(アルトコイン専用の端末もあります)

 

ハードウェアウォレットのデメリット

☑ 本体価格が高額でハードが故障するリスクもある
☑ 管理にするのに不便
☑ 互換性がない

 

お勧めのハードウェアウォレット

 
 Trezor 

世界標準のウォレット。取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社が代理店として海外の物を輸入

 KeepKey 

手数料を増減させ、場合にあった送金が可能。こちらも、テックビューロ株式会社が代理店として輸入している商品

 Ledger-Nano 

イーサリアムも保管できるのが特徴。上記二つのウォレットに比べて機能面では劣るものの、安い・軽いのがメリット

 

 

まとめ

☑ビットコイン(Bitcoin)の利用方法によって適したウォレットを選ぶ必要がある
☑「使う」ことを主として考えた場合はwebウォレット、モバイルウォレットが優秀
☑「保管」することを主として考えた場合はデスクトップウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットが優秀
 

written by yuta takahashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。